2012.03.31     カテゴリー :   未分類

やっちまった~(泣)

今回はコンポについて書く予定でしたが、遅れてやっと届いた、サドルについて。

Selle Italia SLR Kit Carbonio Flow Saddleを愛用していましたが、試乗会で色々なロードバイクに乗るにつけ同時にいろいろなサドルにも乗ることになるわけです。
そうするとSelle Italia SLR Kit Carbonio Flow Saddleは乗り心地は良いし、軽いけど必ずしも漕ぎやすいサドルでないことに気付かされた訳です。
これだけに乗っていると分からなかったんですが、腿の付け根の部分が微妙に当たるんですよね。
一度気になると結構気になるものなんです。

で、色々なサドルな中でこれはと思ったのが、Fi'zi:k Alianteなんです。
これがすこぶる乗り心地がいいうえにめちゃくちゃ漕ぎやすい。ただ、重いんですよ。200gなんて余裕で越えます。
さすがにSelle Italia SLR Kit Carbonio Flowより100g増はちょっとと思い、Selle Sanmarco Aspideのカーボンレールのものを試しましたが合わずに玉砕。

で、次に固めのAlianteとも評されるPrologo Scratch Pro Nack Saddleのカーボンレール。
これはかなり良くて重量も実測190gとかろうじて200gを切りすこぶる漕ぎやすくてお気に入りとなりました。
かなりラウンド形状で乗り心地も良いのです。ただ、乗り込んでいくうちにここまでラウンド形状じゃなくてもいいんじゃないかという疑問もあり、見つけたのが同じPrologoのサドルでセミラウンド形状で軽量なC.ONE30
です。というかほとんどデザインにやられました。カッコイイんですよ。パッドなしのフルカーボンのサドルにチタンレールでカタログ値135gで実測136gと軽量。カタログでは同じ135gですが実測だと140gを余裕で越える
Selle Italia SLR Kit Carbonio Flowよりも軽いんです。
PS S95 0225

仕上げも相当綺麗です。見ているだけでうっとりする位です。実はレールまでカーボンで更に軽量なわずか85gというモデルもあるんですが、価格が高いのとなによりデザインがちょっとねぇということで、C.ONE30にしたんです。
とりあえず乗ってみましたが100kmくらいだと問題なさそうです。ただ、やはりパッドが全くない分、細かい振動等は伝わってきます。ですから200kmくらいの距離だとどうかなという気もしますね。
Selle Italia SLR Kit Carbonio Flow Saddleのようにただ漕いでいるだけでもしなりを感じるサドルと違いしなりはかなり少なめというかほとんどなく、路面からの大きな衝撃があるときだけわずかにしなる感じです。
セミラウンドだとどうかなと思っていましたが、漕ぎやすさはかなり満足いくものでした。

問題はこのサドル、相当に薄いんです。レールからサドルトップまで、今までのサドルの中で一番薄いと思っていたSelle Italia SLR Kit Carbonio Flow Saddleよりも更に5mm以上薄くPrologo Scratch Pro Nackと比べると15mm以上薄いんです。
TIME RXRSはISPなんです。まぁ、機会があったらまた詳しく書きたいとは思いますが、私のRXRSは私の想定していたサドル高より5mm、その上更に10mmほど余計にシートポストを切られているんです。
まぁその点については店に文句を言ってなんだかんだで決着したわけですが、この上更に15mm薄いサドル=シートポストを15mm伸ばすとなるともうシートポストを上げる余地が全くないんです。
なんかもう間抜けな感じです(泣)

ともあれ、ギリギリなんとか希望のサドル高に届いている状態です。
PS S95 0223

長距離では不安もありますが、このサドルのためならお尻の方を鍛えようかと思うくらいカッコいいサドルです。
RXRSは相変わらず、超絶楽しいです。
通勤にCanyonを使っていますが、いつも乗り換えるたびに戸惑いを隠せないくらい乗り味は違いますね。
最初の一こぎはいつもCanyonの軽快でひらひらとした感じに「おおーっ!?」と思うんですが、そのあとはTIMEの方が気持ちよく加速していきます。
Canyonは典型的な高剛性タイプなのでフレームのご機嫌を伺うようにしてなるべく回転重視で回していく感じに
乗ることになります。ペダリングのごくわずかなポイントでパワーを一瞬かける感じです。
たいしてTIMEは見た目とは裏腹に包容力抜群なので、回転というよりはすこしトルク重視で回していく感じになります。
ペダリングしているかなりの部分でパワーをかけられるので、使う筋肉もTIMEの方がお尻やハムストリングスにより負荷がかかるのが感じられます。
この感覚に慣れると他のバイクに乗れなくなりそうで怖いですね。


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
RXRS調子良さそうですね!私もこのBlack Labelは候補に入っていたので実にうらやましいです^^)
知人のRXRSを見る度にかっちょええなぁと。

おお、新しいサドルに行かれましたね。私はSLRがあっていると安心していてまったくチェックしていませんでしたが、今回のサドルもちょいと試してみたいと思います。なかなかサドルの旅は終わらないですね。

ブレーキやDi2などの感想も楽しみにしております。
RXRSかなりのお気に入りとなってます。RXRSの後継機が出たらきっと買うと思います。(笑)

このサドルSLRと形状がかなり近いので結構合うかもしれませんね。パッドがないのでへたらない
のもいい点です。
ただ、やはり硬いので乗り心地のいいバイクでない厳しいかと思います。
その点BMC SLR01なら安心ですね。





プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR