2011.04.09     カテゴリー :   パーツ

想定外

いや、参りました。パンクです。

そろそろ暖かくなってきたので、これからの時期に備えていつも使っているドイターのスピードライト15なしで、パンク修理セットは飲み物用のボトルに入れてのおでかけです。
いつも悩みの種になっていた携帯ポンプには新兵器となるTopeakレースロケット マスターブラスターを投入です。長さも短く軽量です。軽さで言えばもっと軽いのもありますが、使い勝手を考慮しグランジのポンプアダプターを持って行くとなると結構嵩張ります。Topeakのにはアダプター内蔵なのでじゃまにもならず、トータルで見れば軽くなります。

またしても、房総方面に行きました。
E-330(2)_1.jpg

2年ほど前に写真を撮りに行った(写真はその時に撮ったもの)
月崎、飯給、高滝あたりの小湊鐵道の桜の様子を見る程度の軽いライドの予定でした。
案の定、まだ、桜はまだ咲き始め(東京より数日遅い)で見頃は来週半ばかな?と行ったところ。
背中にバッグがないとなんと身軽なことかと思いながらのんびりとライドを楽しんでそろそろ帰るかと自宅方向に
向かっていたところ、ゆるい下り坂を惰性で降りていたところいやな音がします。
これは?!と思いつつゆっくりと減速し、見てみるとリアタイヤがパンクです。
シーラントなんて役にたたないのは明白な7mmくらいの穴というより裂け目です。
チューブレスだから良かったものの、普通のタイヤならバーストしていたでしょう。
一度、下りでタイヤがバーストした時はえらく怖い思いをしたので、ゆるい下りとは言え、チューブレスで良かったと思い、空き地を探します。

チューブレスなので普通のクリンチャータイヤと違って外すのも大変なので、タイヤレバーを使ってはずします。
持っていたチューブにエアーを少し入れ、チューブレス用のバルブを外してチューブをいれタイヤを入れます。
間抜けなことにこの時持ってきたチューブがマキシスのウルトラライトという軽量チューブです。
軽量なので薄く破れ易いわけです。
という訳で慎重にタイヤをはめていき、チューブの噛み込み等もいつもより念入りに確認します。
準備完了ということでエアーを入れていきます。

おかしい。。。
少しは空気が入るけど、(感覚で)3barくらいから空気が入りません。いや、この時には少しおかしいとは思いました。思いましたが、まさかねという感じでとにかくシュコシュコとポンピングします。
疲れて休憩をいれつつ、タイヤをはめる時にチューブでもねじったか?などと考えつつもポンピング。
もうほぼ確信しつつもチューブのねじれを確認するためにタイヤを外し、チューブを入れタイヤをはめポンピングともう軽く一時間以上格闘してます。もうほとんど諦めながら再度タイヤを外してみようと思った時に、プシュっと音が。。。
ちょっとぞんざいにやってしまったせいでチューブをタイヤレバーで破いてしまいました。しかもバルブの根本。
タイヤ修理用パッチもここをやってしまうと役に立ちません。もうゲームオーバー。ジ・エンド。

そう、結局、今回の最大の失敗の犯人はこやつでした。
PS S95 001

エアーが漏れてます。本体の後ろの方から、持ってくる前に自宅でチューブを軽くふくらませたりはしましたが、
その時はわからず、まさかの初期不良とは?!地震は耐えたけど、津波にやられた気持ちです(泣)

仏→米変換アダプターはいつの間にか紛失していてそのままにしていたので、ガソリンスタンドやカー用品店で
空気入れを借りてということもできません。
仕方なくiPhoneで近隣の自転車屋さんを探しパンクしたまま目指します。
近隣とはいえ田舎です。5km以上先です。ゆっくりと走り段差や荒れた道では逐一自転車からおり押していきます。30分以上かかってやっとついたと思ったら、なんと休業中。

この時点でサクッと修理は諦め、かといってタクシーなんて全く通りかからないので、最寄りの駅のタクシー会社を検索して電話をかけます。

「すいません。上総牛久から蘇我までタクシーをお願いしたいんですけど、大丈夫でしょうか?」ってな感じで
電話します。軽く20km以上離れてますので乗せてくれるだろ?との目論見です。
なんで蘇我かというとセオサイクル蘇我店なら年中無休で時間も遅くまでやっているからです。もうこの時点で17時回っています。さりとて自宅までだとまだ60km以上あるのでさすがに手持ちの2万ほどの現金で足りるのかどうかさえわかりません。
どこのタクシー会社も(3件かけました)最初はいいですよというものの、自転車を載せたいというといっきに空気が変わります。ホイール外せば普通に載せられますよ。と言ってみるものの、どこも勘弁して下さいとの返事。

駄目だこりゃと諦め、車を出せそうな友人、知人にコールします。平日(4/6水曜の話です)にすぐ来れる奴なんておりません。当たり前です。早くて19時くらいに終わるので20時くらいならいうのが一番早いのでとりあえず頼んでおきます。

電話しながら次の自宅方面にある自転車屋さんを目指し更に4kmほどすすみます。どーんっ!?
次についた自転車屋さんはつぶれてました(泣)
道幅も狭く、パンクしたままだとちょっとしたギャップや傾きで後輪がずるっと持って行かれ危険なので、押して歩きます。
途中、全く何もありません。コンビニさえ10kmに一軒あるかないかという所です。日がくれて寒くもなってきてます。今日は昼間が暖かかったので、Raphaの下はツーリングショートパンツ(早い話半ズボンですな)上はジャージ(一応長袖)です。おまけに今日もパールイズミのプレミアムウインドブレーカー。このウインドブレーカー軽いのはいいんですが、ペラペラで防寒性という点ではもう一声なんです。寒さに耐えながら途中のコンビニで腹ごしらえをしつつ押して歩きます。
結局20時過ぎに友人にピックアップしてもらい、あまり時間がないというので途中のすき家で、メガ牛丼を買って
車の中で食べるという寂しい夕食。さらに物足りないのでマックにも寄ってもらい、ビッグマックのセットを
購入。よくそんだけ食えるなぁと呆れられながら(これでも一応、かろうじて体脂肪率は一桁)帰宅。
今度、飲みにいく約束(もちろん私の奢りで)をして別れました。既に22時近く。

疲れました。距離的には100kmにも満たないのにかなり疲れました。
自宅でFocusのタイヤのエアーを抜いてレースロケット マスターブラスターで入れてみましたがやはり故障。
3bar入るか入らないかです。

今日、替えのタイヤを入れてみました。買い置きしてあったHUTCHINSON ATOMチューブレスです。変えたのはリアだけです。
フロントのFUSION3はまだ全然減ってないのと、Atomだと基本ドライメインなのと若干細いので、段差等でこけやすくなるかもしれないとの考えです。一番は面倒だからですが(笑)
さすがに慣れたのかAtomの方が入れやすいのかタイヤレバーを使えば5分もかからずにはめられます。
石鹸水の準備やリムを綺麗にするほうが時間がかかるくらい。初めてチューブレス導入した時に一時間以上格闘したのが嘘みたいです。
PS S95 048


走りは、リアだけでもわかりますね。漕ぎがわずかに軽くなりました。とはいえ、今日は強風だったので平地ではよくわかりません。緩い登りみたいな負荷がかかり続けるところで違いを感じます。乗り心地はわかりません。変わらないような若干硬くなったようなくらいですね。後は前後でグリップの差がどの程度あるかですね。
コーナリング云々言うほどの走りはしないので大丈夫でしょう。





スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR