2016.12.22     カテゴリー :   未分類

edco 3AX インプレ と4大ペダルメーカー(SpeedPlay LOOK Shimano TIME)比較 その1

常々感じていることなのですが、個人的には私が一番理想的にペダリングできているのって通勤で乗っっているクロスバイクについているフラぺにスニーカーではないかということです。

フラぺなので今回取り上げるどのペダルよりも安定感は高いし、まぁ底の柔らかいスニーカーだからかもしれませんが、膝への負担も少ない。そのためか一番膝のブレがなく踏めているんですよね。
私の場合、ビンディングでも引き足はほとんど使わないのでフラぺでも関係ないし、もしかしたら軽量のフラぺに軽量で底の硬めのシューズがあればそれが一番速く走れるんじゃないかと思っているわけです。

何よりいいのは前後左右に足をずらして踏めるので使う筋肉を微妙に使い分けできるんですよね。
クリートの前後位置を走りながら変えられるペダルなんてあればいいのにといつも思っているんですが。

夕の頃 
まぁ、そんな妄想はさておき、まずはEdco 3AXです。ほんとはずっとTIMEのペダルに興味がありつつ、壊れる、ベアリングの精度が悪い、耐久性がない、パワーロスするなどというネガティブな評価を見るにつけペダルを踏まずに二の足を踏んでいたんです。

そこに登場したのが今回の3AXペダル。TIMEのペダルに似ていながらさらにペダルが斜めに傾くことによりさらに5%以上の出力アップと。
単純にクランクには垂直に力を加えた方がいいはずですが、それよりも膝がまっすぐになった状態で踏み込んだ方が出力はあがるの?というのが気になりました。

詳しくはこちらを見ていただくとして実際使ってみた感想を。
まず、重量ですが、ペアで398gと重い。まぁ、これは買う前から分かっていたことですし、これくらいの誤差ならまぁ、許せる範囲です。

次にある意味製品の写真を見て予想通りでもあり、やっぱりかとがっかりした点でもあるんですが、スタックハイトが高い。公称12.5mmとなっていますが、本来ペダルのスタックハイトってペダルのシャフトの中心からシューズの底面までの高さ(厚み)のはずですが、このペダルの場合、シャフトの中心からペダルの踏み面までの高さのようです。要するにさらにクリートの厚みが加わるので実質的なスタックハイトは17mm以上となります。
まぁスタックハイトが高い方がいいのか低い方がいいのか所説あるようで、最終的には好みでしょと
なるわけですが、個人的には低い方が好きです。

SpeedPlayなんかからの変更だと6mmくらいスタックハイトが変わることになり、違和感は大きいかもしれません。もはやクランク長を変えたくらいの変化になるでしょうからね。
私の場合直前に使っていたのがDuraのペダルで3mmほどスタックハイトが高くなりサドルをハンドルをそれぞれ3mmほど上げましたが、それでも違和感かなりありました。

また、踏み面の横幅が狭いんです。約50mm。TIME Xpresso10が約60mm、シマノPD-9000が65mm超、Look Keo2Blade Tiだと約70mm、SpeedPlayは・・・・問題外なくらい狭いですけど。

私はペダルは横幅が広いほど膝には優しいと思ってます。もちろんクリートが対応した横幅じゃないと意味ありませんが。
いわばペダルはローラースケートに似ていると思うんですよね。ローラーの横幅が極端な話割りばしくらいの細さのローラーと10cmくらいの横幅のローラーだと安定感という面では横幅が広い方が安定しますよね?足元が安定している方が膝のぐらつきが減ると思うのです。

もちろんロードのビンディングペダルの場合、硬いソールを介しているので横幅の狭さはそこまで極端に影響はないでしょうが、それでもクリートの調整には横幅の広いペダルよりもシビアさを求められる気がします。

話をもとに戻すとEdco 3AXで感じたのはまずペダルがグニグニと動くことよりも
このスタックハイトの高さと踏み面の横幅の狭さからくる違和感でした。
まぁ、この横幅の狭さにより不安定にすることでより左右に動きやすくしている面もあるのかもしれませんが。
それとカッチリ感ですね。オール金属でできているので他のペダルと比べてやはりカッチリとした感触がありました。
剛性感やペダルシャフトの回転性はすごいというほどではありませんが、全く不満はありません。
あと、上の記事ではバネによるセルフセンタリングとなっていますが、少なくとも私の持っている3AXにはセンタリング機構はありません。動いたら動きっぱなしです。
ただ、左右や斜めに動く動きはなめらかということは付け加えておきましょう。
機構も単純なのですが、ゴミ等がつまるとどうなるかはわかりません。基本的には分解はできません。

次に動かせば、グニグニ動くけど、横に動いているのか斜めに動いているのか最初は判別できませんでした。
慣れればなんとなくわかるようにはなりましたけど。
それと一定の力でペダルを漕いでいる分には思ったほどには動きません。急にスプリントした時やダンシングの時は動きますが。
因みに機構的に前後にもほんのわずかに動きます。最初は精度の低い造りだなぁと思ったんですが、構造的に遊びをもたせないとスムーズに動かなくなりそうなので意図的、あるいは仕方なくなのかも
しれません。

で、出力アップですが、前々回の記事で触れたように少なくとも私が使った限りでは峠のタイムは誤差レベルでしか変わりませんでした。Duraのペダルと±5秒以内でしたから。

まぁ、検証するには峠の距離も短く、回数も少ないのですが。。
また、長期間に渡って使えば使う筋肉も違ってもしかしたら出力も向上するのかもしれません。

まぁ、見た目が安っぽいのとペダルの動きが大きすぎてクランクにシューズが擦ることがあるので効果なしとおもっった時点で早々に変えてしまったのですが。
因みにクリートはLook互換なので黒クリート(フロートゼロの固定クリート)でもちょっとましになるくらいでした。Qファクターは53mmくらいなのですが、それでも擦るのでQファクターが広めになるようになおかつかなり斜めにしてヒールインしないようにクリートを調整しなければならなかったのもマイナスな点でした。

それとステップインはまぁ普通ですね。何もしない状態だとかなり角度はきついですが、ほとんどいつも一定の向きをむいているので、慣れれば見なくてもステップインできます。このあたりはDuraと
同じような感覚。ちょい軽くはまる感じですかね。
大きく違うのはステップアウト。すごく軽いです。TIMEのXpressoも軽いんですが、さらにわずかですが、軽く外れます。これはとっさに外したいときはいいですね。
ただ、Duraからの変更だと慣れるまでちょっと不安を覚えるくらい軽いです。DuraというかシマノのSPD SLペダルはここが一番いやです。外れる前にグニッとした感触で粘ってから外れる感じがあまり好きになれません。

あと、膝に優しいというのは感じました。私も以前左膝を痛めていてあれこれやってみて結局、小指側を高くするようにカントをつける(というか戻す?)ようにシューズにシムを入れてカントを調整することで痛みは治まったのですが、ずっと痛くなりそうな感触は残っていたのです。
O脚なので普通は親指側を高くするんですが、私の場合小指側を高くすることで収まるということで脚が変なんで仕方ないのかなと思っていたんですが、このペダルとこの後に使ったXpressoによって
それまでの痛くなりそうな感触がなくなったのです。

さて、長くなりそうなので続きはまた次回に。
ただ、次回はローラーのインプレを先にするかもしれません。まだ届いていないのですが。
ついに私もローラーデビュー!
買ったのはTacx Flux Smart T2900というもの。
まだ発売されて間もなく日本では正式に発売されてないものです。
Tacx Neo Smartというダイレクトドライブローラーの廉価版で、自動負荷調整装置がついているのですが、最大負荷が1500w、再現可能斜度が10%程度に抑えられていてパワーの精度が5%、騒音も
Neo Smartと比べるとちょっとだけ五月蠅いというものです。

でも、初ローラーなのでインプレする自信もなくまた、頼んでから海外で結構不具合が出ているという情報を知ってしまったので、どうなるかわかりません。
余り期待はしないでください。


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR