2014.02.06     カテゴリー :   ホイール

Mavic R-sys SLR VS Mavic Ksyrium SLR

さて、前回予告した通り、Mavic R-sys SLR VS Mavic Ksyrium SLRです。
VSというか比較ですが。。いずれも2013モデルになります。
 
因みにリアはR-sys SLRのリアになります。Ksyrium SLRのリアホイールとの違いはリムのサイドが
削ってあるかどうかの違いで、その分重量がR-sys SLRのリアホイールの方が2013モデルから40gほど軽量化されていますが、基本同じものです。

ですので、今回はKsyrium SLRのフロントホイールのみ買い足した形となりますね。という訳で今回の比較となる2013モデルのR-sys SLRとKsyrium SLRの仕様は

R-SYS SLRの重量

フロント 555g

リア 740g

合計 1295g



Ksyrium SLRの重量(Ksyrium SLRフロントホイール+R sys SLRリアホイール)

フロント 630g

リア 740g

合計 1370g

となります。普通にKsyrium SLRを買うとリアが40g重くなって合計1410gとなる点はご注意ください。

さてさて、2012モデルのR-sys SLRのフロントホイールはリムサイドが切削されていないので重量は
605gです。2013モデルとの差は50gですね。ですので、少なくともR-sys SLRとKsyrium SLRのフロントのリムの重量差は50g以上あると言えます。Ksyrium SLRのフロントホイールもリムサイドの切削は施されていませんから。リムの50g差は大きいですね。ここで、なぜリアのリムサイドが切削の差で40gなのに、フロントが50gなのかというと大きな理由にR-sys SLRのフロントとリアのリムサイドの切削具合を見比べると明らかにフロントの方が深く削ってあります。恐らく負荷のかかるリアの剛性を落とさないためにリアは薄く、負荷のかからないフロントは深く切削してあるのだろうと推察できます。
ですので、Ksyrium SLRのフロントとR-sys SLRのフロントのリムの重量差は50g以上あるのだろうと思うのです。

しかもR-sys SLRのフロントスポークは16本、Ksyrium SLRのフロントスポークは18本あります。
そしていずれもスポークとスポークの間のリムを切削しています。ということはKsyrium SLRの方が切削されていない箇所が2ヵ所多い訳でその分重くなると考えるとリムだけで50gどころかそれ以上の差があるのでは?と推測されます。

それが、走りにどう影響するのか?あるいはしないのか?は次回のインプレ編で言及するとして(相変わらず引っ張るなぁ>自分)次は見た目の差です。


DSC01222.jpg
DSC01568.jpg

上の画像がR-sys SLR装着のもの。下の画像がKsyrium SLR装着のものです。撮影した場所も時期も違うのですが、ぱっと見は間違い探し?というくらいの違いしかありませんね。
Raphaのボトルにピンクのラインを入れたことの方が目立つくらいです。(汗)

よくよく見ると、ホイールのMavicの黄色いシールがフロント3か所になっているのとスポークの本数が多くなっていることくらいです。

DSC01608.jpg

DSC01607.jpg

ただ、近くで見ると結構違います。これまた上がR-sys SLR下がKsyrium SLRの画像です。写真でもわかるようにR-sys SLRはスポークがハブに入っているところ(フランジ)にカバーがついているのに対し、Ksyrium SLRの方はむき出しです。


DSC01602.jpg

そして、ハブですが、おそらくアルミと思われるR-sys SLRのハブはこんなに細くて大丈夫?というくらい細いのに対し、Ksyrium SLRの方はおそらくカーボンでしょうか?ぶっといハブになってます。
正直不格好なくらいに太い。

スポークもR-sys SLRのカーボンスポークの方が洒落ており、このあたりの高級感はさすがに価格なりの差はあります。全くもってR-sys SLRの方が上です。ただ、2~3m離れるともうどうでもいいくらいの違いとも言えますが(笑)

で、そのR-sys SLRのカーボンスポークはトラコンプテクノロジーという技術が使われており、Mavicによると
「通常の負荷では、カーボンファイバーのきわめて高い引っ張り抵抗により、ホイールのたわみが制限されます。
- 負荷が大きくなると、通常のホイールではスポークのしなりによってたわみが生じますが、トラコンプスポークではコンプレッション(突っ張り)応力の作用でリムを支え、ホイールがそれ以上にたわみむことを防ぎます。」
とのこと。

とはいえ、空力的には最悪と言われる丸スポークでしかも太いR-sys SLRのフロントホイールと通常のラジアル組の一応空力を意識したきしめんスポークのKsyrium SLRとの違いも述べてみたいと思ってます。

てな訳で続きは近いうちにアップしようと思っています。
ほんとはCATEYEのVOLT1200のレビューとかひょんなことから格安で譲っていただいたスペシャのS-Works Road ShoesとBont Vayporとの比較とかBG-FITを受けてみましたとか、書きたいことは沢山あるんですけどね。なかなか・・・。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR