2015.10.30     カテゴリー :   パーツ

Go More!! 再び沼へ

というわけで、前回からの続きです。あらかじめ言っておくと前回問題が発生したと書きましたが、ハンドル自体には特に問題が生じた訳ではありません。

で、本題に入る前に気になるものがあったんですよ。

gomore_img.png

GOMOREスタミナセンサー

詳しくはリンク先を見ていただくとして(いつも通りの手抜きっぷり)
これすごくないですか??

私的には下手なパワーメーターよりよっぽど役に立つんじゃない?と思っているのですが。。
血中乳酸値を予測することで、どのくらいスタミナが残っているか知らせてくれるってものです。
例えば峠(まぁレースでもTTでもブルべでもロングライドでもなんでもいいんですが)で走る時にこれ使えばだいたい行程の半分のところでスタミナ60%になるように走れば最後の追い込みを考えるとちょうどいいかなとかわかるわけです。もちろん後半斜度が高くなるとか緩くなる峠とかだとまた違ってくるわけですが。まぁ、ヤビツ峠(コンビニスタート)なんかだと5km地点でスタミナ60%だとちょうどいいペースってことに
なるのかな?と。5Kmの時点でスタミナが60%まで減ってなければ追い込みが足りない、逆に4km地点で60%になったのであれば
オーバーペースとなるわけです。

スマホと連動させる必要があるんですが、スマホを見なくても残存スタミナが60%、30%、0%の時点でセンサーが振動して知らせてくれるんです。逆に回復したのもわかるというね。
肝心の精度なんですが、最初に15分以上の全力走を行うことでキャリブレーションするのと使っているうちに自動でキャリブレーションもしてくれるので、精度も上がっていくというのでどっかのあまりあてにならないといわれるPowerCalよりはずっと精度がよさそう。恐らくアルゴリズム自体はアプリの方にあるのでアプリがアップデートされた場合により精度が高まる可能性もあります。

もちろん峠TTやレースなどだけではなくロングライドやブルべなんかでもスタミナの残が30%なってまだまだ走らなきゃならないなんて時にはペースを落として、あるいは休めばスタミナの復活具合もアプリでわかるので無理なく走り続けるなんてことが可能な
訳です。ただし、バッテリが24時間しか持たないので24時間以上走り続けるブルべなんかだと途中で充電が必要になりますね。

気になる点がいくつかあるのですが、スマホに要求されるスペックが比較的高め。
FAQによるとGoMoreは iOS 8 以降、Android 4.4以降 に対応、なおかつBluetooth Low Energy(BLE)のみをサポートとなっているのでちょっと古いスマホだとただの心拍計としてしか使えません。
幸い私先々月にスマホを機種変したばかりだったのでスペックを満たしております。というかこれキックスターターで見たときにええなぁと思いながらもスマホがスペックを満たしていなかったので見送ってそのまま忘れてたんですよね。

あともう一つ気になったのが、例えば前日にハードなトレーニング等をして疲れが翌日以降も残っている場合と前日まるまる休んでいて体がフレッシュな場合とでは当然コンディションが違う訳です。当日峠TTをするとしたら前日ハードなトレーニングをやった場合だとスタミナの減りが早いはずですよね?また先ほど書いたように24時間以上のブルべで途中センサーを外して充電した場合など
そのあたりも加味したアルゴリズムなのかどうか?

という訳で発売元のホームページから質問してみました。で、かえってきた答えを要約するとですね。
疲労だけでなく回復の監視も行うアルゴリズムからそのあたりも問題ないというお答え。
ただ、筋肉繊維が傷ついたかどうかまではわからない(当然ですよね)のであくまで心拍から回復期のT-Wave(T波)がなんちゃらかんちゃらってことで筋肉痛になるほどの追い込みのあとだと若干ぶれる可能性はあるけどねってことでした。

というわけで早速ポチってみました。
まぁこれ書いてる時点でまだ手元にないので使用レビューはまだ先、私のブログ更新ペースを加味すると下手すりゃ来年?
ですけどね。(おいっ!)
DSC00193 -1

さて、ようやく本題です。
前回ハンドル交換後からどうにもパワーが上がらなかったんですよ。まぁ真夏だったので暑さでそもそもパフォーマンスが落ちるのは当然ってことであまり気にしてなかったんですが、涼しくなってきてもいまいちな感じで峠にいっても推定280w~290wしか出ません。しかも徐々に落ちていってる。
気分的にはもうオフシーズンなのでまぁいいんですが。お前の場合年中オフだろ!?と心の声が・・・
なんかペダリングも以前と変わってきているようなと感じたわけです。でも特に何も変えていない。唯一変更したのはハンドルだけ。
そこで改めてSuperSixEvoに乗ってみると明らかにポジションからくるフォームが違う。
前回書いたようにハンドル交換でカタログスペック以上に実際のリーチが短く感覚的に8mmくらいハンドルが近い感じだったんですよね。そうすると背中が曲がってしまうんですね。あくまで私の場合ですが、基本的に背中を曲げないで走る方がいい感じなのです。
で、早速110mmのステムから120mmのステムに変更です。同じENVEのステムにしようかと思ったんですが、値段が上がっていて
3万以上。さすがに高すぎと思ったのとやはりライズをもう少し下げた方がカッコいいのでDEDA ZERO100の120mmを買ってみたのです。早速付け替えて乗ってみました。ZERO100ステムは2014アルミを使ったステムでこちらのレビューを見ても剛性は問題なさそうと思ったんですがががが。。。。

なんだよ!剛性あんまし高くねーじゃん!という感じ。まぁ同じDEDAのスーパーレジェーラやOne by Esuの77ステムよりは剛性はあります。ENVEのステムのちょっと下くらい。シマノのVibe7sステムには遠く及びません。
なのでこりゃ駄目だっていうほどの剛性の低さではありません。誤解のないよう書いておくと恐らく100mm~110mmくらいであれば文句もなかったと思います。逆に剛性が高すぎないので乗り心地は悪くない。シマノのVibe7sステムで荒れた路面だと電動ドリルで穴掘ってるんかい?くらいの衝撃がきますが、このステムならENVEとあまり変わらないくらいの乗り心地です。
ただねぇ。長いステムの宿命とも言えますが、ちょっと大きな段差等でたわむのがわかるんですよね。
でもハンドルまでの距離はこちらの方が明らかにしっくりきます。
ああ、再びのステム沼。

ふと思いだしたのは通勤用クロスバイク用に買ったシマノのProPLTステム。面倒で何かと忙しくてまだ交換していなかったのがあったのです。
ただ、長さが130mmライズも-10度なんですが、とりあえずつけてみました。するとですねさすがにハンドルがちょい遠い感じはありますが、乗れないこともない。
早速走ってみるとですね、DEDAよりもちょい剛性が高い。さすがシマノ。素材はDEDAと同じ2014アルミなんですけどね。
改めて同じ素材でも剛性は変わるもんだと再認識。恐らく多角形状とハンドルのクランプがDEDAより幅広いのが効いてるのかなと。まぁ、見た目もさすがシマノ。見事にダサい。速攻マットブラックで塗ってやりましたが。
さすがにライズは下がってステムが地面と平行に近付いた分の見た目は良くなってます。ハンドル落差が約9.5cmとちょいきつい
けど。ほぼ50のおっさんですからねぇ。下ハン巡行1時間くらいが限界かも。
ともあれちょい剛性があがった分、乗り心地も若干悪くなりましたが、充分許容範囲。

ですが、やはり130mmの長さが災いしてかちょい大きな衝撃が入るとやはりたわみます。
むぅ。どうしたものか。。。130mmもの長さであればProVibe7sでももう少し乗り心地がいいのか。でもあの硬さはなぁ。。。
ということで再びステム沼に足を突っ込んでしまったわけです。

ポジションの変化に伴うペダリングについてはやっと元の感触を思い出しました。負荷が高いとペダリングの感触も糞もなくなるので2週間以上平地オンリー。とにかくペダリングに集中して走りました。どうも依然と比べて腰が曲がった分、大殿筋やハムが使いづらく股関節を使ったペダリングから膝を使ったペダリングになりかけていたみたい。
また今のポジションの方がわかりづらいんですが恐らく腸腰筋も使えているような気がします。
まぁパワーの方も少しづつですが、上昇傾向にあるので問題ないでしょう。
というわけでポジション恐るべし。

な話でした。SolestarのインソールだとかペダルをSpeedPlayからLookに変えた話とか輪行できるようになったよとかRaphaのクラブ
ライドに参加したよとか(自転車は持って行かなかったけど)九州行ったよとかあれやこれやネタがあるのに腐りつつある今日このごろでした  まる!

DSC00344 -1

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR