FC2ブログ

2019.06.30     カテゴリー :   シューズ

世界最軽量シューズ S-Works Exos99

履けないと思っていたExos99(サイズ40)ですが、足を入れるところが狭いというだけで足さえ入ってしまえばなんということもなく履けました。
IMG-3380.jpg
むしろ39.5サイズでも履けたんじゃないかという感じです。
Exosを調べるとハーフサイズ大きいくらいがいいと書いてあるところが結構あって失敗したなぁと
思っていたのですが、結果的に全く問題なし。

IMG-3355.jpg
という訳で早速ですが、重量は上の写真のような重量です。ただしなんとこれ付属のインソール込みなんですよ!
とはいえあまりにもな出来で試すまでもないペラペラ具合その分片側あたり4gないくらいのインソールなんですが。
ですのでインソールなしの重量であれば87gと88gというね。もうとんでもない軽さですよ。
ただ受け取った時にショップの店長さんとも話したのですが、このシューズのソールは気を付けないと割れますね。特につま先部分は非常に薄くてソールを爪ではじくとものすごく中の詰まってない感じの音がします。これで下手に走ったりしたらかなりの確率でソールが割れるんじゃないかな?

早速履いた印象です。
いやもう当たり前ですが「軽い!」という言葉しか出てきません。GiroのProlight Teclaceとて相当な軽さなんですがそれからしても明確に軽い!

そして履く前はけっこうけちょんけちょんにけなしてやろうかと身構えていたんですが実際履いて走ってみると結構まとも、結構普通じゃん!というのが正直なところ

ふにゃふにゃの踵のホールド感なんですが、思ったよりしっかりしていてGiroのProlight TeclaceやFizikのR-1Infinitoと同じくらいのホールド感はあります。

そしてともかく前足部のストレスのなさは特筆ものですね。
普通のシューズの快適性が数十キロとか数百キロ単位で語られるものだとするとこのシューズは数千キロ単位で快適性を語ることができると思います。
足にかかるストレスは靴下だけ履いている状態にほぼほぼイコールと考えてもいいのではないでしょうか?
軽さとともに履いていることを忘れるくらいという形容詞がこれほど似合うシューズはほかにないでしょうね。

そういう意味ではExosもそうとうなものだろうと思います。ただしあちらはBOAダイヤルなのでこのダイヤルの位置や締め付け具合等でストレスになる可能性もありそうですが、Exos99は紐なのでそのあたりもストレスになりにくいのですよね。ただ後述しますが構造的に?意外に紐が緩みやすいです。

ともかく指が当たって痛いとか窮屈とかあり得るの?というくらいストレスのなさが印象的です。

履いて走っている分には先ほど言及したGiroのProlight Teclaceをさらに軽くした印象ですね。
普通に踏んでいる分にはほんとProlight Teclace並みに踏めます。
ただやはり前足部のホールド感がないのでもがいたりするような走りには向いてませんね。

そして足の甲の紐でホールドするんですが、このホールドする部分もGiroのEmpire等に比べて2/3くらいの範囲でしかホールドしないためEmpire等に比較して紐の一番足首よりの部分に負荷がかかります。

そのためでしょうか?50kmも走ると紐がゆるんできます。Prolight TeclaceはもちろんのことEmpire SLXと比べても緩みやすいのです。Prolight Teclaceなんて最初に締めたらほとんど一日締めなおさなくて済むくらいですからね。
そういう意味ではやはり短距離向きとも言えヒルクライムやタイムトライアル向きと言えるでしょう。せっかく履いててストレス感じないのに、惜しい。
IMG-3394.jpg

そこでですが、EmpireSLXと違って結んだ紐をまとめておけるパーツがついていないということもありそれを含めてベルクロのベルトでしっかり止めてやれば紐もとっちらからないしシューズのホールド性も増すかなというところですね。恐らく重量も大して増えずに済むしエアロ効果も上がる?かも。

とりあえずは今後ベルクロベルトを使ってみて追記という形で報告しようと思います。
あと最初にも書いたように足を入れるところが狭く履いたり脱いだりするのに紐をかなり緩めないと履けず非常に脱着しづらいというのも欠点ですかね。

あ、あとこのシューズの一番の欠点を書くの忘れるところでした。
価格?もちろんそれもかなり大きな欠点なんですが、それよりもというかこの値段なのに色が赤しかないというところです。今のバイク、ウェアに赤要素が一切ないのであわんのじゃー!と言いたい


スポンサーサイト











トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR