2011.03.05     カテゴリー :   Canyon

Nice to meet you!

今日はCanyonの初乗り(夜中に何度か乗ってたけど)の予定だった。
ここで問題発生その1。スプロケカセットをCanyonについてきたMAVIC KsyriumEliteから外してShimano
WH7900 c24 TLに付け替えようと外そうとしたのだが、これが外れない。これどう考えても40Nmなんてことはないだろうという位固くて、結局ホームセンターに鉄パイプを買いに行き、やっと外して付け替えた。ホイールはWH7900(タイヤはHutchinson Fusion3)。この時点で何もつけずに重量は7.03kgっておいっ!? 30g重いだけで7kg台かいっ!と思わず一人ツッコミを入れてしまった。軽くお昼を食べて出発。時間がないのでとりあえず、葛西方面へ
Canyon1

車の試乗は過去数百台としてきた私だけど、ロードバイクはまともに乗るのはまだ2台目、店頭試乗含めても5台ほどしか乗ったことのない人間のたわごとと思ってもらいたい。

夜中の試走の時にも思ったのだが、まず感じたのがこのバイク乗り心地いい!!だった。フレームが柔らかいという感じはしないのだが、何よりも振動の収束速度が早い。タイヤをチューブレスに変えてFocusもかなり乗り心地という点ではよくなったと思っていたが、更に上をいっている。正直これなら乗り心地という点ではチューブレスにする必要はないかな?というくらいにいい。車で言えばしっかりボディに出来のいいサスペンションのついた車に
乗っているような、印象。猫足という言葉があり、よくプジョーの車などに使われるが、こちらの場合むしろルノーの車に乗っているような・・・って分からないか・・・。とにかく路面追従性がとても良い。

次に加速や踏み出しの軽さがいい。これは主に車体の軽さだろう。Focusと1kgも変わらないのに結構違うものだ。
しかもまれにではあるが、誰かから押されている、あるいは前から軽く引っ張られているような感覚を感じることがある。(風ではなくて)さすがに一定速度での巡航では差は感じないが、市街地で加減速が多いような状況だと結構差がつくかもしれない。
踏んだ感じは硬いものを踏んでいるという感触は伝わってくるが、それがフレームによるものなのかそれともSRAMのカーボンクランクとDuraAceのクランクの剛性による差なのかまでは分からない。

ハンドリングは正直今日程度の走りではほとんど分からない。シャープでクイックというタイプではないことは確かだ。個人的にはフォークをストレートにしたほうが、多少ハンドリングがクイックになっても更によく進むようになったんじゃないかと思う。ただしフロントの振動吸収性が落ちる可能性もあり良し悪しか。

いずれにせよ、Focusに比べトップチューブが長くアップライトな上、ジオメトリでもハンドルが近い分楽チンで、走りたりずに帰ってからホイールを付け替えてFocusで10kmほど走って更にCanyonに戻して同じところを10kmほど走って感触の違いを確認しなおしたくらいだ。
今日は約80km程度ののんびりと時々全開というくらいのライドだったとはいえいつもより疲れが少ない感じがした。
シューズ等の変更の影響もあるかもしれないが、これについてはまた次回。
c32.jpg

今度はコンポーネント編。
Focusはクランク以外はアルテグラ、CanyonはフルDuraだが、正直ディレイラーについては思った以上に差はない。リアについては若干変速速度が早くなっている。すべてのギアとは言えないがスチャッからチャッというくらいにほんのわずかに早くなったくらい。フロントについてはSRAMからDuraなのでもっと変わるかと思ったが、予想よりは変わらなかった。ただしアウターからインナーへのチェンジはやたら早い。

ブレーキに関しては、アルテよりも明らかに効く、剛性も高い。左フロント、右リアブレーキと通常とはブレーキが逆なので、ケーブルの取り回しの違いも大きいかもしれない。

ただ、今までとブレーキが逆なのでまだ慣れないのとある意味効きが良すぎて怖い。特にリアは後述のSTIレバーの差もあり、簡単にロックしてしまう。ロックするのが結構唐突な感じでコントロールが難しい印象でブレーキシューを効きの弱いものに変えるかあるいは軽量化をかねてリアブレーキキャリパーを変えてしまうのも手かもしれない。

STIレバーについてはアルテグラよりよくなっている。アルテグラのSTIレバーは更に大きく手がさほど小さいとは言えない私の手をもってしても持て余し気味になる。なのでブレーキ操作の際にも力が余分に入れなければならず、そのあたりもブレーキの効きの差につながっているのかもしれない。
また、ギアチェンジのレバーのストロークがアルテグラの方が明らかに大きく操作せねばならず、このあたりもDuraの優位性を感じるところだ。

正直コンポに関しては性能は不満はない。一番の問題はやはりデザインだろう。まぁ、この価格でこれほど安っぽいデザインはないだろうというくらいにださい。
作ったあとにちょっと地味だからヒカリモノつけとけって感じのとってつけたような装飾。むしろ下手な小細工をしていないアルテグラの方がましに感じるくらいダサい。なんだか小さい子どもが乗る自転車の光るサイレンとかでもつけているような気分になる。
ちょっと無理してでもカンパ(レコードでも)にしとけばよかったかと後悔。
c3

という訳で簡単しかも距離も短いので、今後印象が変わる点なども出てくるかもしれないが、初乗りの印象は
全体としては非常にいい。
むしろホイールをもっと硬くて進むものが欲しくなってきた気がする。
また、Canyonのあれっ?という点もいくつかある。
ちょっと長文になってきたので、また後日。

c4

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
写真いいですね!特に夕日バックの写真は綺麗ですね。
私も朝焼け・夕焼け好きなのでその色+シルエットはすごく好きです。この夕焼けは以前撮られた物ですよね?(昨日焼けなかったので)

(私も素人なので戯言ですが)

Tiagra, 新105, Dura(7900)を私も使いましたが、軽量化以外で一番かわったなぁ・・と思うのはスプロケットのコーティングとチェーンかなと思っています。アルテ以上のスプロケットは明らかにコーティングが良く、チュルンチュルンで変速は軽く・速くなりますよね。そういう意味でアルテからDuraだとあまり変化がなかったのですかね。

Duraのデザイン(というかシマノ全般)は、日本の高級セダンに通じるものがありますよね。これだけネットで世界の良質なプロダクトデザインが気軽に見られる時代に、あのセンスは逆にすげーなと思います。

(大変失礼ですが)物の買い方が私に少し似ている気がするのでいずれカンパに行くのではなんていう邪推をしています(笑)そういう意味でもDuraを一度使っておくのは良いと思います。私もDuraとの比較で長所・短所を感じられましたので。ただ変速に関しては間違いなくシマノの方が上だと思います。Di2に比べたら勝負になっていません。

シマノのブレーキは良くききますよね。0/1で効く感じです。リアロックはトレッドが痛みますから結構困りますよね。私は結局Canyonのブレーキは右前に変えちゃいました。

写真も含め今後も楽しみにしています。
Spacewalkerさん、いつもコメントありがとうございます。

夕景の写真ですが、2枚目のものは昨日のではありません。ただ、4枚目のは昨日のものです。
実は日が沈む直前は極短い時間ですが、いい具合に焼けたんですよ。時間は短かったんですが、結構いい焼け具合でした(料理の話みたいですね)

コンポの話ですが、Focusの方もチェーンは7900にしてあるのも変化が少ないと感じた一因かもしれません。

物の買い方は確かに通じるものがあるかもしれません(笑)
実はカメラはパナのGF1もってます。バッグもドイターのSpeedLiteだったり、以前Spacewalkerさんのカンパ
の話のところで出てきたソナス・ファベルのスピーカー、エレクタ・アマトールという古いのを実はもっていたり(笑)。スピーカーは最近全く鳴らしてないんですけどね。

ブレーキの件は右前に変えるというのも手ですね。ただ、減速しながら変速するというのは左前だとフロント減速、変速はリアという方がスムーズに出来て理にかなっているかもと感じる部分もありますね。
右前だと減速も変速もリアになってしまうので。
そのあたりはもう少し乗ってみて考えてみます。







プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR