2011.07.10     カテゴリー :   パーツ

いくらなんでも

さて、前回の話しの続きなのですよ。
困った問題というのはタイヤ関係なのです。今年に入ってからパンク続出です。
つい先日も通勤用のFocus Cayoのクリンチャータイヤであるシュワルベアルトレモがパンクしました。
とはいえ、もうこのタイヤはほとんど寿命に近かったのですけど。
それにしても今年に入ってからほとんど毎月のようにパンクに見舞われてます。お祓いでも必要なんでしょうか?

まぁ、それはさておき、本題はZIPPに履かせたHutchinson Carbon Compというチューブラータイヤです。
なんと、1000km持たずに駄目になりました。
とはいえパンクという訳ではありません。

PS S95 0126
いや、なんか減るの早いなとは思っていました。最期は道の脇から幹線道路にちらりと確認もせずに飛び出してきたクソばばあいや、マダムを避けるためにタイヤをロックさせて終了。
3000km持てばいいなとは思ってました。せめて2500kmとも。
そりゃ、ロックしてフラットスポットさせてしまった私が悪いですとも。にしてもいくらなんでも早すぎません?
さすがに一本8000円以上するタイヤを毎月使うわけにもいきません。
これって靴の修理用のゴムを塗って予備タイヤとかにできんもんでしょうか?

ともあれ、家にあったもう一本のCarbon Compを装着しましたが、もうこのタイヤを買うことはないかな。
乗り心地も悪くないし、グリップも不満はないしで良かったんですけど、いくらなんでもこの耐久性はないでしょ。
問題は次のタイヤです。もうフロントがCarbon Compだからなんて言ってられません。違うメーカーのタイヤにすることに決定です。以前から悩んでいた高級チューブラーのVeloflex CarbonかExtremeにするか。
Schwalbe Ultremo HTもありかな。Vittoria Corsa Evo CXも鉄板な選択ですね。
それとも思いっきり廉価版で定評のあるVittoria StradaあるいはCORSA CRという手もありますね。
それとも嵌めにくいという評判でちょっと躊躇しているContinental Sprinter GatorskinやCompetition、Grand Prix 4000という選択もあり悩ましいところです。
とにかくパンクに強くて耐久性のあるタイヤがいいんですけどね。
今のとこContinental Sprinter Gatorskin、Vittoria StradaあるいはCORSA CRあたりのちょっと安いタイヤを試してみたいと思います。
ちなみにパンクの際の予備タイヤはパンクの悪評高いVittoria Rallyです。家までもてばいいやというのと安いので。


PS S95 001_4

それと、前回書き忘れたDTSWISSのハブですが、これまた素晴らしい出来です。とは言えWH7900のDuraハブと極端に性能が違うかというとそんなことはありません。ほんのわずかにDT190ハブの方が回転がなめらかかなという程度です。ぶっちゃけどっちでも文句はないですね。
逆に言うとWH7900 C24のコストパフォーマンスの良さは際立ってます。改めて、感じました。重量と言ってもアルミクリンチャーホイールとしてはどちらかというと軽い方ではありますが、ZIPPと比べるとさすがに重さを感じますし、やはりちょっと柔らかい感じはします。それでも空力特性も悪くないし、ものすごく優秀なホイールではないかという気がします。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR