全1ページ

2015.05.21     カテゴリー :   ライド

ヤビツ初挑戦 KASK PROTONE VS Giro Synthe

お前一体何年自転車乗ってんだよ?!と言われそうですが、関東のヒルクライムの聖地と呼ばれるヤビツ峠
行ったことなかったんです。
だってヒルクライム嫌いだし興味もなかったんですもん(笑)

ただ、3月の終わりからあまりの坂の登れなさに危機感を覚え強化月間ということで一か月半ほど坂を多めに乗り込んでいったわけですが、これが乗れば乗るほど如実に力がついていくのがわかるので楽しい訳です。まぁ、正確には事故前の状態に戻ってるだけかもですが。自転車に乗り始めた頃、乗るたんびに走れる距離が伸びていく・・・そんな感じに近いものがあります。

で、4月の頭に埼玉方面では比較的有名な定峰峠でTTをしたんです。距離も5kmないし、斜度も5%くらいと15分もあれば
登れる手ごろな坂なもんで。それゆえにタイムトライアル向けの峠としてはもう一つ人気ないんですかね?
自分自身のベンチマークとしては手軽だし苦しい時間が短くて済むので好きなんですけどね。

DSC_0828.jpg

それで都民の森に行ったあと5月の頭にもTTをしてみたんですが、前回よりも1分近くタイムを短縮してSTRAVAで上位10位以内に入れました。もちろんかろうじてですよ。
ヒルクライム計算ではこの時の平均パワーが約300W。14分足らずの短い時間ですけど。
距離も倍以上、斜度もわずかですが、きついヤビツ峠だと平均270~280w出せれば上出来だろと今の私には高めなれど伸び盛りのいまならばと(笑)280wの予想タイム35分を目標に、現実的には36~37分かなと皮算用。

で、ヤビツまでこりもせず、自走です。家に車が一台あるんですが、家人の通勤用なので予め言っておかないといけないので面倒なのとまぁ片道80kmくらいなら自走でいいかと。タイムが駄目だった時の言い訳にもなるし(笑)

さすがに都民の森の反省をいかして距離とヤビツのプロファイルはチェックしました。
スタート地点は信号(つまりは運)に左右されるのと距離が少しでも短い方がいいのでコンビニスタートに
したかったんですが、まぁまずはフルコースいっとけってことで名古木交差点をスタート地点にしました。
また、今回は軽量化のためデジカメもおいていきます。

当日は急に暑くなってGarminの表示する気温は35度超えてます。さすがに都民の森の時とは違って多少時間に余裕を
持って家を出たので信号多いけどまぁイライラもせずヤビツを目指します。
この日は信号よりも暑さが敵でした。急に暑くなったせいで体が慣れていないせいか軽く熱中症気味に。
こりゃいかんとコンビニで水を買って頭からかぶります。
また補給もしっかり摂りながらたまに水をかぶりながら尾根幹をすぎ246号に入ったところでプシューっといやな音が!
リアタイヤのシュワルベONEがパンクです。

因みにシュワルベONEのチューブラーは買わない方がというか買っちゃ駄目です。まず品質低すぎ。3本購入のうち
まともなのは一本だけ。しかも耐パンク性能も低いです。駄目な2本はバルブのところが盛り上がって走ると上下に
ゆすられます。安くもないのにこの品質って酷過ぎます。ただし転がりはかなりいいと思います。

で、ここまで来て使い古しの予備タイヤでTTかぁと暑さとパンクでテンション下がりまくりです。
が、ここで今回初投入となるマルニのクイックショットの登場。はい、瞬間パンク修理剤ってやつですね。

試しに入れてみたところパンクの穴から盛大に泡が吹き出しこりゃ駄目かと思っていたら段々あわの吹き出しが収まっていきます。思わず拍手しちゃいました。ただ、最初に盛大に噴出したせいかエアーが足りない感じだったのでCO2ボンベで
更にエアーを追加しました。
そんなこんなで交通量の多い246号をげんなりしながら進み、善波峠をまったりと登り、やっと名古木の交差点に。
もっと大きな交差点を想像していたのですが、思った以上にこじんまりとしてました(笑)
向かいのセブンで缶コーヒーを買ってやけに人なれした猫を構いながら缶コーヒーを流し込みスタートです。

もうテンション下がってたんで2つある信号のうち一個でもひっかかったらTTやめて試走にしようと決めて走りはじめます。

そうこうしているうちに最初に信号が、おっ!青じゃんと赤に変わらないうちにと飛ばします。
そのままの勢いで進んでいると2つ目の信号が。
赤なので、もう少し先に行ってから変わってくれると・・・なんて考えてたら青に(笑)
まだ結構距離あるよ~、このままいくと赤になると思ったのでここから更に加速。ちょい向かい風がやけにキツイ。
ギリギリで信号を通過しもうそのままの勢いで進んで行ったのでですが、もう完全にオーバーペース。
序盤の劇坂区間で心拍180くらいから下がりません。完全にペースを乱されました。
うわ~やっちまった。一番やっちゃいけないパターンじゃんと考えながらともかく一度心拍を下げるべく力を抜き気味に
登ります。思った以上に貯金のあった平均速度(平均時速20kmが35分の目安)がみるみる減っていくのがわかるくらい速度を落としているつもりなのですが、心拍は一向に下がらず。

しかもダンシングしようとすると右のふくらはぎが攣りそうに。急に暑くなって汗をかいたせいで体のミネラルが不足したのといきなりオーバーペースで飛ばしたのが仇になったようです。

もう駄目だとタイムはあきらめることにし、タイムや心拍数を表示しているページを変えて見ないようにし、ともかく
呼吸とペダリングに集中することにしました。
結果的にこれが良かったんですね。

まずはともかく息を吐くことに集中、ペダリングも回す、踏むと使い分けます一口にまわすとか踏むと言ってもバリエーションは沢山あります。
膝で回す、股関節で回す、がに股で回す、内またで回す、腿で踏む、尻で踏む、ハムを使って蹴りだすように踏む
、前乗り、後ろ乗り、上半身を使ってハンドルを引く、たまに攣らない程度にごく短いダンシング。
ほとんどシッティングしかできないならなるべくいろんな筋肉に負荷を分散させるようにペダリングに集中するうちタイムとか距離とかすっかり忘れ去りました。

そうこうするうちに多少体力も戻ってきたのと斜度が少し緩くなったところで踏み直します。
もう相当集中していたのでしょう。ゴールに全く気付かず、バーチャルパートナーのピロリロリという相変わらず情けない音でゴールだということに気づきました。
なんか最後にもがかないと出し切った感がないんですよね(笑)
で、よく写真でみる看板のところまで進みます。おぉ、ここがヤビツかぁ、今回はちゃんとゴールできたぜと思ったところで
タイムを思い出し慌てて確認。

思ったよりいいタイムに思わず笑みがこぼれます。
TTやるたんびに2,3日筋肉痛にさいなまれる私には峠のおかわりなんてあり得ません(笑)
ここでも缶コーヒーを飲んでそのまんま宮ケ瀬湖に向い下りはじめます。

ここで問題が発覚!
段差でリアタイヤがポヨンとします。えっ、うそっ?と思い慌てて降りてみるとリアタイヤの空気が(感触的に)4~5BARくらいしかありません。まさかこんなんで登ってたのかよ~と思いつつ、そういえば夢中で気づかなかったけど乗り心地が
悪いという路面の○マークが彫られている区間で全く乗り心地の悪さに気にならなかったことを思い出します。

DSC_0831.jpg

CO2ボンベは使ってしまったのでハンドポンプで空気を足して慌てて下ります。
ヤビツは裏がいいよって人が多かったのですが、ほんとに裏が綺麗、特にこの時期は新緑が美しい。
本当は止まって風景を堪能したいながらもリアタイヤが不安で急いで下ります。

なんだかんだで宮ケ瀬湖を過ぎ街中に入ったところで自転車屋さんによって空気入れを借り、ボンベやら補給食やら
ポケットに入りそうな分を購入しお礼を言って家に向かました。

という訳で名古木~ヤビツ峠の結果発表です。

ヤビツ

初ヤビツで34分11秒、STRAVAで上位20位以内に入ることができました。
今となってはどうだったのかわかりませんがタイヤがまともな状態ならもう数秒、ダンシングができていればこれまたもう数秒なんて思いますが、そこまでタイムにこだわるなら私の場合まず、輪行かトランポにせいって話ですね。それだけで33分台行けるじゃないかって気がします。
もっと言えばまず体脂肪をなんとかせいって話になるのでまぁ仕方ありませんね。
関東のヒルクライムの聖地ヤビツでSTRAVAの上位20位以内に入れただけでも出木杉くんです。

あ、前回トレーニングなんて何もしてないと書きました。トレーニングになるようなものは何もしていないのは確かですけど
これでも通勤入れて月に1000~1400kmくらい、年間だと14000~15000kmは走ってますから一応地脚のようなものはあると思ってます。去年は事故で9月以降そんなに乗れませんでしたけど。


DSC00821.jpg

さて、KASK PROTONEです。これ、最初、ツール・ド・ドバイバージョンを買ったのです。あの紺色がいいなぁと思いまして。
ただ、現物見るとなんというか思ったより綺麗な紺じゃなかったんです。ちょっとラメっぽい塗装で色が画像で見るより濃い
紺でかといって深みのある紺でもない。これは駄目だとすぐに売り払って気になっていた赤を買い直しました。
因みに紺の方が218g、赤が234gと結構ばらつきが・・・

以下Syntheとの比較です。
まず見た目
PROTONEの方が前から見ると幅が狭く、Syntheの方は上下に薄いつくりです。質感としてはPRTONEの方はMOJITOの頃から変わらずステッカーでかなり安っぽい。Syntheの方は塗装もマットとグロスの塗り分けになっておりその分高級感が
あります。
ストラップやアジャスターもMojitoより簡素化してあり、明らかにコストダウンされてます。とはいえこの部分はSyntheより
造りはいいです。

装着感。
これはもうPROTONEの圧勝、Syntheがどうこうと言うより、PROTONEかそれ以外かというくらい抜きんでてます。
Mojitoより前後に深く被れるようになっており、Mojitoよりさらに良くなってます。
もうヘルメットというよりキャップやビーニーというのに近い。
ただわずかに前後バランスはSyntheの方がよく頭を振ると違いに気づきます。とはいえ決してPROTONEも悪くありません。

冷却性能
PROTONEは前からブワッとはいって後ろからズバッと空気が抜けます。たいしてSyntheの方は万遍なく空気が抜けていきます。前からだけだったらほぼ互角なんですが、横からの風、あと低速の時はPROTONEは抜けが悪くこの点でSynthe
の方が若干優れてます。

エアロ性能
まぁ、これはあくまで体感なので余りあてになりません。
実は大東坂に10回以上登ってそれぞれ5回以上とっかえひっかえ勢いをつけず姿勢も腕をピンと伸ばし顎を思いっきり引いて脚は右足をピンと伸ばして下るというたぶん傍目から見るとかなり怪しい体制で下ってみました。
下りきったちょい先のポイントの通過の際の速度と平均時速を計ったのです。
が、全く駄目です。風のあるなしや車が通過するしないで結果がコロコロ変わります。

で、体感的にはSyntheの方が優れているように感じます。前後バランスの良さもあるかもしれませんが、150km以上走った時の首の疲れもSyntheの方が疲れが少ないです。

被った感じは私の場合、PROTONEはちょっと上下に長すぎ、Syntheの方はちょいキノコというどっちも半端な
感じなのですが、PRTONEはおでこが目立つのでメッシュで塞いでいます。

DSC00884.jpg

総合的にはSyntheの方が優れている感じはしますが、PROTONEのこの赤が予想以上に良くて被る時にテンションが
あがります。ま、被っちゃうと見えないんですけど(笑)
なので本気モードのTTの時なんかはSyntheを、のんびりの時はPROTONEでと使い分けてます(笑)

次回はTEAM SKYが使っているというMuc-Offというメーカーのチェーンの駆動ロスを7W下げるという
チェーンルブのインプレといい加減タイヤのレビューをもう少しまとめる・・・・予定・・・あくまで予定(笑)


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2015.05.15     カテゴリー :   ライド

ぐだぐだの都民の森デビュー

このブログを見ている奇特な方ならもうご存知かもしれないが、このブログにはトレーニングなるもののことは今までに
出たことがない。もちろん、トレーニングしてないから書きようがないってことです。

私の場合仕事がら日曜が基本的に休めません。土曜も休みは不安定です。なのでレース等には出れないんですね。
STRAVA等で目標を決めてそれをクリアするというのもいいんですが、例えばある峠で10位に入ったとしましょう。
STRAVAの場合明日にでも11位になっているかもしれませんよね?
でもレースの場合だと2015年度○○大会20位だとしたら来年になっても再来年になっても2015年度20位というのは
変わりません。STRAVAのそのはかなさがいいんだという人もいるかもしれませんが、私はそこまで
粋な人間にはなれません。
ですので、もしレース等に参加できる環境であればもう少しトレーニングに躍起になっていたかもしれませんね。

そのため、それなりに機材にお金をかけている(よね?)私がパワーメーターに手を出さないのもトレーニングに興味がないからです。
ついでに言うとローラー台すら持っていない。
なんて言っていたらパイオニアから魅力的なパワーメーターが!
あの値段ならちょっと買っても(もちろん片側だけ)いいかも(笑)


ついでに言うとヒルクライム志向でもありません。体脂肪15%以上あるし(20%はないけどね)キツイの嫌いだし。
ヒルクライム志向ならBora Ultra50でなくて35にしてますし、ついでに言うとDOGMA F8ですらなかったかもしれませんね。
es2.jpg

とこれくらい言い訳しておけばいいかな?(笑)
さて、昨年9月に骨折してから2か月近くロードに乗れず、乗り出してからもリハビリ的な50kmくらいの平坦ライドばかり
そのうち寒くなって峠は凍結の危険性がなんてやっていたら半年以上峠に登ってないなと今年の3月頃にふと気づき
ました(笑)
平地だけなら体力も結構戻ってきつつある感触もありましたし。

で、行ってみました、白石峠。馬鹿ですねぇ。行くならもっと緩い峠にしとけば良かったのに(笑)
まぁ、さすがにTTをやる気は最初からなかったものの、あまりの登れなさにビックリ!
2度ほど足つきをしてようやく登りきれた感じ。

さすがにこれは体力落ちすぎだろ?という訳で4月を登り強化月間にすることにしました。と言っても何をするわけでは
ありません。週一回は峠に行く。できれば週二回。もちろん全力で峠を登るなんてことはしません。ひたすら7~8割くらいの力で登るだけです。
まぁそれに伴って今まで知ってはいたけども興味のなかったSTRAVAも使いだしました。登録自体はかなり前から
していたんですが。勝手に峠のスタートとゴールを記録してくれるので楽なんですよね。いちいち手動でタイマー押さなくてもいいので。(全くあてにならないのはド素人の私でもわかるけど)推定パワーを出してくれるので傾向は掴めるかなと。それだけでどんだけ骨折前の状態まで戻せるのかこうご期待(笑)

あぁ、長い前置きだ(笑)

さて、世間はゴールデンウィークに入ったある日、その日は私も休みでした。
朝起きてはみたものの体が妙にだるいのでそのまま二度寝。起きたのは昼前でした。

もう一つ食欲もなくでも絶好のライド日和に自宅を出たのがほぼ13時。どこへ行こうと思いつつGarminに放り込んだ
コースを見ていると都民の森が。意外に近いじゃんと思いつつでも着くの16時くらいだよ、どうしようと悩みつつも
とりあえず向かうことに。今回は都民の森を下見して今度TTでもとの目論見。

向かったのはいいがともかく信号の多さにストレスMax。
1kmすすむのに2,3回信号にひっかかる感じです。途中、トイレのためにコンビニに寄って薄皮アンパンとおにぎりを
買います。家から4個入りの柏餅を持ってきていたので必要なかったんですけどね。食欲もなく時間もないのでパンと
おにぎりも柏餅も食べずに向います。結局この日飲み物以外の補給をとらなかったので全部で500g以上の重しに
なっただけ(笑)150km以上走ってまともに補給しなかったの初めてかも?
伊達に体脂肪15%以上ため込んでいません。170km以上走ってもハンガーノックの気配すらありませんでした(笑)

あまりの信号の多さにもう途中で二度とくるかこんな道という気分に。となったら、もう今日TTするしかない!という短絡的で脈絡のない思考に(笑)
武蔵五日市駅を過ぎる頃には時刻は16時を回ってます。
このあたりから大分信号も少なくなってきたので飛ばします。因みに武蔵五日市~風張峠の2015年度KOMでした(意味ねぇ(笑))

都民の森ってよく他の人のブログで見るけどまさか今日行こうとは思ってもいなかったので全く、どんなところか知りません。役場がスタート地点駐車場がゴール、だいたい一時間くらいかかるコースというだけの知識しかありません。
初めての峠で暗い中ダウンヒルはいやなのでともかく先を急ぎました。せめて距離だけでも調べておけば・・・。

やっと役場につき信号一回だけやり過ごしてTTスタートです。ここまでの約80kmトイレとこの信号一回だけのほぼ休憩なし、補給なしという無謀なチャレンジです(笑)

スタートしてからまず面喰いました(笑)ほとんど平坦、下りもある、登りどこ?って感じ。
道間違ったのかと不安でせっかくの平坦や下りももう一つ踏み込めません。
ゴールデンウィークとはいえこの時間だと降りてくるローディもほとんどいない。ましてや登る馬鹿は私一人です。
一応都民の森の標識があるのでコースは間違いなさそうですが、こんな緩い峠初めてでほんっとに不安でした(笑)

途中工事のため片側通行になっておりなんとか足をつかないようにゆっくりと登りオジサンが行っていいよとの合図
とともに飛び出します。10秒くらいロスったかな?ほんとに登りがあまりないので不安になりながらも進んでいきます。
道も途中で分かれ道になっていたりでコースを確認しつつ進むので心拍やらタイムは全く見れてません。
やっとまともな登り区間に入ってここでも工事で足止めくらいそうでしたが、ここは5秒もロスってないくらいで行けました。

恐らくここが上川乗~蛇の湯区間なのかな?2015年KOMとのこと。更に淡々と登っていくと景色もよくここまで抑え目でしたのでそんなにきつくもなく進んでいきました。最後の工事の無人信号はさすがに30秒以上待たされるので粘りましたが
残念ながら足つき。ま、こればっかりは仕方ないよね?(笑)
景色を眺めつつ息を整え信号が青になるのを待って進みます。

淡々とマイペースで登っていくと駐車場のようなものが見えます。ん?もしかしてゴール?と思うものの
頂上までまだ結構ありそうです。こんなとこゴールじゃねーだろ?と思いつつ、Garminのページをめくります。
ここでちゃんと駐車場を見ていればゴールだとわかったのかもしれませんが、途中の分かれ道以降Garminはルートを
表示していたためページを送るのに気をとられてしまったのですね。

役場をスタートしたのが16時何分でぇ、ここまでまだ50分くらいだからまでゴールではないだろ?と思いつつ
あと10分くらいだからここからあげて行こうと力を入れます。馬鹿ですねぇ。
因みに全くあてにはなりませんが、STRAVAの推定パワーでは役場から駐車場まで平均338w。ここから
頂上まで400wを超えてます。つまりゴール過ぎてから頑張った訳です(笑)

で出し切るつもりでどんどん登って行ったのですが、また平坦区間や下りが登場します。
でもってこれがゴールじゃないだろ感がどんどん強くなっていきます。
ここでようやくさっきの駐車場がゴールかもと思いペースを緩めます。戻ろうかどうしようか悩みつつ10km/h以下の速度で
進むと風張峠の看板が。
この看板まで緩めず頑張っておけば上川乗~風張峠も5位ではなくもっといい順位が獲れたのに。ほんとに馬鹿ですね。

さすがに信号だらけの来た道を引き返すのはいやだったのでもう一つの都民の森のルートを見るとこのまま下って奥多摩湖、青梅を通って帰るルートっぽいのでこのまま進みます。駐車場まで戻ってまた登るとなると日が暮れそうだったので。
なので都民の森のゴールである駐車場の写真はなしです(泣)

DSC00850.jpg

月夜見駐車場はさすがに止まって景色を堪能します。もうちょっと眺めていたかったんですが、日没までもうあまり
時間がないので先を急ぎます。

DSC00862.jpg


しばらく進むと何故か、そこに鏡が?!
いや、鏡じゃありません、猿です。(笑)ここでも何枚か写真を撮りあとは途中の公園でトイレによっただけでまっしぐらに
帰宅しました。

都民の森

で、結局都民の森のTTの結果は51分40秒弱でした。惜しい、もうちょいで上位30以内だったんですけどね。
まぁ今回のぐだぐだっぷりを考えるとさすがにあと30秒~1分くらいは縮められそうな気がします。
まぁまずは体脂肪15%以下に落とせって話ですが(笑)

因みに役場から風張峠は1:01:31と惜しくも上位10位には食い込めませんでした。
ここは頑張れば10位以内はいけそうですね。でも次回はちゃんと駐車場によって、それともっと景色を楽しみ
ながらのんびり登りたいですね(笑)このTTのおかげで3日くらい筋肉痛でしたし。
因みにヒルクライム計算機に装備適当な重さで入れても260W以上ありそうなので私のFTPは最低でも260W
くらいってこと?まぁ、斜度が一定ではないし、途中の信号等で止まったりしているのでどの程度あてになるのか
わかりませんけど。

で、次回はKASK PROTONE VS Giro Synthe
そしてヤビツに初挑戦です。ほんとは本命は白石峠なんですけどね。白石マジきついんですもん。できればやりたくない(笑)峠のTTもこれでしばらくお預けですね。暑くなってくるとTTなんかやったら死ねますからね。







プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR