2013.04.20     カテゴリー :   未分類

さて、Cannondale SuperSix Evoを取り置きしてもらった翌日、店の方に行ってみました。
現物を見てみると、予想以上に塗装のレベルは低い感じです。以前、試乗の時には全く気にしていなかった
というか、当時はCanyonだったので、何見ても塗装のレベルは高く見えたというのもありますが、さすがに
RXRSや、VXRSとは比較にならず。

見た目も今どきのカーボンレースフレームの中では細身とはいえ、先日見た、VXRSに比べるとかなり太く
感じます。とは言え、最新高性能フレームがこの価格は相当な魅力。ごく短い試乗での印象も悪くありませんで
したし。

一応店員さんにフレームサイズが不安なんですよねなんて話をしてみると「では、測ってみましょう」的な
話になり、Y’sのバイオレーサーで測ることになりました。その際、現状の身長や股下、RXRSの各チューブ等
のサイズを話ながら測ってみると、股下が私の言った数値より長いことが判明。
あれ?おかしいなというくらい違っていたので測り直し、あげくの果てには近くの店舗でもう一度測り直し。
結局840mmくらい股下があることに(自己申告は810mm)
自己申告といっても過去別々のショップで測った数値がいずれも810mmだったので間違いないと思いたい
のですが。いくらなんでもこの歳で3cmも股下が伸びるなんてありえません。実は身長が1cmくらい人間ドッグや
会社の健康診断で以前より伸びているので1cmくらいは伸びた可能性はありますけど。
まぁサドル高は以前から720mm以下だと膝が痛くなる(低すぎると痛くなる症状が出た)ので、おかしいとは
思っていましたが、体質的なもんだと思っていましたが、納得です。適正より15mm~20mmも低けりゃ痛み
も出るはずですね。

まぁ、そんなこんなで、サドル高さが735mm。おそらく740mmくらいまでいけるかもという話になり、
そうなるとハンドルとの落差がますます大きくなります。一度それに合わせて機械に乗ってみましたが、意外に
いけちゃいそうな感じ。とはいえ店員さんは「今までと(落差が)かなり変わるのでおすすめはしません。やはり
ワンサイズ大き目(これだとヘッドチューブ長140mmでRXRSより10mm短いだけ)がおすすめです。
サドル高が高くなった分ハンドルを高くするとなると、コラムスペーサー40mmくらいいれて乗れなくはない
ですけど。一応メーカー推奨がコラムスペーサー55mm以内の範囲ではあるので大丈夫ですが、やはりせめて30~35mm以内の方がいいと思います。」とのことでした。

私としてもできればコラムスペーサーてんこ盛りよりも54サイズでコラムスペーサー少な目の方がよいし、
カラーもやはりリクイガスカラーはピンとこなかったので、今回はあきらめることにしたのでした。
とはいえ、Look695の25周年記念モデルも34万くらいでおいてあってかなり悩みました。
これだとサイズはピッタリ。クランクも、ステムもシートポストもついているので結構お値打ちです。
SuperSix Evoだったら、せっかくなのでBB30対応クランクを使ってみたいと思っていましたしね。
ただ、695だとまたどうせすぐに細身のフレームが欲しくなるのに決まってます。
ですのでここはグッと我慢しました。

自宅に帰って早速RXRSのサドル高さを735mmまで上げます。というかISPなのでここまでしか上げられません。
以前ちょろっとISPを切られすぎた話を書きましたが、RXRSを買うときに720mm以下だと膝が痛くなるのでって話をしたにも関わらず710mmに合わせてシートポストを切られてしまったのです。しかも5mm以上サドルを下げられるくらいに切っていたので、どういうことか聞いてみると「一応下げる方向で調整もできるようにと思って」などというたわけた返事でした。もちろん事前連絡もなにもなしです。文句を言うと「では一万円お値引します」と。正直交換レベルだろと思いましたが、また何か月待つことになるかわからなかったのと現物見たら早く乗りたいじゃないですか?(笑)ですので、その場はそれであきらめましたけど。結局そのショップにはRXRSを引き取りにいったきり一度も行ってませんけど。

いままで、5mmくらいはあげたことはありましたが、一度に15mmもあげたことはなかったので、ちょっと
恐る恐る乗ってみましたが、イイ!!
体重がペダルにグッとのる感じで、引き足もしやすいのです。これは思わぬ収穫でした。
登りもいままでより重いギアを踏めます。

まぁ、そんなこんなで、SuperSix Evoの話も流れてしまったのですが、ヤフオクやeBayのチェックに
VXRS、Look586、595に加えSuperSix Evoも加わることになったのでした。
そうこうしているうちに、なかなかいい出物が。。。。

まだまだ引っ張ります(笑)


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR