カテゴリー 《 Focus Cayo 》   全1ページ

2012.01.07     カテゴリー :   Focus Cayo

もうとっくにあけまくりましておめでとうございますという感じですが、

私の場合年末、年始が非常に忙しい業種なので、なかなか更新できないでいたりするのです。

ところで、昨年ちょろっと書いたタイヤの件ですが、結局昨年中にリアタイヤを
Continental Sprinter Gatorskinに交換しました。
結局Continental Sprinterは3400kmほど走ったことになります。

で、なんですが、事前に他の方のブログでSprinter Gatorskinは転がり悪い、乗り心地悪いという評価を見て
「ああ、やっちまったかなぁ」と思っていました。

で、実際交換した感想ですが、「思ったほど悪く無いじゃん!」というのが正直なところです。。
リアだけなので、そう感じるのかもしれませんが、転がりはほんのわずかの差、乗り心地はもう
少し差は大きい感じではあります。ですが、私個人的にはこの程度の差で対パンク性能が
アップするなら充分許容範囲だと思いました。

さて、新年早々個人的に嬉しいニュースがありました。
なんと、Canyonがグランツールで走る姿がまた見れそうなのです。
まぁ、ロードバイクに興味のある方ならもう既にご存知の方も多いと思いますが、チーム
「カチューシャ」で使用されることになったんですよ。
実をいうとFocus Cayoは昨年10月の終りに知人に格安で譲ってしまっていたので、全く嬉しい誤算
でした。

なんでCanyonじゃなく、Focusを売ったのかって?
まぁ、確かに見た目はFocusの方が高級感があります。このブログでも文句を言ってたポジション
だってFocus Cayoだとほぼ自分の思う通りのポジションがとれます。

なんですが、Focus Cayoはどうも合わないんですよ。なんでしょうね。フォークが柔らかいせいか
剛性がCanyon Ultimate CF SLXに比べて落ちるせいか、どうも走る感じがもう一つなんですよね。
何よりも下りが怖くてしょうがないんです。私くらいのビビリだと大したスピードでもないのに
それでも怖いんですよね。このあたりはCanyon Ultimate CF SLXの方がずっとましです。

また、ペダリングに対する許容範囲はFocus Cayoの方が広い感じです。Canyon Ultimate CF SLXはトルクよりも
回転で走らせる感じです。しかも硬いフレームのせいか、オーバーサイズBBでないせいか、
フレームのご機嫌というかフレームの硬さに負けないギリギリのところを探りながらペダリングを
しなければならないような神経質な面があります。言わばスイートスポットが狭いという感じでしょうか。
また、硬いので、タイヤは私の場合はチューブレスかチューブラーじゃないとつらいですね。
とここまで書いていくといいところないようですが、反応の良さや進みっぷりの良さはやはり
Canyon Ultimate CF SLXの方が明確に上手です。また、硬いんですが、振動の収束もCanyon Ultimate CF SLXの方が早く、最初の頃は
Canyon Ultimate CF SLXの方が乗り心地がいいんじゃね?と勘違いをしていたくらいです。
さすがに今となってはFocus Cayoの方が振動吸収性がいいのはわかりましたけど。

そして、やっぱり、軽さですね。やはり500g以上軽いのは魅力です。そのせいかどうかはわかりませんが
意外にロングライドの際の疲れ方も余り変わらない気がします。むしろホイールの差の方が大きいかも
しれません。とう訳でなんだかんだで私個人の好みで言えばCanyonの方が断然上です。
という訳でFocusはドナドナされていったのでした。

モニュメント2


スポンサーサイト

2011.03.05     カテゴリー :   Focus Cayo

Focus Cayo とCanyon

なんで、また新しいロードを買おうかと思ったかというといわゆる獄長と呼ばれるサイトでFocusブランドの
自転車を買えるのが、今年の2/14までということを知ったから。

Cayoでこれなら、上位機種のIzalcoなら更にいいんだろうなと思ってしまったのだ。
この価格で買えるのが最後となったら欲しくなってしまうのが人情ってもの(そうか?)

ただ、カラーが赤白(実際には朱色と白らしい)というのがどうにも気に入らない。本国サイトでは
渋いマットブラックがあったのに。。。いずれにせよ一旦火のついた物欲はとどまることを知らない(笑)

で、あれこれとIzalcoをはじめとした情報を集めていて見つけたのが、Cervelo R3、そしてマットブラックの
R5ca.
ぱっと見は今時のかっこいい形のフレームとは一線を画したなんてことのないシルエットのフレームなのだが、
なにかしら他とは違う雰囲気を持ったいわばへたうまなシルエットのロードバイクだった。
R5caを見てしまうと他の色はいやなのだが、価格が価格(フレームのみで国内だと100万以上?!)
だけに、とても買える価格ではない。

で、更にあれこれ見ていくうちにSCOTTのCR1とCanyonのロードがR5caとかなり近い佇まいを持っている
ことを知ったのだった。そうこうしているうちにSpacewalkerさんのブログを見つけたのだった。

購入から納車にいたるまでの情報やセンスの良さを感じる写真が豊富なので大変参考になり、一挙にCanyon
のロードバイクに興味をもったのだった。
価格的にも比較的買いやすく、代理店を持たずユーザーに直接販売するCanyon社の姿勢にも共感できるものがあった。
結局選んだのはCanyon Ultimate CF SLX8.0Canyon Ultimate CF SLX8.0
というモデル。一番悩んだのはコンポだ。
Spacewalkerさんのブログを見ているとCampagnolo Super Recordのもつ魅力(というより魔力)
にやられそうになるのだが、価格的に高いのと一番私を現実に引き戻したのがチェーン切りという
工具の価格を知った時だった。何も純正を使わなくてもいいのだろうが、たかが、チェーン切りがこの値段
かい?!と思ったらずっとCampagnoloを使っていく自信はなくなってしまった。

ということで新しいロードバイクを注文し、先日届いたのだった。

2011.02.28     カテゴリー :   Focus Cayo

Focus Cayo その2

Focus Cayoを購入したのが昨年の8月。とりあえず、現在の仕様は

ハンドル   3T ErgoNova Teamカーボン
ステム    3T ARX Team
シートポスト 3T Dorico Team Carbon
サドル    Sella SMP Forma
ホイール   Shimano WH7900-C24-TL
タイヤ    Hutchinson Fusion 3 Tubeless
を購入時点から変更した。

コンポはほぼアルテグラ、クランクのみSRAM RED GXP
という構成でFocusカーボンボトルゲージとKnogのライトを前後につけた状態で
7.8Kgとなっている。(ペダルShimano PD-A600込み)
ペダルとサドルが重めなので、このあたりを軽量なものに変更し、タイヤももっと軽量なものに
すれば7.5kgくらいにはなるかもしれない。

Focus Cayo自体レース等にも使用されるフレームということもあり、剛性もそこそこ高い。
正直今の私には全く不満はない。むしろいくつか近所の店で試乗させてもらった。20万~30万前後
のロードバイクと比べても勝とも劣らない感じだった(試乗車はホイールやペダルがしょぼいので
たいして参考にはならないのだろうけど)

そのFocusが購入時点で約17万(送料、関税込みで)買えたのはかなりお買い得だったと思う。
なのに・・・・だ。
また、新しいロードバイクを発注してしまった・・・。
続きはまた次回
PS S95 026-2

2011.02.25     カテゴリー :   Focus Cayo

Focus Cayo その1

写真を撮るために折り畳み自転車を買った。すでに三台乗り継いだ。
一台目、二台目は折り畳み自転車では有名なDAHONのOEMの安いものだった。
そして三台目はビアンキのFretta(これまた有名なr&m社のBD-1のOEM)

なんで折り畳みかって言うと電車に載せて気が向いた駅でおりて知らない街を
ふらふらと移動しながら写真を撮ってまた近くの駅から自宅に帰ることができたから。

そのうち自転車に乗ること自体が楽しくなってきた。
最初は無難にクロスバイクを買おうと思って色々情報を集めていたのだが、おりからの円高と
いわゆる自治区とか獄長とか呼ばれるところからの海外通販だと安く買えることを知りドイツのメーカー
であるFOCUS社(写真好きにはこの社名だけでも・・・)のセカンドグレードCayoというフルカーボンの
ロードバイクを買った。

これは、買ったばかりでサドルだけ変更したもの
Cayo1.jpg


プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR