FC2ブログ

2019.05.15     カテゴリー :   未分類

幸せになる壺(tubolite)を買ったら幸せになれるのか?

あっちこっちでこの壺(tubolite)を買うと幸せになるよという評判を聞きそれにつられて買ってみた
壺(tubolite)もちっと詳しく言うならばtubolite のディスクホイール専用チューブであるS-tuboですが、結局2週間もたたずに使用をやめてしまいました。
IMG-2946.jpg
その理由とは?

まず前回も書いたようにtubolite s-tubo(60mm以下壺)ほんとに軽量です。2本ともに23g未満でしたからね。ただしこれは付属のOリングなしの状態です。
その軽さゆえ漕ぎ出しの軽さとか加速感とかは素晴らしいの一言につきます。
その点においては全く文句はありませんでした。

そして漕いでる時の転がり感はラテックスと比べても遜色ありません。
ちょうど前回の記事でコメントもいただきましたが、大本営発表(発売元)のデータでもラテックスより勝るとも劣らずなんですよね

Rolling-resistance-Road.jpg

ただですね。どうも脚を止めた時の持続性とか伸びみたいなものがないような気がして仕方ないんです。以前使った150gに満たない超軽量タイヤTufo Calibra Liteに似た感じなんですよね。

そして何よりも乗り心地ですね。これはやはりラテックスの方が明らかにいいのです。

なにせフレームだけでなくホイールもタイヤもチューブも今までと違うのでともかく何度もチューブを入れ替えて確かめてみました。

壺→ミシュランラテックス→壺→ミシュランラテックス→Soyo ラテックス
それぞれ数キロずつだけですが、近所を走ってみました。

話は脱線しますがRoval CLX50とコンチGP5000CLの組み合わせはかなりタイヤを嵌めやすい組み合わせですね。ある意味パンクした時にタイヤが外れるんじゃないかと心配になるくらい嵌めやすく今回数時間のうちに次から次へと何度もチューブを交換する気になったのはこの嵌めやすさがあったが故です。

で、確かに壺に変えると加速感とかは明らかにいいのですね。「おおっ?!」となるんです。
ただラテックスに変えると転がりの良さに加えて脚をとめた時の伸びがいいような気がします。
なんと言っても乗り心地のよさ。

もしかしたらこの乗り心地の良さに騙されてるのかもしれませんけど。

そしてですね。あまり言及されることはない気がしますがラテックスのしなやかさのおかげでコーナーでのタイヤの路面への食いつきがいいような印象があります。

それからSoyoからミシュランに変えるとあまり感じないんですがミシュランからSoyoのラテックスに変えるとやはりSoyoの方が軽い分漕ぎ出しの軽快感や加速の良さそして乗り心地の点でも良く感じます。

リムだと3~4カ月しか持たないことが多かったSoyoラテックスですがディスクホイールになったからタイヤの寿命くらいはもってほしいところです。
ただ今回何度もチューブ交換をして作業がおざなりになったせいかSoyoのラテックスを一本駄目にしてしまったことはご報告しておきます。やはりSoyoのラテックスは繊細です。

そのため交換後初のライドでスローパンクしてしましました。サドルをAstuteにしていることもあってかなり極上の乗り心地になっているせいもありパンクに気付くのが100km近く走ってからでしたけど。
このAstuteのサドルとラテックスの組み合わせはやばいですね。Iso Speed何それ・・・以下略

もちろんIso Speedだとさらに乗り心地いいのかもしれませんがあの複雑で重量もかさむことを考えるとAstuteで十分満足できますね。
Tarmac SL6にRoubaixのシートポストを考えていたのですがもうこのサドルで十分だろって感じ。
サドルについてはまた別記事にする予定です。
詳しくはこのあたりの記事をご覧いただければ詳しく、分かりやすく書いておられます。
私はまたAstuteの別のサドルなんですがいずれまた記事にする予定です。

たった一度ずつのライドで精度も何もあったもんではないですが、
同じコースを走って

壺     104km 高度ほぼ700m 平均速度33.2km/h  平均パワー217w NP247w
      
Soyo    104km 高度ほぼ700m(微妙に違うんですよね)平均速度34km/h 平均速度220w NP249w 

平均速度で見るとたった0.8km/h差かよと思われるかもしれませんがこの差を埋めるのに必要なパワーは結構大きいのです。平均パワーの差は3Wしかありませんが0.8km/hの速度差を埋めるにはもっとパワーが必要です。

もちろんこれだけでは何とも言えませんが少なくともラテックスが壺に劣る要素は走行性能に関してはないと思います。
劣るとしたら走行性以外の耐パンク性や空気の保持でしょうかね。

それにしても家を出てから帰るまででも3時間半もかからず100km以上走れるのだから房総半島は良いところです。このルートよりずっと信号や一時停止区間の少ないルートもいくらでもありますからね。このルートだと往路も復路もほぼ横風になるんですよね。どちらも風速5mを超えていて走りづらかった。

また話がそれますがツールド沖縄トップクラスの選手のブログで8時間以上平均パワー220wとなっていました。やっぱりレベルが違いますね。私だとせいぜい4時間がいいところなのでお話になりませんね。

という訳で壺を買っても幸せになれなかった私は結局Soyoのラテックスに落ち着きました。
まぁ私は違いの分かる漢でもありませんしすぐそこにある幸せに気付かなかっただけかもしれませんしね。

でも先にも書きましたがやはり同じ転がり抵抗ならこの乗り心地の良さだけでもラテックスを選んじゃいます。
ましてや大本営発表で比較されているラテックスってミシュランとかビットリアクラスのラテックスのはずです。Soyoだと薄くて軽い分さらに転がり抵抗が良くなる可能性が高いという点でもやはり現時点ではSoyoのラテックスが一番かなと。
ただSoyoのラテックスもきつい登りだとちょっと腰砕け感があるのでそのあたりを含めて空気圧の調整等はまだこれからです。

あとはチューブレスタイヤですねぇ。気になるのは。それとヴィットリアのグラフェン2.0のタイヤですね。

いい加減AssiomaとかSP-01サドルの話も書かねば・・・

IMG-2975.jpg
 









スポンサーサイト











トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
幸せの壺、前後+スペアの3本+パッチを発注はしたものの
しばらく入荷待ちであります。

ひょんな事から安曇野センチュリーに行ってきましたが、
スタートしてしばらくした所で壺を畳んでいる方が居たのが印象的でした。
ラテックス程でないにせよやはり注意は必要ですね
かりかりさん、コメントありがとうございます。

壺入荷待ちになるくらい人気なんですね?
ヒルクライムシーズンだからなんでしょうかね?

ラテックスでもミシュランとかビットリアとかは全然気を使わなくてもいいんですけどね。
壺もSoyoのラテックスに比べれば扱いは楽です。
とは言ってもやはりペラペラに薄いので注意は必要ですね。

新品のタイヤと組み付ける際には一度ブチルチューブでタイヤとホイールを組んでタイヤを
なじませがてら組み付けやすくして壺を組み付ける時にはタイヤレバーは使わないようにするくらいの配慮は必要かも
しれませんね。

なんなら中古2本と新品1本とパッチ2セットをお安くお譲りできますのでご検討ください。
周りを見ているとTwitter等でインプレが出てくるまで様子見が
>富士ヒルに向けて買う方が多いようです
(その最後っ屁に乗り損ねたと)

ミシュラン(ピンク)はSoyoに比べれば厚め(75g程度?)ですよね。
実はボラ買う直前に買ったチューブを発掘したのですが
今回確認(夜膨らませて朝チェック)したらしんなり…。
抜けやすいのでこの程度かもしれませんが。

壺は商品確保出来ずキャンセルなどとなったら
相談させて頂けると嬉しいですが、コンパクトなので
TLRのスペアに使われても良さそうですよね
かりかりさん、コメントありがとうございます。

やはりヒルクライムには軽いの使いたいですもんねwww


>今回確認(夜膨らませて朝チェック)したらしんなり…。
>抜けやすいのでこの程度かもしれませんが。

いや、さすがに早すぎな気がしますね・・・。

>壺は商品確保出来ずキャンセルなどとなったら
>相談させて頂けると嬉しいですが、コンパクトなので
>TLRのスペアに使われても良さそうですよね

了解しました。
ちょうど獄長でGP5000TLRが5000円以下とクリンチャーより安いくらいだったので
注文しちゃいました。
スペシャのTLR待つつもりだったんですけどね。



ご無沙汰しております。
富士ヒルには間に合わなかったものの、梅雨のうちに届いて
しばらく試してました。(結局ラテは諦めました)

同タイヤだと転がりが落ちるという話なので
ターボ26+軽量ブチル>ターボコットン26+壺 として
軽さが強烈で、転がりと乗り心地も割と良い感じでした。
(空気圧5.3と落とし過ぎましたが、リム打ちパンクゼロは
 評価できるかなと。下りで腰砕け感は有り)
ただ、バルブが痩せて空気が漏れる報告が
ツイッターで複数あるのが継続使用では懸念事項ですね。

AEROCOACHでの評価をリンクに載せておきます。
GP5000/90psiだとVittLatex>>StuboRoad>ContiButylだそうで
大体想定通りでしょうか
かりかりさんコメントありがとうございます。

壺の軽さはやはりインパクトありますよね。
それにしても空気圧5.3というのも凄いですね。

バルブからの空気漏れの報告は最近あちこちであがってますね。
予備チューブの壺もミシュランのラテに戻しちゃいました。

AEROCOACHでの評価のリンクもありがとうございます。
ここでの評価だとやはりラテが一番転がりがいいんですね。
一安心しました。

そろそろGP5000のリアも終わりそうなのでGP5000のチューブレス
に交換しようかなと思いつつそろそろスペシャのチューブレスの
発売も近いからもう少し粘ろうかと悩んでます。

ちなみにAEROCOACHのエアロソックス買ったんですがこれは
かないダメダメ製品でした。一度履いただけで滑り止めのシリコンが
ボロボロはがれて使い物になりませんでした。




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR