2011.05.22     カテゴリー :   パーツ

難しい顔をしたゴリラ達

最近ちょこちょこと80km~150kmくらいの距離を乗っているのですが、先日江戸川サイクリングロードを関宿城にでも行くかと準備をしていたところ、Hutchinson Fusion3を履いている前輪がパンクしていました。
若干空気が残っていたのでいわゆるスローパンクです。
原因となるものが分からなかったのでその日は前輪だけMavicのキシエリにSchwalbe Ultremo Rを履かせたものに換装して出かけましたが、前後とも変えたときはそうでもないと思っていたクリンチャータイヤはやはり乗り心地がかなり違いますね。前後で。もちろんホイールの差もあるのかもしれませんが、やっぱりチューブレスの乗り心地はやめられませんね。
PS S95 017

と、チューブレスを褒めたところで終われると良かったのですが、自宅に帰ってパンクしたタイヤを見てもどこにも傷等がありません。風呂場で水をためてタイヤを沈めてみるとタイヤのサイドのあちこちから細かい泡が。。
一箇所やそこらでなく数十箇所、両側からです。タイヤ自体もひび割れがしていて正直取り替えた方が良さそうな
状態。とはいえまだ履いてから半年もたっていないのにどうなのよ?と言う感じです。山もまだ十分に残っています。
今回含めて早くも三回目となるパンクです。ちなみに通勤用に使っていたミニベロをのぞくとクリンチャータイヤでのパンクの経験はありません。

さすがにHutchinsonのチューブレスタイヤの品質に疑問を抱かざるを得ません。
前回、カーボンディープリムの話でタイヤをHutchinson Carbon Compにしようと考えていると言いましたが、やめとけば良かったと思いました。既にタイヤの方は届いているので今更交換もできません。チューブラーが別物であることを祈るのみですね。PS S95 008

とりあえず、今回は新しいシーラントを試す意味もありそのままFusion3を使うことにします。
タイヤを外してみるとやはり2ヶ月ほど前に約20mlほど入れたNo Tubeのシーラントはほとんど乾燥していました。わずかに湿り気が残っている部分もありましたがとても役にたつとは思えません。
そういった意味では今回シーラントを入れる意味にも疑問をもってしまいますね。Hutchinsonのシーラントもほとんど似たようなもんです。

で、今回のビーバーシーラントに期待です。これで駄目ならシーラント入れるのやめようかと思ってます。
タイヤが重くなるだけなので。
このビーバーシーラントはもう色はもちろん(緑色)ですが、粘土が全くNoTubeやHutchinsonのシーラントとは
違います。容器のキャップをあけたまま倒してもなかなか中味が出てきません。逆さにしてもなかなか落ちてこないくらい粘土が高いです。しかもゴムのつぶつぶが入ってぱっと見はまずそうなチョコミントアイスのようです。
なので、入れるのにはちょっと苦労しました。
WH7900系はバルブコアが外れないのでいつもタイヤレバーで隙間を作ってそこに100均で買った注射器みたいなものでシーラントを吸い上げて入れるのですが、粘土が高すぎて注射器みたいなものでは全く吸い上げられません。なのでタイヤレバー3本使ってなんとか入れたのですが、何ミリくらい入ったのかよくわかりません。容器の目盛りを頼りにだいたい20ml~25mlくらいいれたと思います。ほんとはもう少し入れようかと思っていたのですが、タイヤから溢れてくるのでそれ以上入れられなかったというのがホントのところですが。

一応後輪にも入れてエアーを入れてぐるぐる回してやるとエアー漏れはとまりました。
2年ほどは大丈夫みたいなことを書いてありますが、容器に書かれている注入量算出目安だと80ml近く入れなければならないのでそれから考えると単純に半年持てば文句は言えませんね。
ある程度大きな穴はゴムのつぶつぶが効くのでしょう。どれくらいの期間、どれくらいの穴に対応できるのかわかりません。出来ればタイヤ交換時期までここでタイヤのパンクの報告をしなくて済めばいいと思っているのですが。
PS S95 001_3

話は変わって以前コラムスペーサーをピンクにした話をしましたが、また変更しました。
それが上の写真です。バーエンドキャップを赤にしました。コラムスペーサーは色を落としました。
ピンクに塗ったバーエンドキャップもあるので気分で変えようと思います。
これはちょっと出っ張った感じのバーエンドキャップだと真横から見たときにもチラッと赤なりピンクなりがみえていい感じです。
しかしペンキでざっと塗っただけなので適当に壁に立てかけると色が剥がれてしまうのが難点ですね。

長くなったので、次回は新しく買ったモーガンブルーというチェーンオイルの話にする予定です。
もちろん、その前に新しいホイールが届けばそちらになりますが、まだそっちは時間かかりそうです。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR