FC2ブログ
 全1ページ
このページのリスト
2019.11.16   カテゴリ:《 未分類 》
  GP5000TL パンク祭り & おすすめライト

2019.11.16     カテゴリー :   未分類

GP5000TL パンク祭り & おすすめライト

ツールド沖縄でスペシャのVENGE勝ちまくりですね。さもありなんという気もします。
来年発売であろうTarmacはどうなるのか?気になるところ
いまのところプロトタイプの見た目だけだと買いたいというほどの気持ちはないんですけど。
むしろキャノンデールのSuperSixのE-Bikeが欲しい。スペシャのE-Bikeよりもかっこいい(個人の感想です)
IMG-3843.jpg
それにしても市民210kmの高岡選手ライバル選手にとってはやっかいですね。数年前まではエアロなんて気にもしてない感じだったのにエアロスーツにエアロヘルメット、エアロフレームにホイールおまけにエアロソックス?に
シューズカバーまで。
ただでさえ強いのにライバル選手はつけいる隙がさらになくなりましたね。
他のレースでシューズはExos履いてたけど今回の沖縄では何履いてたんだろう?
Exosだとしたらあのシューズのソールの柔らかさは脚を残すのにも貢献したんじゃないでしょうか?

前回の写真に一部がちらっと写っているのに気付いた方はいないと思いますが実は私も3カ月ほど前にExosにシューズを変えました。やはり紐は私には合わないようです。ExosとExos99の違いはやはりBOAなんですがExosの方がタンの部分に厚めのクッションが入っていてBOAダイヤル一つでも緩みにくいですね。サイズは39.5まで落としたのでインソールなしだと実測120g前後とやはり軽いですね。
ただ履くのが超大変足をいれるところが狭いので毎回結構苦労して履いてます。履いてしまえばなんのストレスもないんですけど。

話を戻しましょう。GP5000TLですがこのひと月で3回パンクしました。
一度目は針金?みたいなものが刺さり抜けないまま自宅まで空気をもらしながら帰りました。
二度目は何を踏んだのかわかりませんがたいした穴でもないんですがシーラントでふさがらずチューブを入れて帰宅。
IMG-4075.jpg
三度目も何をふんだのか分かりませんがシーラントで穴がふさがりました。ただ60cc入れたので止まったようなもので漏らしたシーラントの量からして30ccだと止まらなかったかもしれません
シーラントはNo Tubeのシーラントなんですが、効果は今一つのような気がします。さらに穴をふさぐ能力の高いNo Tube Raceシーラントの方がいいかもしれません。

それにしても最初1000kmくらいは全く問題なかったのにこのひと月で三回とは!
GP5000CLはパンクなしで寿命まで使えたのにという感じです。
ただもしかしたら度重なる台風や大雨で路面に小石をはじめ障害物が多かったのでその影響もあったのかもしれません。いずれにせよ次は別のタイヤにしてみたいと考えているのですが。
房総はいまだほとんど車が通らない道だ唐突に下の写真のような有様になっていたりしますからね。
IMG-4126.jpg

期待のミシュラン新型チューブレスはどうも最初の220g前後というのは誤報だったようで250g~260g前後とのことです。ハッチンソン?ユッチンソン?やシュワルベも気になるところですがおそらくスペシャのRapid Airになりそうです。
それからこのパンク祭りで考えさせられました。予備チューブ一本しか持っていかないのですが、チューブレスでパンクすると2度目がないんですよね。
後輪がパンクしてチューブを使ってしまってその後前輪がパンクしてシーラントで塞がらなかったらジ・エンドな訳です。普通のクリンチャーであれば一度パンクしてチューブを交換したらチューブが破裂でもしてない限りそれを直してあるいはタイヤの中に入っているチューブを修理してということもできます。
そう考えるとパンクに関して言えばチューブレスというのはまさにチューブラーとクリンチャーの中間的な存在であると言えます。パンクしてもシーラントで塞がる可能性がある分チューブラーよりもましなのかなと。またパンクしてもクリンチャーより空気の抜けが遅いことが多く安全性も高いなというのも改めて感じました。

さて話は変わっておすすめの小物ですがまずは
KnogのCobberというフロントライト。と言ってもこれはメインライトには非力です。
70ルーメンで1.5hしかもちませんから。
基本デイライトとして使ってます。丁度Garminのマウントの下のCATEYEのライトのマウントのところにピッタリなんですね。
IMG-4136.jpg

この下に猫目のライト(VOLT800)をつけて併用もできます。重量はマウント含め22.9gで
330度方向から視認されます。一番メインで使うFlashモードで10時間、光量は落ちますがEco Flashモードなら60時間使えます。
似たようなライトにFabric LUMARAYというのがありますがこちらはおすすめしません
以前使った時にちょっとした段差で爪が折れてGarminが吹っ飛びかけました。幸いストラップをGarminにつけていたので大丈夫でしたけど。おそらくCobberの方が形状からしてエアロですし視認性、使用時間等も上だと思います。欠点は見た目がLUMARAYほどすっきりとして見えないというところでしょうか?

ホントはウェア等のおすすめも書きたかったんですが、面倒になってきました。
という訳でまた次回・・・あるのか?(笑)

スポンサーサイト





プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR