2016.09.24     カテゴリー :   未分類

S-Works Power VS S-Works Romin Evo そしてお手軽空力チューン?の実験募集

今回は製品の写真なし。面倒なんで(おいっ!)
なので公式からひっぱってきた写真で。

139400.jpg S-Works Power

ことは走るほどに調子がよくなり白石峠で22分19秒でベストを更新した6月頃の話に
なります。

まぁ、特に不満もなかったんですが、あちこちでスペシャのPowerサドルがいいぞって話を見たり
聞いたりするうちに興味がわいて買ってみたんです。
で交換したのですが、そのままヤビツのベストも更新してしまえってことでヤビツに行ったわけです。

結果はコンビニスタートで28:59
名古木スタート換算では32分40秒くらいですし推定パワーからすると5w/kg以上でまぁ富士ヒル
でもゴールドも狙えるであろうくらいのタイムは出たんです。

しかし、白石を1分以上更新してヤビツで30秒も更新できない。しかも推定パワーもいまいち。
翌週ちょっとセッティングを変えて再度挑戦しても28:57とほぼ変わらず。

こりゃいかんとセッティングをいじり始めたのがドツボにはまりました。
まぁ走るごとにひどくなる。クリート位置もいじったりしてどんどん悪い方向へ。

結局ひと月以上あれこれやってみましたが、諦めました。そのうちRacing Zero Carbon  買ったりしてで、結局Powerは売り払って新しくでたS-Works Romin Evoにしたのが前回書いた
Kaburiという黒山三滝の入り口から左に曲がってグリーンラインに登るセグメントでのタイムです。
さんざんいろいろやってやっと出した12:46というタイムをサドルを変えただけで12:32とあっさり
更新。
結局、一番調子のよかった時期を無駄にしてしまったわけです。

いや、Powerサドルに変えた直後はこれはいいと思ったんです。乗り心地いいし、尻をしっかりサポートしてくれるし、文句ないなと。

163870.jpg S-Works Romin Evo

Rominはどちらかというと主に恥骨に荷重がかかって坐骨は補助的にサポートしてくれる感じなのに対しPowerは主に座骨に荷重がかって恥骨は補助という感じ。
それがよくなかったのかもしれません。Rominに変えるとというか戻すとほんの少しだけですが、脚がまわしやすく感じました。

あるいはベースのしなりが問題だったのかもしれません。S-Works Powerはベースのしなりがかなり大きいので。対してRominはあまりしなりません。その関係もあって乗り心地はPowerの方がずっと
いいです。Rominも新型Evoになってパッドの量が少しだけ増えているんですが、乗り心地が旧Rominから大きく変わったかと聞かれると衝撃や振動の角がちょっとだけまるくなった程度です。

因みに旧S-Works Rominと新型のS-Works Romin Evoだと新型の方が回しやすく感じます。
あと軽いのがいいですね。143mm幅のもので実測134.8gと軽量。

まぁサドルばかりは人によって感じ方が大きく違うパーツなのであくまで私の場合はです。
サドルのインプレなんて人様のを見ても実際乗ってみないとわかりません。

というか今回乗ってすごくよく感じたサドルが必ずしも速く走れるとは限らない、そして下手にフレームやホイールを変更するより重要かもしれないということがわかりました。
しかし難しいですね。こりゃ駄目だというサドルがもしかしたら最速で走れるサドルかもしれない
わけです。沼も沼、底なしもいいとこです。

ちょっと以前試したMorgawのサドルがまた気になってきました。もう少し、幅の広い横からみてウェイブした形状のものを出してくれないかなぁ。

さて、次の話題というか今回の本題。
こちらのニュースをご存じでしょうか?最近ちょっと話題になりましたね。
市販のアルミテープで空力が良くなるというお話なんですが、これをロードバイクにも応用できないかと考えたのが今回の話。

実は、この話自体は昨年の夏くらいには知っていてトヨタのノアやボクシーにアルミテープが貼られていてそれで空力が良くなるということでした。

アルミテープを車体に貼るだけで空力が良くなるなんてうさんくさいにもほどがありすぎだろ?
と思ったのですが、それをトヨタがやっているというのです。

まぁ、考えてみれば掃除機なんか結構本体やホースが帯電してほこりとかくっつきますよね?
あれは電気的な部分の問題かと思ったけど、ホースの中を空気が流れることで帯電しているということなのかもしれません。

そうであれば今回のトヨタのアルミテープの話もまぁいちがいには否定できないかなと。
ん?であれば、掃除機にアルミテープをつけることで埃が付きにくくなるのかな?
今度一週間くらい掃除しないで部屋の空気清浄器をしばらく切ってやってみようかな。
家族には顰蹙かいそうだ(笑)

効果があるのは絶縁体であるプラスチック(今回トヨタではバンパー)やガラス部分に空気があたることで(表面が)プラスに帯電し空気の流れを乱すということですが、そうするとカーボンでできたロードってどうなの?って話ですよね。

調べてみるとカーボンと言っても絶縁にも導電にもできるということで正直ロードバイクに使われているカーボンがどちらなのかわかりません。
仮に絶縁体だとしたらアルミとかクロモリ等の金属フレームの方がエアロ性能が良いということになります。それとも塗装しちゃうと駄目なんだろうか?車のフレームは金属なので問題ないとトヨタでは言っているようですが、防錆のために車のフレームも塗装されてるしなぁ。あ、でも車のボディ部分はアースされてるから問題ないのか・・・など、考えても全くの門外漢である私にはわかりません。

まぁ、おおむね導電体であるとは思いますが。そう考えるとフレームには効果は期待できないかも。
とはいえ多くの炭素繊維の導電性はあまり高くなく一応導電性もあるよレベルとの話も。

で、DOGMA F8でやってみたんですよ。去年の夏。一度だけ。
正直、差はよくわかりませんでした。まぁ夏だったので湿度が高いわけです。
湿度が高いと空気中の水分が多いので帯電しにくいので差がわかりづらいのかもしれないとその時は思ったんですが、何よりほとんど真っ黒のDogmaにアルミテープを貼った見た目がねぇ。

テープを塗装しちゃうと効果なさそうですし。
今考えるとトヨタではバンパーの裏側でも効果があるとのことなので、フォークなんかは内側とかでもいいのかもしれません。

もう少し湿度が低くなるまで待とうと思ったんですが、見た目の悪さに速攻テープをはがしてしまったんです。

トヨタは車の操縦安定性が良くなるということでしたが、本当なら空力がよくなれば燃費も改善されてもおかしくないはずなんですが、天気や湿度によって効果が変化するとなるとはっきり燃費にも効果あるよとは言いづらいのかも。

まぁ、ともかく涼しくなったらもう一度やってみようと思いつつ、見た目のかっこ悪さから積極的に
やる気にならず、興味も薄れていったわけです。

ただ、完全に忘れていたわけでもなくて、S-Works Tarmacを購入する時に候補にあったCanyon
のシルバーカラーがいいと書いたのは実はアルミテープを貼っても目立たないだろうという目論見も
ほんの少しですが、ありました。

それが今回、アルミテープの話題がニュースになったのを見て再び興味がわいてきたのです。

で、今回考えたのがそもそも帯電させなきゃいいんじゃね?ってことです。
帯電防止剤を塗れば見た目は変わらないし、重量の増加も誤差レベルで済むんじゃないかと。
自動車くらいの面積だと大変ですが、ロードバイクくらいの面積ならそこまで面倒ではなさそう
ですし。

次に問題となるのが、帯電防止剤の塗装への影響です。
比較的有名なライオンのエレガードなんかはシミや変色の恐れがあるのでプラスチックには使わないでと書いてあります。

市販の帯電防止剤の多くにはアルコールが含まれているものが多いのでそれが悪さをするのだと思います。

ただ、それに関しては簡単です。というのもアルコールを使わない帯電防止剤は簡単に自作できるからです。
リンスや柔軟剤、あるいは保湿化粧水(アルコールの入っているものもありますが)を10~20倍くらい水で薄めて100均のスプレー等に入れて
吹きつければいいんです。リンスや柔軟剤に含まれている成分が心配という方は薬局でグリセリンを10~20倍くらいに薄めてやればさらに塗装への影響を及ぼすリスクは減らせるかと。

何より安上がりで大量にできます。とは言え防腐剤が含まれていないのでリンスでも柔軟剤でも
水で薄めちゃうとあまり持たないのでせいぜい2~3回分を作って冷蔵庫保管にした方がいいですね。

塗るのはフレーム全部に塗る必要はないと思います。おそらく空気が当たるところ、ヘッドチューブ、フォーク、ダウンチューブ、シートチューブ、ハンドルバー、シートポストの前面くらいでいいかと思います。要するに風が当たるところな訳です。私はスプレーでシュッ、シュッとやっています。
この方法の場合フレーム等に塗って効果がどれくらいもつか分かりませんが、少なくとも雨に降られたり洗車しちゃうと効果がなくなるのは間違いありません。

で、やってみてどうなのよってところなんですが、正直わかりません。天気が悪い、湿度が高い等で
この方法を思いついてからまともに走れてないからです。
また先ほども書いたようにフレーム自体が導電性を持っている可能性が高いですし。

因みにヘルメットにはアルミテープも貼ってます。後ろの空気を排出する部分のところにあまり目立たないようにですが。ヘルメットは通勤でも使っているのですが、ほんのわずかに効果があるようなないような・・・。あくまで気がするってレベルではありますが。非エアロヘルメットならもっと効果がわかりやすいのかな?
※9/29追記
アルミテープ、つけたり剝がしたりしてみましたが、やっぱりわからんですね(笑)
とりあえずはアルミテープは自転車には効果なさげです。少なくとも体感できるレベルには。

帯電防止剤も効果はわからんけど、こちらは見た目も重量増もほぼないので、気休めに使ってみます。アルミは冬になったらもう一回やってみるつもりです。
ここで来年の春になっても何も書かなかったら効果なかったってことで(笑)

ま、アルミテープでも帯電防止剤でもいいのですが、もしご家族、あるいはチームや友人や仲間等で同じヘルメットをかぶっている方がいたら比較してみてどうだったかをコメントいただけると嬉しいですね。まぁ効果はあってもごくごくわずかだとは思いますが。

将来、帯電防止塗装をほどこしたフレームとかヘルメットが出てきたりして。あるいは帯電防止ワックスなんていうのが車用で売られる日もそう遠くないかもしれませんね。

P1010018.jpg 

次回はこれまた、重要なパーツ?のインプレ。題して「帝国の逆襲」
このタイトルでなんだか見当つくかな?(笑)












スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR