2012.01.15     カテゴリー :   Canyon

FFWD F6R

えー、TIME RXRS ULTEAMって、何故かカンパのBORA を履かせている方が多いんですよ。
なんでって、もちろん、性能は折り紙付きのBORAなんで当然なんですが、かっこ良さもまた格別
な訳です。
まぁ、ちょっとフレームのグラフィックがクドい(VIPカラーはともかく)感じもあるんですが、
カッコいいことに異論はありません。
でも、特に必要ないんでカーボンディープクリンチャーあたりを物色していたんですよね。
Shimanoのコンポにカンパのホイールかという点もありますし。まぁ、そのあたりすごくこだわる訳ではないんですけど。
フルクラムだとなんか合わないんですよ。ダークラベルだと高くなっちゃうし。
そうこうしているうちにFFWD F6Rな訳です。今の円高っぷりだと9万円台で買えちゃうんです。
性能もかなり評価が高く、BORA買うならFFWDで充分という評価も結構あったりするんです。
60mmディープで、エアロ効果も期待できますし、DARCプロファイルで横風にも多少考慮されてます。
50mm相当の横風レベルという声も聞きます。デザインはBORAには劣りますが、フルクラムのレーシングスピードよりは好みです。

で、ついポチッとしちゃった訳です。必要ないのに、、、、。
まぁ、のり比べて駄目なら即売っちゃえと思って。
DT240ハブ仕様の前後セットだと在庫ないのでフロントとリア別々に購入しました。価格が一緒なのとホイールバッグが前後いっぺんに入るか別々に入れるかだけの差だったので。
ハブはDT240S。スポークもDTエアロライト。フロントラジアル20本、リアはドライブ、ノンドライブともタンジェント24本という構成です。

届いてみると仕上げは予想以上に綺麗。付属のバッグも豪華で、クイックなんかも作りがいいです。
重量はカタログで1350gということでしたが、実測1328gと優秀。
タイヤをフロントContinental Sprinter 、リアにContinental Sprinter Gatorskinを履かせました。
因みに今回は結構固かった。ZIPPの時はコンチのチューブラー話しに聞くより全然楽勝じゃんと思っていた
んですけどね。ZIPPは微妙に小さいのかも。
まずはF6R装着写真

PS S95 002-3


これはZIPPの時の写真、微妙に位置や角度、光の具合が違いますが、勘弁して下さい。
PS S95 002_1

うーん、少なくともCanyonにはこれくらい派手なホイールの方がカッコいいですね。

さて、乗ってみた感想ですが、正直いいですね。デメリットもありますが、かなり気に入りました。
比較対象はWheelbuilderで組んでもらったZIPP303と404です。こちらはハブDT190SにDTエアロライトスポークでほとんど、リムの差だけとも言えます。
まず、剛性が高い。今使っているリアのZIPP404ファイアクレストはリム高58mmで同じDTエアロライトスポーク
20本でこれもドライブ、ノンドライブ側ともタンジェント組みなので4本スポークが多い分、当然かもしれません。海外でもBORAと同等かそれ以上という評価も結構ありますし。
まぁ、と言ってもリアはすごい差がある訳ではありません。スポークが4本も多くてこれしか差がないのはファイアクレストリムの恩恵でリム幅を広げたことで剛性が高くなっているためかと思われます。

ある程度差があったのはフロントですね。リム高ZIPP303は45mmに対し、F6Rは60mmでスポーク本数は
ZIPP18本、F6Rは20本ですから当然といえば当然です。
試しにフロントだけZIPP303に変えてみるとZIPP304の乗り味とほとんど変わりません。
逆に言えば、フロントリム高が増えて、スポーク6本増えて、ハブが約20gほどF6Rの方が重いのに総重量が100gくらいしか変わらないと考えるとかなりF6Rのリムは軽いと想像できます。あと質感はZIPPの方が乾いた感じの質感ですね。

で、エアロ効果は?ということになるとこちらは正直余り差はないかなと。直進性が強くなっているのと
速度の維持や脚を止めた時の速度の鈍り具合がF6Rの方が遅いので効果はあると思います。
ただ、ほんとにわずかに良くなったかなぁ?という程度です。この当たりはZIPPの方が競合各社がこぞって真似をしているリム幅を拡げたことによる効果と一番エアロ的に影響の大きいスポークがF6Rは前後で6本も増えているためかもしれません。

次にデメリットですが、乗り心地(特にフロント)が少しだけ悪くなった。これは剛性とバーターなので仕方ない
ところですし、些細な問題です。
そしてこれが一番の問題ですが、横風の影響が結構大きいのです。
DARCプロファイルで多少ましとは言え、明らかに差があります。
フロントZIPP303、リア404のいわゆるZIPP304構成だとまぁ、風速10mくらいの日でもなんとか走れなくないのですが、F6Rだと風速7mくらいの日でも結構怖いです。
なのでフロントだけF4Rをするという手もありますがF4Rだとリム高が38mmと一気に低くなるのでリアとの
差が大きいのです。せっかくカッコいいのに余り前後で差があるのもどうかと思うわけです。
そのあたりZIPP304はいい落とし所かもしれません。
あと、登りでは正直フロントに荷重がかからないせいかZIPP304と余り変わりません。というより
若干重いかもしれません。まだ、登りというほどの登りを試していないのでこの点の評価は保留です。

PS S95 005-2

まぁ、完組みだとまた印象が違うかもしれませんが、今前後ZIPP404ファイアクレストを買うことを考えたら
迷わずFFWD F6Rを買いますね。恐らく性能はほとんど変わらないと思います。価格はかなり安く、見た目や仕上げは圧倒的にカッコイイですから。

あと、ハブに関してですが、DTSWISSの190Sと240Sの差ですが、正直わかりません。(笑)
気持ち190Sの方がカッチリしているような気もしますが、ほんと気のせいレベル。
転がりの良さはどっちも似たようなものです。
ラチェットの音はかなり控えめで私自身は乗っていて音は気になりません。むしろもう少し大きくてもいいのに
と思います。SHIMANOのDuraハブもかなり音は小さいですが、DTも似たような音量です。
また、このハブはラチェットのメンテがかなり簡単なのもポイント高いですね。
ちょっとでも音が大きくなったらすぐに工具なしでグリスアップできます。

という訳で、横風にはさすがにちょっと弱いけど、このホイールはかなりおすすめです。


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
今年もよろしくお願いします!

FFRD良いですね。私もサイクルモードでみましたが表面も綺麗ですよね。結局その重さってことは、チューブラーリムですよね??
FFRDのチューブラーリムは軽くて良い感じですね。

私もENVEをDT240で使っていますが、良い感じのハブですよね。カンパのCULTハブと比較すると、ラチェット音が大きく少し苦手なので(カンパのcultハブは無音)、ラチェットの歯数?を変えるともう少し音がまろやかになるらしいので変えてみようかなと考えています。

ディープリムも安くなりましたね。私はあとbora 80を夏頃に行こうかなと思っております。
こちらこそよろしくお願いします。

はい、チューブラーリムです。デザイン的にはやはりBORAの方が洗練されていると思いますが、
これはこれでありかなと思いました。

Cultハブは無音なのですね。なるほど、凄いなぁ。だとすると確かに音が気になるかもしれませんね。
ラチェットの歯数を増やすキットがあったような気がします。反応が良くなるとか。音も変わるんですね。
気になります。

BORA80ですか?これまた、カッコイイですね。やはりリム高は高い方が見た目は良くなりますね。
風の影響も強くなりますが、フロントを通常のBORAという手もありますし。
羨ましすぎです。
初めまして! FFWD良いですよね!2012モデルはFFWDオリジナルハブらしいのですが、DTでは無いのでしょうか?
tomoさん、はじめまして。
FFWD仕上げ、性能を考えると素晴らしくコストパフォーマンスが良いホイールだと思います。
2012モデルはよくわかりませんが、昨年はF6RでもオリジナルバブにスポークがサピムCX-RAYのものと
DT240sにスポークがDTエアロライトの二種類のモデルが併売されていました。恐らく2012モデルも変わらないとは思いますが、そのあたりよくわかりません。私は性能的にまず間違いないDT240sにしました。メンテも比較的楽でもありますし、オリジナルハブの方がどんなものかもう一つ情報がなかったのも決め手の一つですね。
お役に立てずすみません。でも、いずれにせよ、出来はいいのではないかと思います。

そうなんですね。有難うございます。しかしお詳しいですね。頼りになります!




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR