2012.10.12     カテゴリー :   パーツ

Rotor Q-ringsメリット編

どうでもいいんですが、今リアに履いてるContinentalのSprinterチューブラータイヤですが、もう既に4000kmは余裕で
超えているんですが、まだ走れそうです。普段使いのチューブラーとしてはおすすめです。
まともにパンクしたのは5本中一本だけですし。

そして、Rotor Q-ringsです。クランクはRotorの通常の3Dで+ではない方です。
Q-rings自体は以前、RXRSを検討する以前にScott Foilを検討した時にも書いたように導入すること
自体は決めていました。RXRSにアルテグラDi2を導入する時点でしばらくはアルテDi2本来の性能を味わう
ために通常のアルテグラクランクにしたわけですが、その時からいつかはと考えていました。

で、最初は軽量化もかねてSRAM REDのクランクにQ-ringsのチェーンリングの組み合わせを考えました。
それでSRAM REDのクランクですが、BB30用のクランクだと通常の24mmアクスルのクランクよりも軽量で
いいのですが、残念ですが、RXRSのBB86には合いません。
そのため通常のBBの方を検討しますが、50g以上重くなる上にBBもSRAMのものに変更しなければなりません。
何より問題なのがSRAMのBBの不評っぷり、1000kmごとにメンテが必要とか雨の日に乗ったらメンテが必要とか
いい評価がありません。もちろん、アルテグラやDuraのクランクにQ-ringsをつけることもできますが、見た目
があまりにも。。。
なので、素直にRotorのクランクに。その時にも3D+か通常の3Dかで迷いましたが、3D+だと価格が一気に高く
なるのとまだ、170mm長のクランクに未練があったのとなんだかんだでBBの交換が面倒なので通常の24mmアクスルの
3Dクランクにしました。これなら、クランクをポン付けできますから。
RX-100 044

Q-ringsこれは、いいですね。初めて乗った時、数百メートルは違和感ありましたが、すぐに慣れました。
明らかにトルクがかかる範囲が拡がるのと同時にケイデンスも上がります。
初めてRXRSに乗った時の感覚が蘇ってきます。そして明らかにRXRSに乗った時よりも効果が明確に
わかります。

とにかく気持ちよく進む感覚でやめられませんね。同時にOsymetoricが気になってきますね。
既に2000km以上走ってますが、記事にするまで時間がかかったのは判断がつかない部分があるためです。

クランク長をどうしようかと悩んで172.5mmにした話は前回しました。
最初はペダリングのムラを矯正?隠してくれるような漕ぎ味のQ-ringsで満足していましたが、
乗り込んでいくにつれ、なんとなくではありますが、少し短いクランクでケイデンスを上げた方が
効率がいいんじゃないかという気がしてきました。ウィギンス選手があの長身長と脚の長さでありながら172.5mmという
脚の長さからすると短めのクランクを使っているのがわかるような気がしました。

いずれにせよ、Q-ringsは素晴らしくいいという印象です。合う人、合わない人はいるようですが、
私には少なくとも合いますね。こうなるとほんとOsymetricが気になりますねぇ。

でも、次はBernerのリアディレイラーケージのインプレの予定です。

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うーむ・・・。C階段さんもQ-Ringsですか・・・。もう使う人が増えてきたのと、その殆どが良印象ですね・・・。

カンパユーザーとしては導入しづらいのと、Rotorクランクではないので見た目の統一感が残念ということでしばらく導入できなそうですが何せ評判が良いですね・・・。MambaのPower2Maxにつけられるか検討してみます・・。

Spinterは、たたみ易さはどうでしょうか?コンチコンペ比較での雑感を教えていただければと思います!よさそうですね。
はい、Q-ringsいいですよ~。パワーメーター持っていないので正確にはわかりませんが、Rotorのいうことが
確かなら、およそ10数W改善されるはずですが、結構ちがうもんだなぁという感想です。巡航速度は明らかに
上がったと思います。書くのを忘れましたが、変速調整は非常に苦労しましたし、決定的に変速は悪くなりました
けど(フロント)。Spacewalkerさんも是非。スピコンにこそオススメなんでしょうけど。

Sprinterもお勧めです。私ごときのレベルではCompetitionとブラインドテストしても区別つかないとおもいます。耐パンク性能はCompetitionより若干上かと思われます。
ただし、カタログ値で300gとCompetitionより一本約50g、前後2本だと約100gほど重くなります。タイヤの100gは大きいとおもいますので
そのあたりどう考えるかですね。とは言え、今までだいたい290g前後とカタログ値に対しても優秀な重量だったりします。
ただ、たたみやすさはむしろCompetition比でも若干たたみずらいかなと思います。たたみやすさでは圧倒的に
Spacewalkerさんがお使いのTufoでしょうね。あとはVeloflexのレコードあたりも比較的たたみやすいかもしれませんが、パンク性能を考えるとなんだかんだでTufoになるかと思います。




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR