--.--.--     カテゴリー :   スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.03.22     カテゴリー :   パーツ

ステム沼から這い上がりました

てな訳で?カーボンステムを物色した訳ではありますが、ZIPPとEASTONのステムは角度の問題で排除。
リッチーのステムは危うく某大英帝国のサイトでポチる寸前までいったんですが、画像を見ているとあることに気づいたんです。
あれ?このステムどうやってハンドル通すの?と。
で、慌てて調べてみるとこのステム、ハンドルとの結合部の剛性を高めるために本体の接合部が通常のステムより大きくとってあるわけですね。C260というのがそのシリーズ名で要するにハンドルとの接合部分が260度ありますよってことです。
だもんで、このステムにハンドルをつけようと思ったらSTIとかバーテープをはがさないといけないというね。
ハンドルの途中に細い部分があれば大丈夫らしいけど、そんなハンドル持ってないし。いちいちステムからハンドルをつけはずしすんのにSTIレバーやらバーテープ剥がしてられっかい!
ってことで結局ENVEのカーボンステムに。
3Tのカーボンステムもあるにはあったんですが、見た目があまりにも普通すぎて3Tのアルミステムと変わらない感じなんですね。まぁ、ENVEも普通っちゃ普通なんですけど、ちょっと太めで角断面に近い形状な分ちょっとカッコいいかなと。

カーボンステムとかハンドルはヤフオクで多数出回ってますが、さすがにバチもん臭がプンプンするものが多く、そんなものに命をかけたくないので普通にショップで購入。
カーボンステムって軽くもない、いやむしろ下手なアルミステムより重いくらいなのにいい値段しやがるんです。
まぁENVEのステムは比較的軽い方ですけどね。124gくらい。

DSC00616.jpg

取付後の写真。
単体で見るとカッコよかったんですが、つけてみると色合いがブラックというより黒に近い濃いグレーなのとENVEのロゴが
ちょっと煩い感じ。以前は黒いロゴのものもあったようですが、今はこれしかないようです。
そのうちトップキャップも1cmのものに変えてベタ付けにしたいですね。

で、ちょい離れたところからの全体像
DSC00574.jpg

ENVEのホイールじゃないのにENVEのステムかよっ?!と言われそうですが、いいんです、いいんです。もうね。
私のバイク構成めちゃくちゃなんで。スペシャのサドルだし、カンパホイールのクイックに至ってはシマノのクイックだし(笑)
以前、DT-SWISSのスキュワーとシマノのクイックとの差が判らないと書いたことありますが、シマノやDT-SWISSに比べるとカンパのクイックはちょっとだけですが、弱い感じなんですよ。いや、ほんとにわずかですけどね。で、シマノのDuraAceのクイックの方がDT-SWISSより空力よさそうな形なもんで、つい(笑)

で、話をもとに戻すと、うん、いいですよ。ENVEのステム。
振動吸収性はTIMEのステムには劣りますが、それでもアルミステムより明らかに上。タイヤをcontinentalからシュワルベに変えて乗り心地はよくなったんですが、その変化の度合いよりも今回のステムによる乗り心地の向上の度合いの方がずっと大きいですね。カーボンステムしても変わらないって人も多いようですが、カーボン故に剛性や振動吸収性は物によって千差万別でしょうし、フレームやフォークによっても違うでしょうしね。なにより今回同じ7075系アルミを使ったステムでも物によってかなり違うんだということも分かりましたしね。

そして剛性はというと正直カーボンステムの振動吸収性のおかげで一見柔らかく感じますが、よく注意してみると結構剛性あります。
One by Esuの77ステムやTIMEのステムよりは明らかに剛性ある感じ。じゃシマノや3Tに比べると?と言われるとさすがに
そこまでの剛性はないような気がします。シマノや3Tを100点とすると85点から90点、TIMEや77ステムは65点から70点という感じですね。DEDAのスーパーレジェーロは。。。もうね。残念な感じとだけ言っときましょう(笑)
とにかくハンドリングのシャープさははシマノや3Tと比べても変わらない感じです。もっと極限な状況では差がでるのかもですけど。

フレームやホイールでカーボンの乾いた感じの質感というのは乗ってわかりますが、ステムみたいな小さなパーツでもそれがわかるというのも面白い経験でした。で、乗り心地の良さに加えもう一つ良くなったのがなんか走りが軽くなったことですね。
これはTIMEのステムでも感じたことだけど、軽快感とも違うんですよね。ごくわずかですが、加速や巡航性能がシマノや3Tに比べても良くなった気がします。考えられることとしては路面からの振動が減る→いままでの路面からの振動がハンドルをゆすっていたのがなくなった→ごくわずかながらも今まで振動でハンドルを左右にふりながら走っていたのがなくなり
より真っ直ぐ進むようになった ということではないかと。まぁペダリング自体がバイクを左右にゆすっているのに比べれば微々たるもんなんでしょうが、フロント周りだけにそのちょっとしたことが違いに現れやすいのかもしれません。

まあ、とにかく乗り心地や走りの軽さを感じたらTIMEやLOOKがわざわざ販売価格を高くして売りにくくなるのに関わらずカーボンステムをフレームとセットにして売りたくなるのがわかる気がします。ステムでこれだけ変わるなら下手なステムをつけてこれがTIMEやLOOKの乗り味かと言われたくないでしょうからね。逆に言えばTIMEやLOOKの乗り味の良さはステムによる部分も結構大きいといえます。

でもって実は話はこれで終わりません。通勤に使っているクロスバイクですが、3TのステムをDOGMA F8で試すために
クロスバイクから外してOne by Esuの77ステムを入れた話を前回書きましたが、何を隠そうこっちも乗り心地が激変!
乗り心地の変化の度合いで言えばDogmaよりこちらのクロスバイクの方が大きいといえます。
正直、クロスバイクで20km走るよりDOGMA F8で100km走る方が全然楽と思っていたんですが、ステムを変えたらクロスバイクの乗り心地が一気によくなりました。
まぁ、アルミフレームにアルミだかクロモリのフォーク、しかもディスクブレーキ装備なのでフォークの剛性も高め、なのにヘッド周りが弱いクロスバイクだと3Tのステムは過剛性だったのでしょう。こちらもタイヤのチューブをパナのR'Airに変えたことよりもずっと大きな変化でした。ある意味2重にステムによる乗り心地の変化が味わえたわけです。かと言ってハンドリングが眠くなったとかダンシングがかったるいとかネガな印象は全くなし。
もう今日からステム様に足を向けて眠れませんね(笑)

問題はハンドルです。まぁステムがENVEなんだからハンドルもENVEだろ?って感じなんですが、それがねぇ。
ENVEの通常のハンドルはロゴがこれまた煩いし、エアロハンドルは超カッコいいんですが、剛性の点で不安なのと本当は
丸ハンがいいんですよねぇ。下ハン持った時に丸ハンの方がレバーに指が届きやすいんですよね。
ENVEのエアロハンドルはコンパクトしかないので結局エアロを考えた場合ハンドルがエアロ形状になってもブラケットばかり握っているより、下ハンを握りやすい丸ハンにして下ハン持った方が結果的にエアロじゃね?って思うわけです。
で、ショートリーチ、ショートドロップな丸ハンとなると結構限られてきます。まぁENVEのエアロハンドルのカッコよさも捨てがたいというのが本音ですが。軽いに越したことはないんですが、今は軽さよりもある程度以上の剛性は欲しい。

DSC00668.jpg

今はステム上の余計なコラムもカットしてボトルも暖かくなってきたので通常仕様に。
あれ?なんか変わってますね?
そうです。新しいサドルを試験運用中。変わり種のこのサドル、色々問題児だったりもします。
ほんとはタイヤのレビューの予定でしたが、次回はこのMORGAWサドルのインプレかも??

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。