2011.05.08     カテゴリー :   パーツ

絶賛悩み中

今気になって仕方ないのが以前にもちょこっと書きましたが、ディープリムホイールなんですよ。
正直、基本見た目が一番。性能もよければ文句なしってとこなんですが。少なくとも重量はWH7900 C24よりは軽く剛性は高くしたい。

で、候補は今のとこ以下の3つ
fulcrum-racing-speed-xlr-dl-zoom.jpg
ある意味定番中の定番の一つカンパのBoraの姉妹?兄弟?Fulcrum RacingSpeed(XLR)のダークラベル。
いや正直G3組のBoraの方が見た目はいいんですが、ダークラベル版ならFulcrum RacingSpeedのデザインは
カッコイイと思います。リアの剛性はこちらの方が高いでしょうし。と言ってもディープリムでスポークの影響
は少ないのでアルミリムのホイールほどの差はないでしょうから誤差レベルかもしれませんが。
ともあれ、デザイン、前後50mmのリムハイトホイールの中では性能も選んで間違いない一本でしょう。
1282835724782-140jbu0hhxkuy-800-75.jpg
次の候補がこれ。
Enveの完組みかショップに依頼して手組もありかと。
これまた、定評あるEnveのリムにSAPIM CX-RAYのスポーク、Duraハブ、クリスキング、DTSWISSのハブで組んだりしたら面白いかもしれません。その場合フロント45mm,リア65mmというのもありかもしれません。
とりあえず前後45mmなら1200gうまくいけば1100g台もいけるかもというホイールです。
価格はFulcrum RacingSpeedXLRと変わりませんが、破損時の半額保証等もあるしハブやスポークを変えて組み直しという楽しみもあるでしょう。残念なのはデザイン。いや、悪くはないんですよ。決して。
でもBoraとかRacingSpeedとかと比べちゃうとちょっと踏ん切れません。デザインがもう少し良ければこれにしたいとこです。

最期の候補が
mdrod5-1.jpg
いやいや、すごいですよ。フルカーボン。構造的にもそもそも振れとか気にせずっていうか振れたらホイール自体終わり?みたいな構造。フロント60mm、リア66mmとこの中でも最もリムハイトが高いのに前後でわずかに
1085gですよ。RacingSpeedより250g以上軽いわけです。ホイールの250g差は大きいですよね。特にスポーク穴がないことからリムが軽くしても剛性を維持できることが想像できます。BoraやRacingSpeedのリムは比較的重めなことで有名(その分剛性が高いんでしょうが)なので乗り味は結構差があるかもしれません。
しかも4年保証です。丈夫さに自信があるんでしょうね。
デザイン的には好き嫌いが分かれるデザインだと思います。ロゴのフォントなんかちょっとポップな感じですし。
私、最初イマイチだと思ってましたが、見ているうちに意外にいいかもと思えてきました。ただ、リアのスポークがハブのところでの組み方がちょっと紙細工っぽいところはいやなんですけどね。
ただ、このホイールの性能がイマイチよくわからんのですよ。検索してもあまり引っかからないし。
スポークもカーボン(しかもペラペラの薄さ)なので乗り心地はいいと思うんです。でも今回はWH7900より剛性は高いものが欲しいということもありますし、タイヤもチューブラーなのでこちらで乗り心地はカバーできるでしょうしね。価格もちょっと前までwiggleで取り扱っていたんですが、今は取扱がなくなりメーカー直販くらいしかみあたりません。送料まで入れると今回の候補の中では一番高くなってしまいます。

ということで、いまのとこRacingSpeed第一候補次にMadfiberというところです。

カーボンディープですと基本ブレーキシューも専用のものが必要となりますがアルミリムホイールに付け替える際にシューも変えなければなりません。SwissStopのイエローのブレーキシューなら両方に使えますが、考えたらアルミリムを使ったあとにシューに金属片が埋まっていたらカーボンリムがボロボロになりそうです。結局チェックする手間を考えたら専用のブレーキシューにその都度、変える方が手っ取り早そうです。

それと問題はタイヤです。
ホイールは剛性高め、タイヤは乗り心地の良い物というのが今回の狙いの一つでもあるので空気圧管理が面倒ではありますが、ラテックスのチューブラータイヤを選びたいなと。
で、候補はこれまた三択です。
まず、一つ目がVittoria Corsa Evo CXかCXⅡ。まぁ、定番っちゃ定番です。
賛否分かれるタイヤでもありますが、基本的には大外れはないかなというタイヤ。
次にSchwalbe Ultremo HT。
最近結構評価の高いタイヤです。クリンチャータイヤでの印象が良いこともあり気になるタイヤです。
ただ、手作りで最近ようやく潤沢に市場に出回りはじめたばかりのタイヤということもあり重量等のバラつきが大きいようです。また幅も22Cということで若干細めなのが気になります。
そして次がHutchinson Carbon Comp。今、使っているのがHutchinsonのFusion3とAtomなので新鮮味がないっちゃないんですが、評判もまずまずで幅も23Cです。
ここんところHutchinsonで二度パンクしているのが唯一の心配ですが、チューブラーなのでまた別物と考えたいですね。
その他にVeloflex Extremeなんかも気になりますが、他のタイヤと比べて結構軽量ということでちょっとパンクが心配です。
今のところこちらはHutchinson Carbon Compが第一候補。かのランス・アームストロングが愛用してたことでも有名なようです。

まだ悩みはつきません。タイヤのパンク防止に使うシーラントです。どうも調べてみるとNotubeやHutchinson等のシーラントは比較的早く数ヶ月で蒸発してしまうようで特にラテックスの方が早いようです。見た目からシーラントがどれくらい残っているか分からないこともあり下手な継ぎ足しは無意味に重くするだけな気がします。で、今きになっているのがこれ。ビーバーシーラントです。これのチューブレス用。なんと6mmもの大きさの穴も塞げしかも硬化せずに2年は持つとのことでチューブラーでも1年くらいいけんじゃね?とも思います。ただ、よくわからんのが、チューブ用とチューブレス用があり、どう違うのかがわかりません。チューブ用だと3mmの穴まで対応とのことで、単純に考えるとチューブレス用の方が
よさげに思えるんですが、チューブ用の方が硬化するまでの時間が早いとかあるのかとかよくわかりません。
まぁ、こちらはチューブレス用の方を試してみる予定です。もちろんFusion3とAtomにも入れてみたいかなと思ってますが、どうなりますやら。

とある意味楽しい悩みが尽きない今日この頃です。あ、チャリは相変わらず60km~140kmくらいをちょこちょこ乗ってはいますよ。
おまけの写真。PS S95 069_4












スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
お?ディープいかれますか。

C24の出来が良いのであれ以上を求めるのはなかなか難しいでしょうから、やはり見た目でしょうね(笑

ENVEのスポーク数を増やせば硬くはできそうですが、そもそも他のディープに比べてどの程度の本数で硬いのかなど評価が難しいですよね。

ちなみにプロから圧倒的に評価の高いWH-7900-C35は候補にはいらないのでしょうか?私はドライブトレインがカンパなのでC35は使えないのですが、シマノだったら1選択肢かな~と考えていました。

Canyonを考えるのであれば、Cosmic Carbon Ultimateなどはいかがでしょうか?

なにせディープリムは一気に自転車の見た目が変わりますから(笑)悩みますよね。
ありがとうございます。

WH7900ーC35いいですよね。リムハイトからして普段使いにも十分いけそうですし、性能もよさそうなんですが、今回見た目重視(笑)なのではずしました。

Cosmic Carbon Ultimateもいいんですが、コスパを考えるともう一つ手がでません。
これにするならAEROADの完成車買いが一番お得かも(笑)

タイヤとかはもう注文しちゃってるんでもう少し悩んでみます




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR