全1ページ
このページのリスト
2011.09.21   カテゴリ:《 Canyon 》
  なんだかね、もう。。。

2011.09.21     カテゴリー :   Canyon

なんだかね、もう。。。

少しだけ、涼しくなってきたこともあり、そろそろ一回ロングでもと思っていたのです。
で、震災以降行くに行けなかった銚子に行く予定でした。利根川CRをひたすら進めば、
ほぼノンストップで銚子近くまで行けるのです。ひたすら平地ですし、風もこの時期ならほとんどの区間が横風に
なるということで、だいたい30km/hでいけるっしょという計画。

朝、調子がよければ、300km超えを目指すつもりで準備をし、出発。
なんとまぁ、自宅を出て約2kmのところで後輪からプシュっと、音が。

はいはい、もうすっかりお約束となったパンクです。幸い最初プシュッといっただけでゆっくり空気が抜けて
いってます。入っていたシーラントのおかげでしょうか?
とりあえず、家に向かって行けるだけいって自宅まで約500mは押して帰りました。
このタイヤも1000kmは超えるものの2000kmまではもちませんでした。Hutchinson Carbon Compを
もう買うことはないでしょう。3本のうち2本は1000kmもちませんでしたから。
空気圧はフロント8bar、リア8.5barになるよう乗る前にいつも入れていたので空気圧管理がまずかったとは
思えません。

ともあれ自宅に帰ってタイヤの貼替えです。次のタイヤはContinental Sprinterチューブラーです。
今回のスローパンクはシーラントのおかげかもしれませんが、やはり入れずに貼りました。
タイヤを貼りかえてもうすっかり行く気をそがれてコーヒーなんぞ飲んで近所をうろうろするつもりでいました。

とりあえず、仕切りなおして出発。9時過ぎに出発なので、もう途中の佐原でおいしいうなぎでも食べましょうというつもりで銚子方面に向かいます。なんだかんだで佐原には11時頃に到着、まだ時間が早いので結局このまま銚子に向かいました。

PS S95 006
銚子まで残り約20kmというとこで一般道に。これは途中の廃屋で撮ったもの。さすがに台風の影響がまだ若干残っていたのと海に近いせいか風が強くしかも吹く方向がめちゃくちゃで少しペースダウン。
それでも13時くらいには銚子に着いてお昼を食べます。小さな漁港の中の地元の人が利用する食堂でおいしい
魚を堪能し屏風ヶ浦に。

PS S95 016
風があるのでこの写真を撮る時は冷や冷やしながら撮りました(笑)
灯台のとこでは風が強くてやばかったので写真はなし。

もう15時近くなってきたので、慌てて帰宅します。やはりもうちょっと時間的余裕が欲しいところですね。
あとは途中、水分補給のために止まったのと、コンビニに寄った以外はほぼノンストップで、自宅には18時過ぎに帰宅しました。
距離は230km超でした。やはり200km超えるとヘロヘロですね。ほんとにアップダウンがほぼないと言っていいくらいの平坦路だったんですけど。
それにしても利根川CRは走りやすいです。とにかくローディなんて全く姿はなく人やママチャリなんかに乗った人さえ1~2時間に一人か二人すれ違うくらい。途中に放牧している牛の数の方が人間にあうよりよほど多いです。。
問題は道幅が余り広くないのと途中震災の影響で砂利道や路面のひび割れが少し残っていること。
何よりも問題は飽きることですね。景色が余りに変わらないのです。利根川CRに比べると江戸川CRの
景色なんてずっとバラエティに富んでるなと思えるほど、変化がないのです。
その分無心に淡々と気を使わずに走れるのはいいところでもありますけどね。

とは言え、銚子には魚は美味しいし、景色もいいしでまた行きたいなと思います。
そうそうContinental Sprinterチューブラーですが、いいタイヤです。転がりの良さは前輪の
Continental Competitionと比べても劣らない感じで正直少しくらい重量が重くなっても値段を考えると
こっち充分という気がします。グリップもHutchinson Carbon Compより良さそうです。正直乗り心地以外はものすごく気に入りました。Continentalのチューブラーは嵌めづらいと評判なんですが、ホイールがZIPPだから?チューブレスで慣れたから?Hutchinson Carbon Comp等と比べるとさすがに嵌めづらいんですが、予想よりずっと簡単に嵌ります。今後はこれで行こうかなという感じです。と言っても、一緒にContinental Sprinter Gatorskinも買っちゃったので次はこれにする予定ですけど。
何よりパンクしないことを祈りたいところですね。

PS S95 028












スポンサーサイト


プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR