全1ページ
このページのリスト
2016.04.21   カテゴリ:《 未分類 》
  S-works 6シューズ

2016.04.21     カテゴリー :   未分類

S-works 6シューズ

すみません。更新をさぼりまくってました。
九州地方の方々は大変です。一日の早くもとの生活に戻れるといいのですが。
私もちょうど地震の10日前くらいに九州に行っておりました。今回は自転車をもってのんびり
ポタリングを楽しんできたのですが、その途中に立ち寄った由布院のあたりも結構被害が大きいようで心配ですね。

rainy day 

さて、今回はヘルメットのお話しの予定を変更しまして新しいシューズの話。
タイトルでお分かりのようにS-Works6 Shoesについて。

まず、私の足の話をしましょう。こちらのページの基準に照らしあわせて見てみると私の足はBタイプということになります。うん、日本人にしては結構細目です。実際シマノのシューズなんか試着するとワイドじゃないやつでも横幅がぶかぶかです。

因みにBONTは恐らくCタイプくらいじゃないかと思います。多分ね。
なのでちょっと横幅が余ります。前にも書いたように熱成型は拡げることは比較的容易でも縮めることは難しいのです。ですので私の場合Vaypor-Sは標準のやつより細身のNarrowタイプを使ってます。でも土踏まずのあたりはまだぶかぶかな感じなんですよね。

そういう意味では前作のS-Worksシューズ、(とりあえずS-Works6 Shoesと比較しやすいように
S-Works5と表記しましょうか)はかなりのフィット感でした。ソールが硬すぎるように感じるのと
ヒール部分のホールド感に若干不満はあったものの悪くないシューズでした。
ソールの硬すぎについては実はシューズの問題だけではなかったんですけどね。

ちょっと話は脱線しますが、今ペダルはDuraAceのペダルを使っています。
最初はサイクルモードでシマノのシューズを借りてシマノの105のペダルだったかな?を使って
試乗する機会があったのですが、シューズの幅がぶかぶかだったですが、なんかいいじゃんと思ったのがきっかけでした。で、Lookのペダルを買ってみたらこれがなかなかいい。スピードプレイよりも
明らかにトルクの伝達効率がいいという感じで、これを使ったらS-Works5とスピードプレイのペダルの組み合わせでは点で踏んでいるような感覚です。
BONTとスピードプレイの組み合わせではまだましなんですけどね。
カタログ上ではスピードプレイのペダルが一番シューズとの接地面積は大きいんですが、ペダルはやはり横幅方向の接地面積の方が大事だなと思いいたった訳です。
なんでLookにしたかというとペダルとクリートの両方では軽量であること。スピードプレイはクリートが重い上に金属むき出しのクリートだと歩きにくいのでカバーをつけるかウォーカブルタイプのクリートにするとさらに重くなるんですよ。
あと、スタックハイトが比較的低い。そしてエアロ効果の多少期待できそうだったからです。

で、Lookのペダルが良かったので、SuperSixEvoのペダルもスピードプレイから変えちゃおうと思い
まして最初もう一個Lookのペダルをと思いましたが、高いのと同じのじゃ面白くないってことで
DuraAceのペダルにしたんですね。
そしたらね、もうこれがいいんですよ。剛性感が一番高い。いや、前から思ってたんですけど、
通勤車はフラペにスニーカーなんですが、底(ソール)の柔らかいスニーカーですらフラペの方が力がかけやすい気がしてたんです。LookやDuraのペダルはその感覚に近いかそれ以上なんですよね。
Duraの方が剛性感があって私は好きなんですが、Lookも悪くありません。

まぁ、まだ細かい点では色々ありますが、ペダルの話はまたいつか忘れなければ。

KIMG0347.jpg 
ともかく、DuraAceのペダルとS-Works6の組み合わせだとソールが硬すぎだぜっていう感覚は余りなく足の裏全体で力をかけられる印象です。

色はレッド、レッドと言っても朱色というほうが近い気がします。ホワイトもかなり良かったのですが、ここはやはり当初の予定通りレッドにしました。

重量はインソールなしで比較するとS-Works5に比べ5g~10gくらい軽くなっています。
BONT Vapor Sと比べても10g~15gくらい軽量。インソールなし41サイズで片側200g未満です。

フィット感は正直S-Works5の方が上です。柔らかく包みこむ感じに対してやはりS-Works6 Shoesの方はアッパーが硬く感じます。

踵のホールド感については確かによくなっています。が、まだ物足りないですね。私かなり踵が細目
なのかもっとホールド感が欲しい。ただ、S-Works6 Shoesを使っている方のブログ等を見ると痛いという人もいるようなのでこのあたりは人によるんでしょうね。
しかもとってつけたようなでっぱり感みたいなものの感触はあり不自然なフィット感。
少なくともこの点はVapor Sの方が上です。

それから履きにくい。足首側のワイヤーを一度外してからでないと履けません。Vapor Sも決して履きやすいシューズではないのですが、S-Works6 に比べればずっとましです。

KIMG0306.jpg 
そして一番の問題が足の甲が痛くなる。あるいはなりやすいことですね。
アッパーの素材が伸縮しない素材に変わったせいなのかどうかは分かりませんが、100km以上走ると足の甲が痛くなります。血流をとめられちゃう感じでダイヤルをかなり緩めにしないと駄目です。
今後このあたりはシマノやフィジークのようにラップするタイプに変わるんじゃないでしょうか?
少なくとも200kmくらい走りそうな時はこのシューズは履きません。

インソールを薄手のものにすれば多少ましなんですけどね。いま使っているのはSolestarの一番薄手のコントロールブラックというやつなんですが、つま先部分は確かに薄いのですが、土踏まずのとこや踵の部分はそこそこ厚みがあるのでそのせいもあるかもしれません。

とまぁ、総合的にみるとぶっちゃけBONT Vapor Sの方がいいです。
さらに言っちゃうとS-Works5との比較でもS-Works5の方がいいです。
ただね。やっぱりカッコいいんですよ。このシューズを履くとテンションがあがるんですよね。

上がるといえば体重計の跳ね上がり方もすごくて。
ここのところだいたい67~68kg、体脂肪率16~19%とまぁ間違ってもクライマーとは言えない
体重ですね。
それでも前回触れたKaburi峠というセグメントで24秒縮めて13:02で第3位、梨花CCで5秒だけ縮めて7:57で第4位と順調にタイムはよくなっています。

まぁ、ホイールとペダル変更の効果が大きいかなと思います。

白石峠の順位も下がりつつあるのでそろそろと思っていたのですが、どうもスプロケが駄目になった
ようでインナーでトルクをかけると滑る?歯飛びする?感じに。ここのところちょっとそれらしき症状が現れてきていたのですが、ついに駄目になったようで白石の麓までいって諦めました。
インナーが使えないのとアウターでもダンシングでトルクをかけると駄目なのでアウター、シッティング縛りで登れそうな松郷峠を攻めてみました。5:06で第7位という結果に。
この峠は通ることはあってもTTは初めてでした。
それにしても一年たつかたたないかで駄目になるとは。Duraのスプロケは噂通り減りが激しいですね。見た目は問題なさそうなんですが。

それはともかく、白石峠挑戦はこの体重ではさすがに厳しいとは思います。なんとか痩せないと。
今年の目標は白石22分台。どんどん順位は下がっていてトップの方はなんと20分台で登ってしまうというね。驚異のタイムです。

まぁ、白石でもヤビツでもTTをやったほとんどの峠で45歳以上に限ってみれば1位なのが救いといえば救いかと。若いもんにはまだまだ負けねぇとか言えるといいんだけどさすがに50歳ともなるとねぇ。
35歳くらいからホントに体力落ちていくのを痛感してます。体の衰えと体重の増加をいかに機材で補うか。うん、もう補うもんねぇよって感じなんですが。。
神頼み?もうとっくにしてますよ。

KIMG0423.jpg 
仕方ない、モーターでも仕込むか(笑)

スポンサーサイト


プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR