全1ページ
このページのリスト
2016.05.12   カテゴリ:《 未分類 》
  BONTRAGER BALLISTA

2016.05.12     カテゴリー :   未分類

BONTRAGER BALLISTA

さて、ようやくBallistaのレビューです。コーヒーのバリスタとは全く関係ないらしいのですが、
バリスタと言うとやっぱりまず真っ先に思い浮かべるのはエスプレッソだったり。。
KIMG0320.jpg 
ともかくですね。これね、空力はいいですね。
ここ最近くらいの暖かさだと分からない、というよりエアロ性能は真冬とか寒い季節じゃないと
正直なかなかわかりません。ある意味唯一分かったのはエアロワンピースくらいかな?
それだけエアロワンピースの効果がすごいってことですね。

で、このBontrager Ballistaなんですが、寒い時期だと明らかにKask Protoneより頭周りの
空気の流れが滑らかです。
この記事を見て平均速度があがったというのを見て噓くせぇとかって思ってたんですが、普段から
エアロヘルメットかぶっている私でさえ効果を感じるのだから非エアロヘルメットからの換装だと
あながち・・・なのかも。

エアフローも悪くありません。確かに低速でも結構空気が入ってきますので一般的なヘルメットと
比較しても悪くはありません。ただしが付きますが。
KIMG0484.jpg 
こっからは悪口大会。

まずは重量。やはりちょっと重い。私のは実測重量で264gもありました。塗装は黒系の方が軽いことが多いのとTrekと書いてあるのがあまりにはっきりわかるので黒にしたのですが、失敗しました。
白の方がよかったなとちょっと後悔してます。

次に見た目。まっすぐ前から見ると原チャリに乗ってるあんちゃんの半ヘルのごときまんまるの
シルエット。前回のS-Works6 Shoesの2枚目の写真のシルエットがこのバリスタのものです。

それからやっぱり普通のヘルメットの方が涼しい。
確かにね、前から風はよく入ってくるのである程度の速度で走っていれば穴の少なさから想像できないほどに涼しいんですよ。でもね。やっぱり横からの風とかもあるじゃないですか?
今くらいの時期だとその横からの風でも結構冷やされるんですよね。ましてや登りともなるとね。
なのでやっぱりなんだかんだで総合的には普通に横にも穴のあいているヘルメットの方が涼しいと
言えます。

まぁ、でもこのエアロ性能の良さからすると俄然、Madone9のエアロ性能にも期待できそうです。
ちょっと一度試乗してみねば。。。いやでももうすぐ新しいバ  おっといけないネタばれしてしまいそうに(笑)

さて、相変わらず体重が減る気配が全くないまま、今年初の白石峠TTにいったのです。
最初からあまりやる気がなくて(笑)臨んだ白石TTでしたが、湧き水地点で10分30秒くらいかかってしまった(ベストの時より20秒くらい遅い)時点でこりゃ駄目だと逆に開き直った訳です。そこからもうタイムを気にせずとにかくいけるとこまでいきました。
結果は23:39とベストから1秒落ち。最初から狙っていけば恐らく更新できたかなと。
ヒルクライム計算の推定パワーは326w、ものすごくおおざっぱにみてFTP310Wくらいですかね。
まぁ体重が67.5kgほどあるので喜べませんけどね(泣)

まぁ、でも3kg以上体重増えたのにタイムが落ちてないというのはいい兆候。
で、こないだ久しぶりに定峰の方に行ってきました。
ここは最初から狙った結果13:04
画像2 
20秒以上更新。元乗鞍や赤城山チャンピオンの方と同タイム。
推定パワーは338wくらい。
おおっ!と思ったけど、白石峠のタイム差からすると向こうはそこまで本気で踏んでいないか
斜度が5%と緩い分エアロ効果があったのかも?時速20km/hくらいからエアロ効果ってあるよう
な気がしてます。

おかげさまで、まぁ、でもなんだ、別に痩せなくてもいいじゃん(笑)
とかついつい寝る前に食べてしまうのでした。いや、せめて62kgくらいまでは落としたい。
20代前半の頃特にダイエット(運動もだけど)しなくても57kg~58kgくらいだったことを
思えば全然無理な体重ではないんですけどね。
うーん、今年は体重との闘いになりそう。

体重増えてもタイムが落ちないのは私の体力があがったというより一つは機材効果。
これは前回も書いたようにペダルとホイールの効果が大きいと思います。
それからもう一つはポジションですかね。

実は昨年の9月頃からいろいろ試してました。センチ単位でサドルの前後位置をほぼ一番後ろ乗りからほぼ一番前乗り、ハンドルの高さ、サドルの高さも720mm~735mmまで。
すぐに結果が出るかわからないので明らかに駄目だという場合を除いて半月からひと月ごとにポジションを変えました。
でも結局はオーソドックスなポジションに落ち着きました。サドルの高さは股下×0875くらい
サドル前後位置は膝の皿の窪みがペダルのシャフトの真上になるように。
若干違うのはクリート位置が母指球と小指球の間を結んだ線から1mmか2mm後ろなのと
SB値?サドル先端からブラケットの根元までの距離が若干短いことくらい。
ステムのライズも10度から7度のものにし、コラムスペーサーを5mm入れて少し高めに戻しました。

まぁ、でも別に痩せなくてもというのはちょとだけ本音も入ってたり。
平地はね。やはりパワーがあればあるほどいいんですよね。明らかに平地では昨年より走れてる気がします。
いやこんだけ体重があるのとFTP310Wあるなら意外とTTバイク買った方がいいのかもと思ったり。
いやいやいやもうすでに新しいバイ   っとまたネタばれしそうに(笑)




スポンサーサイト


プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR