カテゴリー 《 Canyon 》   全3ページ

--.--.--     カテゴリー :   スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.01.15     カテゴリー :   Canyon

FFWD F6R

えー、TIME RXRS ULTEAMって、何故かカンパのBORA を履かせている方が多いんですよ。
なんでって、もちろん、性能は折り紙付きのBORAなんで当然なんですが、かっこ良さもまた格別
な訳です。
まぁ、ちょっとフレームのグラフィックがクドい(VIPカラーはともかく)感じもあるんですが、
カッコいいことに異論はありません。
でも、特に必要ないんでカーボンディープクリンチャーあたりを物色していたんですよね。
Shimanoのコンポにカンパのホイールかという点もありますし。まぁ、そのあたりすごくこだわる訳ではないんですけど。
フルクラムだとなんか合わないんですよ。ダークラベルだと高くなっちゃうし。
そうこうしているうちにFFWD F6Rな訳です。今の円高っぷりだと9万円台で買えちゃうんです。
性能もかなり評価が高く、BORA買うならFFWDで充分という評価も結構あったりするんです。
60mmディープで、エアロ効果も期待できますし、DARCプロファイルで横風にも多少考慮されてます。
50mm相当の横風レベルという声も聞きます。デザインはBORAには劣りますが、フルクラムのレーシングスピードよりは好みです。

で、ついポチッとしちゃった訳です。必要ないのに、、、、。
まぁ、のり比べて駄目なら即売っちゃえと思って。
DT240ハブ仕様の前後セットだと在庫ないのでフロントとリア別々に購入しました。価格が一緒なのとホイールバッグが前後いっぺんに入るか別々に入れるかだけの差だったので。
ハブはDT240S。スポークもDTエアロライト。フロントラジアル20本、リアはドライブ、ノンドライブともタンジェント24本という構成です。

届いてみると仕上げは予想以上に綺麗。付属のバッグも豪華で、クイックなんかも作りがいいです。
重量はカタログで1350gということでしたが、実測1328gと優秀。
タイヤをフロントContinental Sprinter 、リアにContinental Sprinter Gatorskinを履かせました。
因みに今回は結構固かった。ZIPPの時はコンチのチューブラー話しに聞くより全然楽勝じゃんと思っていた
んですけどね。ZIPPは微妙に小さいのかも。
まずはF6R装着写真

PS S95 002-3


これはZIPPの時の写真、微妙に位置や角度、光の具合が違いますが、勘弁して下さい。
PS S95 002_1

うーん、少なくともCanyonにはこれくらい派手なホイールの方がカッコいいですね。

さて、乗ってみた感想ですが、正直いいですね。デメリットもありますが、かなり気に入りました。
比較対象はWheelbuilderで組んでもらったZIPP303と404です。こちらはハブDT190SにDTエアロライトスポークでほとんど、リムの差だけとも言えます。
まず、剛性が高い。今使っているリアのZIPP404ファイアクレストはリム高58mmで同じDTエアロライトスポーク
20本でこれもドライブ、ノンドライブ側ともタンジェント組みなので4本スポークが多い分、当然かもしれません。海外でもBORAと同等かそれ以上という評価も結構ありますし。
まぁ、と言ってもリアはすごい差がある訳ではありません。スポークが4本も多くてこれしか差がないのはファイアクレストリムの恩恵でリム幅を広げたことで剛性が高くなっているためかと思われます。

ある程度差があったのはフロントですね。リム高ZIPP303は45mmに対し、F6Rは60mmでスポーク本数は
ZIPP18本、F6Rは20本ですから当然といえば当然です。
試しにフロントだけZIPP303に変えてみるとZIPP304の乗り味とほとんど変わりません。
逆に言えば、フロントリム高が増えて、スポーク6本増えて、ハブが約20gほどF6Rの方が重いのに総重量が100gくらいしか変わらないと考えるとかなりF6Rのリムは軽いと想像できます。あと質感はZIPPの方が乾いた感じの質感ですね。

で、エアロ効果は?ということになるとこちらは正直余り差はないかなと。直進性が強くなっているのと
速度の維持や脚を止めた時の速度の鈍り具合がF6Rの方が遅いので効果はあると思います。
ただ、ほんとにわずかに良くなったかなぁ?という程度です。この当たりはZIPPの方が競合各社がこぞって真似をしているリム幅を拡げたことによる効果と一番エアロ的に影響の大きいスポークがF6Rは前後で6本も増えているためかもしれません。

次にデメリットですが、乗り心地(特にフロント)が少しだけ悪くなった。これは剛性とバーターなので仕方ない
ところですし、些細な問題です。
そしてこれが一番の問題ですが、横風の影響が結構大きいのです。
DARCプロファイルで多少ましとは言え、明らかに差があります。
フロントZIPP303、リア404のいわゆるZIPP304構成だとまぁ、風速10mくらいの日でもなんとか走れなくないのですが、F6Rだと風速7mくらいの日でも結構怖いです。
なのでフロントだけF4Rをするという手もありますがF4Rだとリム高が38mmと一気に低くなるのでリアとの
差が大きいのです。せっかくカッコいいのに余り前後で差があるのもどうかと思うわけです。
そのあたりZIPP304はいい落とし所かもしれません。
あと、登りでは正直フロントに荷重がかからないせいかZIPP304と余り変わりません。というより
若干重いかもしれません。まだ、登りというほどの登りを試していないのでこの点の評価は保留です。

PS S95 005-2

まぁ、完組みだとまた印象が違うかもしれませんが、今前後ZIPP404ファイアクレストを買うことを考えたら
迷わずFFWD F6Rを買いますね。恐らく性能はほとんど変わらないと思います。価格はかなり安く、見た目や仕上げは圧倒的にカッコイイですから。

あと、ハブに関してですが、DTSWISSの190Sと240Sの差ですが、正直わかりません。(笑)
気持ち190Sの方がカッチリしているような気もしますが、ほんと気のせいレベル。
転がりの良さはどっちも似たようなものです。
ラチェットの音はかなり控えめで私自身は乗っていて音は気になりません。むしろもう少し大きくてもいいのに
と思います。SHIMANOのDuraハブもかなり音は小さいですが、DTも似たような音量です。
また、このハブはラチェットのメンテがかなり簡単なのもポイント高いですね。
ちょっとでも音が大きくなったらすぐに工具なしでグリスアップできます。

という訳で、横風にはさすがにちょっと弱いけど、このホイールはかなりおすすめです。


スポンサーサイト

2011.09.21     カテゴリー :   Canyon

なんだかね、もう。。。

少しだけ、涼しくなってきたこともあり、そろそろ一回ロングでもと思っていたのです。
で、震災以降行くに行けなかった銚子に行く予定でした。利根川CRをひたすら進めば、
ほぼノンストップで銚子近くまで行けるのです。ひたすら平地ですし、風もこの時期ならほとんどの区間が横風に
なるということで、だいたい30km/hでいけるっしょという計画。

朝、調子がよければ、300km超えを目指すつもりで準備をし、出発。
なんとまぁ、自宅を出て約2kmのところで後輪からプシュっと、音が。

はいはい、もうすっかりお約束となったパンクです。幸い最初プシュッといっただけでゆっくり空気が抜けて
いってます。入っていたシーラントのおかげでしょうか?
とりあえず、家に向かって行けるだけいって自宅まで約500mは押して帰りました。
このタイヤも1000kmは超えるものの2000kmまではもちませんでした。Hutchinson Carbon Compを
もう買うことはないでしょう。3本のうち2本は1000kmもちませんでしたから。
空気圧はフロント8bar、リア8.5barになるよう乗る前にいつも入れていたので空気圧管理がまずかったとは
思えません。

ともあれ自宅に帰ってタイヤの貼替えです。次のタイヤはContinental Sprinterチューブラーです。
今回のスローパンクはシーラントのおかげかもしれませんが、やはり入れずに貼りました。
タイヤを貼りかえてもうすっかり行く気をそがれてコーヒーなんぞ飲んで近所をうろうろするつもりでいました。

とりあえず、仕切りなおして出発。9時過ぎに出発なので、もう途中の佐原でおいしいうなぎでも食べましょうというつもりで銚子方面に向かいます。なんだかんだで佐原には11時頃に到着、まだ時間が早いので結局このまま銚子に向かいました。

PS S95 006
銚子まで残り約20kmというとこで一般道に。これは途中の廃屋で撮ったもの。さすがに台風の影響がまだ若干残っていたのと海に近いせいか風が強くしかも吹く方向がめちゃくちゃで少しペースダウン。
それでも13時くらいには銚子に着いてお昼を食べます。小さな漁港の中の地元の人が利用する食堂でおいしい
魚を堪能し屏風ヶ浦に。

PS S95 016
風があるのでこの写真を撮る時は冷や冷やしながら撮りました(笑)
灯台のとこでは風が強くてやばかったので写真はなし。

もう15時近くなってきたので、慌てて帰宅します。やはりもうちょっと時間的余裕が欲しいところですね。
あとは途中、水分補給のために止まったのと、コンビニに寄った以外はほぼノンストップで、自宅には18時過ぎに帰宅しました。
距離は230km超でした。やはり200km超えるとヘロヘロですね。ほんとにアップダウンがほぼないと言っていいくらいの平坦路だったんですけど。
それにしても利根川CRは走りやすいです。とにかくローディなんて全く姿はなく人やママチャリなんかに乗った人さえ1~2時間に一人か二人すれ違うくらい。途中に放牧している牛の数の方が人間にあうよりよほど多いです。。
問題は道幅が余り広くないのと途中震災の影響で砂利道や路面のひび割れが少し残っていること。
何よりも問題は飽きることですね。景色が余りに変わらないのです。利根川CRに比べると江戸川CRの
景色なんてずっとバラエティに富んでるなと思えるほど、変化がないのです。
その分無心に淡々と気を使わずに走れるのはいいところでもありますけどね。

とは言え、銚子には魚は美味しいし、景色もいいしでまた行きたいなと思います。
そうそうContinental Sprinterチューブラーですが、いいタイヤです。転がりの良さは前輪の
Continental Competitionと比べても劣らない感じで正直少しくらい重量が重くなっても値段を考えると
こっち充分という気がします。グリップもHutchinson Carbon Compより良さそうです。正直乗り心地以外はものすごく気に入りました。Continentalのチューブラーは嵌めづらいと評判なんですが、ホイールがZIPPだから?チューブレスで慣れたから?Hutchinson Carbon Comp等と比べるとさすがに嵌めづらいんですが、予想よりずっと簡単に嵌ります。今後はこれで行こうかなという感じです。と言っても、一緒にContinental Sprinter Gatorskinも買っちゃったので次はこれにする予定ですけど。
何よりパンクしないことを祈りたいところですね。

PS S95 028












2011.08.25     カテゴリー :   Canyon

いつもお世話になっております>パンクの神様

もうね、なんだか、もうパンク報告ブログとなりつつありますが、またなんですよ。
昨年は通勤用のビアンキのフォールディングバイクでパンクしましたが、ロードではパンクは
なかったんですけどね。
乗り方が悪いのか、日頃の行いが悪いのか、運が悪いだけとは言えないパンク頻度です。
しかも、クリンチャー、チューブレス、チューブラーともう何乗っても駄目ってもう。。。
今回は前輪きました。いきなしプシュッと、シーラントをまきちらしながら、停止。
シーラント全く役にたってません。3mmほどの穴だったんですけどね。
なので、もう私はシーラント使いません。現状ただの重しにしかなってませんから。
仕方ないので、サクッとタイヤを交換し帰宅しました。いえ、嘘です。優に30分以上かかってます。
タイヤをはがしてリム残ったテープをそのままに上からテープを貼って予備タイヤを貼りました。

帰宅後、また、タイヤをはがしてリムのテープをきちんととって、あーもうめんどくさって感じです。
次のタイヤは比較的パンクの多い後輪に安いのと思っていましたが、前輪はそこそこいいのにしとこうと
思っていたのでContinental Competition。
フロントだけですが、既に数100km走った印象としてはいいですね。このタイヤ。走行感が軽いです。
ただ、この感覚がタイヤ自体の性能から来るのか、シーラントを入れてない(20~30g位軽くなる?)
ためなのかは今ひとつわかりません。
ただ、乗り心地はやはりラテックスチューブからブチルチューブになったためかやや硬めです。
フロントはラテックスチューブのタイヤ、後輪はこのタイヤの組み合わせだといいかもと思いながら乗ってます。

summer.jpg

2011.06.02     カテゴリー :   Canyon

はやっ!

Fulcrum Racing Speed XLR Dark Labelは結局入荷予定が6月下旬予定に変わってしまい、こりゃ駄目だと思い、結局、Zippを注文。Wheelbuilderに27日に注文して28日に組み上げ、発送、30日にはうちに届くという、とても海外に注文したとは思えない速さでNewホイールが到着。
Options: Rim type: Zipp 303 Tubular: 285 Rim
Spoke count: 18
Spoke color: Black
Spoke type: DT Aerolite
Nipples: Black Brass
Hub: DT Swiss 190 Ceramic: black only
Hub color: Not Applicable
Ceramic upgrade: None

Zipp Firecrest Rear Wheel
Options: Rim type: 404 Firecrest Tubular
Spoke count: 20
Spoke color: Black
Spoke type: DT Aerolite
Nipples: Black Brass
Hub: DT Swiss 190 Ceramic
Hub color: Black
Drivetrain type: Shimano/SRAM
Ceramic upgrade: None
という前Zipp303、後ろ404といういわゆる304とも言われる構成にしました。
悩んだのはスポークをSapim CX-RayにするかDTにするかとリアのスポーク本数。スポークはどっちもたいして変わらんだろってことでDTにしてみたのです。これは白も選べたので白スポークにすべきかどうか悩みました。
結局今までのWH7900もリアのスポーク本数20本、今回リムハイトが58mmということでそれだけで剛性が高くなるだろうということで20本にしました。最初、ハブを DT Swiss 190 Ceramicにするとスポークを20本にできませんとでたので問い合わせたところ向こうのミスということですぐに直してくれました。
送料まで含めるとたいしてFulcrum Racing Speed XLR Dark Labelと変わらない金額となりました。
ハブがDT190だと結構高くなるのです。
まぁ、ホイールのハブをセラミックにしてもたいして効果はないとは言われますが、まぁ、そこはやっぱりあとでセラミックの方が良かったかな?と気にするようなことになっても仕方ないでしょってことで選びました。

届いたホイールは実測でフロント524g、リア722.5gで計1246.5gという軽さ。
Wheel Weight Calculatorというページでの事前予想よりも軽くなりました。Zippはたいがい軽くなるよと言われてましたが、やっぱり予定よりも軽くなると嬉しいもんです。とはいえ、完組みで買った場合前後1215gなのでそういう意味では重くなってますね。まぁハブがZippのものより重くなってしまうのでこんなもんかなと思います。

タイヤはミヤタのTTP-1で貼りつけました。エクステンションバルブはZippの純正にするか予め買っておいたTNIのエクステンションバルブにするか悩みましたがZippの純正の場合エアーを入れた後の計測や調整がほぼできないので今回はTNIにしましたが、これが失敗。
もともとRacingSpeed用に買っておいたのでフロントがやたらと飛び出ます。もう面倒なのでそのままつけちゃいましたが、ちょっとみっともない。
ブレーキシューはSwissStopのイエローです。
このブレーキシューは効きは問題ないのですが、付属のネジが柔らかすぎます。簡単になめてしまい抜くのに苦労しました。それとリムのブレーキのあたるところが黄色くなってしまうのもちょっと勘弁して欲しいですね。

まだ、近所をちょろちょろと走っただけですが、今週末は予定がはいっているので走りにいけません。
なので簡単なファーストインプレッションを。

もう最初からホイールのステッカーを剥がす気満々だったので、さっさと剥がしました。前後のシールでちょうど
10gありました。なので前後1236.5gとアルミリムではちょっと有り得ない軽さのホイールです。
当たり前ですが、漕ぎ出しが軽いです。しかもチューブラーというのもあるのでしょうが、乗り心地もいいです。
とにかくだいたい35km/h~40km/h以下ならどの速度域からでも加速が楽です。思わず笑っちゃうくらいです。
ハブの回転はなめらかさではDuraハブの方がなめらかな感じです。まだ、あたりが出てないのかもしれませんが、なめらかというよりはどちらかというと緻密な感じ?の回転の仕方です。
剛性もWH7900 C24TLよりはさすがに高く、特に緩斜面でトルクをかけて登る時など力の逃げが少ない感じです。
空力性能がいいせいか軽いせいかはわかりませんが、とにかく速度の伸びがいいですね。信号で止まって、加速していくとあっというまに35km/hは超える感じです。それ以上も今までからすると楽に加速していけます。
WH7900だと35km/hくらいから伸びが悪いのですが、Zippだと40km/hくらいまでスムースに伸びます。
まだタイヤを貼ったばかりでそれ以上は出しませんでしたが、これはもう反則ですね。楽チンすぎです。
横風の影響等はまだわかりませんが、印象的なのはある程度速度が出ていると足をとめても意外にスピードは落ちません。しかしある程度速度が低くなると急にスピードの落ちが大きくなる気がします。PS S95 003_1
Zippシールをはがすとかなり極悪な感じになりますね。
ちょっと、これは今後考えていかなければなりません。なにか適当なシールを作って貼ることにしましょう。



2011.04.29     カテゴリー :   Canyon

で、

昨日の続きです。
さすがにコラムスペーサーだけでは申し訳がたたないと思った(誰にだ?)私はもうワンポイントピンクにする場所を
考えました。というか、以前サドルをSelle Italia SLR Kit Carbonio Flow 2011に交換する時に実はピンク色が一部に入ったサドルを探したのです。しかし私の貧弱な情報収集能力で見つけられたのはフィジークのサドルとボントレガーの古いモデルのサドルくらいでした。
customizer-img

hoopstarjp-img448x600-1302057369hffpmw38086.jpg

上がフィジーク、下がボントのサドルです。フィジークはカラーをカスタマイズできる(アリオネCXのみですが)のですが、それでやっていくとこのカラーを選べるわけです。カッコイイ!


4/30追記フィジークは他のモデル(アリアンテやアンタレスなど)もカスタマイズできるようです。
情報提供感謝。見逃してました。

下のボントレガーのはよくわかりませんし、さすがにCanyonにボントレガーのサドルはちょっと。。。
では、なぜSelle Italia SLR Kit Carbonio Flowにしたかというとですね。実はアリオネCX持っているのですよ。
もちろんカラーは違いますが。
問題はお尻に合わないんです。100kmもたたずに痛くなります。しかもペダルを回しにくい。
デザイン的には文句ないだけにかなり残念です。

で、結局サドルは断念してどっか塗るかと考えたんですが、真っ先に思いついたのはシートポストクランプです。
しかし、塗ったところを想像してみるとコラムスペーサーより位置的に下にくるシートポストクランプを塗るとスローピングが強調されてしまう気がします。実際ピンクのリボンを巻いてみましたがいまいちでした。
という訳でリアライトをピンクのものにしたのです。
PS S95 024
ブレブレ写真ですんません。
knogのSKINKです。
シートレールにタイラップを渡してそれにつけてます。幅は測ったようにピッタリ。
ただね、色がショッキングピンクに近い感じでちょっと合わないんですよ。残念なことに。
なのでこれはやっぱり黒にしようかと思ってます。

あとはサドルを塗るかですが、正直自信がありません。うまく塗るだけの。。。
と言う訳でほんとにビックリするくらいの小変更となったイメチェンなのでした。でも、こんだけでも結構変わるもんなんですよ。私の拙い写真と文章じゃ分からないでしょうけど。






プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。