FC2ブログ
 全1ページ
このページのリスト
2019.04.19   カテゴリ:《 未分類 》
  S-Works Venge

2019.04.19     カテゴリー :   未分類

S-Works Venge

パリ~ルーベでスペシャがTOP10中5台って、チーム力があるとは言え圧倒的ですね。
ルーベの最高のデビューウィン!
私?もちろん買いません。次期Tarmacを見てからにします。というかそろそろTrekが凄いの出してくれないかな?私、別にスペシャ信者じゃないので。
よく車でホンダしかTOYOTAしか買わないとかいう人がいるじゃないですか?
どうもそういう感覚わからないんですよね。特に国産車の場合。モデルによって乗り味が全然違う
んですよね。同じメーカーでどうしてこうも違うのか?と不思議なんですが。
乗り味がそろってるのはTOYOTAくらいかな?悪い意味ka;oeiわ9・・・・。おっとこれ以上は放送コードに・・・。
IMG-2844.jpg 
という訳でやっときました。S-Works Vengeです。
あれ?VENGE PROって言ってなかったっけ?とお思いの皆様、申し訳ありません。
途中でVENGE PROからS-Works Vengeに変更してもらいました。

いや、今でもブラックカラーのフレームであればVENGE PROにしたと思います。
正直S-Worksのロゴに何の魅力も感じない私としてはVENGE PROのグラフィックの方が好みでしたから。
ただねぇ、ある日ショップのHPを見ていたらS-Worksのバトルシップカラーのフレームセット入荷の案内があったのです。
このフレームの色いいなぁ。これはこれでいいけどロゴのカラーがもうちっと大人しめの色ならなぁと
思ったのです。で、あれ?このお店ロゴのステッカーチューンやってたよね?と思い調べたらありました。
そうなるとこれはもう行くしかないなと・・・。
コスパは悪いけどやはり好みのカラーの方がいいよねと思いオーダー変更したいとのメールをしました。VENGE PROは人気があるので問題はないんですが・・・と。

残念ながら既に予約済でした。まぁ仕方ないなと思い予定通りVENGE PROを待つことにしたのですが、ショップの方からもしかしたらもう一本なんとかなるかもということで頑張っていただきまして無事予約することができた次第。

で、2/1にはショップに入荷していたんですがここからが長かった。
フレームのステッカーチューンの場合、フレームの年式・サイズ・個体差などにより一本、一本ロゴを作成する必要があるんです。そのため一度ステッカー屋さんの方にフレームを預けることになるんです。
今混んでいるのでお時間かかりますよとショップの方から言われたのですが、ひと月もあれば大丈夫だろうとお願いしました。

ステッカーのイメージはこちらのサイトでシュミレーション。
今時のエアロロードはどれも形が似てますからね。
落ち着いた色のチェレステも捨てがたかった。

結果約2カ月半近くかかったという訳です。そんなこんなで恐らく日本に一台しかないオリジナルカラーのS-Works Vengeがやってきました。実物見ると少し青みがかったグレーが実にいいですね。

IMG-2896.jpg 

概要

ペダル、ボトルケージ、サイコン用マウント、前後ライト用マウント込みで
7.32kgとなりました。まぁその気になれば7kgくらいまでは持っていけそうですね。
カッコいいのでステムは12度の方に。6度のステムであればコラムスペーサーも減らせてコラムも
切れるので軽量化にもつながるし剛性面でも有利なんですが、なんせカッコいいので(大事なことなので・・)(笑)
エアロロードのごついステム周りだと多少コラムスペーサーが入ってもカッコ悪くなりにくいんですよね。
それと、この方があとからポジション変更の自由度が増すとポジティブに考えることにしましょう。

フレーム54サイズ
VENGEステム110mm
ハンドルAeroFly2 400mm
ホイールCLX50 Disc
STI、前後ディレイラー、スプロケ(11-30)はアルテグラ
前後ブレーキ、チェーン、クランクはDura Ace 172.5mm52-36T
前後ローター(140mm)はXTR(前後で約28gの軽量化)
タイヤはコンチのGP5000 25C
チュープはTubolite S-Turbo60mm(実測22.1gと22.3gでした)
サドル Sella ItaliaのSP-01(実測173.5gでした)
ボトルケージTNI LW17 Ⅰ(実測12.4gと12.5gでした)
シャドウディレイラー用ダイレクトマウントハンガー(10.9gの軽量化)
ペダル(型パワーメーター)Assioma Duo(実測153.1gと152.3gでした)

ですのでペダルなしだと7.01kgといったところですかね。
ディスクローターはぶっちゃけDuraの方がいいかもしれません。ただ私の環境だとブレーキをかけまくるようなコースは皆無に近いのでより軽いXTRにしただけです。

まぁVENGEのインプレはもういまさらなのとフレームだけでなくホイール、タイヤ、チューブまで変わってしまってインプレどころじゃないという感じなのでざっくりな感想だけ。

1.エアロ効果
最初に乗るとやはり「おおっ!」となりますね。Tarmac SL6と比べても違う。
明らかに股下の空気の流れがスムーズ。
ただ、ホイールをRoval CLX50に統一して(Tarmacは現在BORA One35)VENGEのハンドルを
ノーマルハンドルにしてTarmacをエアロハンドルにして乗り比べたら結構いい勝負かもという感じ。まぁ全くのドノーマルなロードバイクから乗り換えたら全然違うという感想になると思います。

多少の向い風でTarmac SL6だと300W超えないと40km/h維持できないようなシチュエーションで
もVENGEだと260W~280Wくらいで維持できます。
追記:これは世界最速?エアロスーツEndura Drag 2 Zeroの効果もあると思います。

2.剛性感
TarmacSL6のとこでも少し触れましたが素材は硬いけどチューブを細くしてしならせるTarmacと
素材は柔らかいけどチューブを太くしてしなりにくくすることで剛性をだしているVENGEという
感じですかね。トータルでの剛性感という点では似たようなものかもしれません。

が踏み心地は結構違いますね。脚への反発はVENGEの方が少ない感じです。
ちょっと昔試乗したDOGMA2っぽい感じもなくもないというとこでしょうか?
今のDOGMA F系とはかなり違う乗り味ですけど。

3.乗り心地
意外に悪くないんですよね。ただ試乗の時より良く感じるのでサドル(Sella ItaliaのSP-01)
とかタイヤ(GP5000)が効いているかもしれませんね。
それでも振動があとに引く感じがTarmac SL6より少ないのは明らかです。

ただ、フォーク先端やリアエンドは明らかに硬い(よく言えばしっかりとしている)感じはします。
慣れが必要。ただし、その分下りでの安定感やコーナーリングはいいですね。

4.ホイール
これねぇ。チューブだけで50g近く軽量化(Tarmac SL6はミシュランラテックス)されているので
反則ですね。漕ぎ出しや加速感がBORA35に引けをとらない。
ホイールの外周部の軽量化は本当に効くんですよね。例えばタイヤもたいして転がり抵抗が変わらないはずのGP4000RSとGrandPrixTTだとフィーリングはもう全然GrandPrixTTの方がいいんですよね。

ですのでタイヤとチューブを同じものに揃えたらまた印象がかなり変わると思います。
ホイールのステッカーチューンを悩みつつも断念したのも重くなるのがいやだったからです。
やれば絶対カッコよくなったと思いますけど。

ただ、やはりね横風にはあおられます。ディスクでスポーク本数が多いせいかはたまたディスクで
ローターがあるからか分かりませんがやっぱり35mmと比べると横風に弱いのは確かです。

5.登り
まぁ意外にいけるといえばいけるんですが、7~9%を超える斜度だとやっぱりTarmac SL6ですね。
急に重く感じて最初はリアタイヤがパンクしたのかと思って思わず止まって確かめたくらい。
ただし斜度が緩いところである程度スピードを出せるとこでは逆に軽く感じるのでそこはやはりケースバイケースかなと。
ダンシングでは力が逃げにくい感じのVENGEと振りの軽いTarmac SL6という印象です。

とはいえやはり登りは基本Tarmac SL6です。

6.ディスクブレーキ
まぁかない以前にも書きましたが油圧ディスクって最廉価グレードのものでもDuraのリムブレーキより圧倒的に制動能力という点で上なんですよね。リムも制動力という点ではそこそこのところまで
もっていけるんですが、そのためにはブレーキシューのメンテ、センタリング、ワイヤーのメンテ等
相当手間をかけないといけないんですよね。

それでもブレーキの引きの軽さとか制動力の立ち上がりの速さ等はディスクにはかないません。
正直ブレーキに関しては次元が違うとしか言いようがないんですね。

デメリットとしてはやはり重い。ロードの魅力の一つである軽さを犠牲にするのはどうなのよという気がしなくもないんですが、力のない人(子供とか女性とか私のような爺に近いおっさんとか)には
やはりこの軽い力でいつでも(雨とかね)ちゃんと止まるのは安心感が違います。

低重心で安定感もあるし個人的にはこのままE-Bike化してくれないかなと思います。
平坦はエアロで登りはモーターで楽ができたら最高なんですけどね。
もう私みたいなおっさんはE-Bikeで十分なんですよ。

IMG-2857.jpg 




スポンサーサイト





プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR