--.--.--     カテゴリー :   スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.04.23     カテゴリー :   パーツ

なのに今度はサドル沼、あなたのサドルは金のサドル?銀のサドル?それとも・・

いやぁ、今まで使っていたS-Works Rominというサドルに特に大きな不満があった訳ではないんです。
今までフィジーク アリオネ、アンタレス、アリアンテ3兄弟、Sella SMP、SellaSanmarco アスピデ、コンコール
Sella Italia SLR系、Flite Plologo スクラッチ、ナゴ系 等々他にもいくつか優に10個を超える名だたるサドル達を持ってしてもうんと言わなかった私の太い割に脆弱でわがままな尻がやっと出会ったサドルがRominでしたからね。Sella SMPも良かったんですが、重い、調整がシビアすぎてサドルを前後に1~2cmずらすと痛くなり、大丈夫なポイントが見つかるまでまさに拷問、何より見た目が好みでない。

DSC00814.jpg


数々のサドルを試して分かったのは基本幅広めで後ろから見て丸みを帯びているものより平らに近いもの、そして
後ろが反っているものがどうやら合うらしいということでした。坐骨幅は約115mmでS-Works Rominはかなり理想に近い
サドルでした。私の場合後ろから見て丸みを帯びたサドルだと尻が痛くなります。そして後ろが反っているか多少なりとも
盛り上がってないフラットなものだと腰が痛くなるんですね。

で、S-Works Rominの何が不満かというともう少し平らに近いものの方がいい。Rominで200km以上走っても尻が痛くなることはないんですが平らなものの方が安定感があるんです。それとほんの少しですが、腿の付け根、ほとんど尻の部分が
ペダリングの時に当たる感じがするんですね。まぁ、あとPinarelloなのにスペシャライズドのサドルというのも少し気になる
部分ではあります。

で、今回レビューするサドルの一つ目、MORGAWのFORSAGE
最初に言っておくとこのサドル購入前からたぶん合わないだろうなと思っていました。なにせアリオネ等と同じくらいフラットなので腰が痛くなりそうと思っていたからです。実際、私それでこのサドルやめました。
サドル自体はいいものだと思います。見た目と取付に注意が必要なこと以外は。
なんでまた合わなそうなのにこのサドルに手を出したかって?
それはこのサドルがペダリングに革新的なものかもしれないと思ったからです。
http://www.e-ftb.co.jp/cn9/pg171.html
このページを見てください。私的にはショックアブソーバー的なものはある意味どうでも良かったんです。この時は。
その下のリアル・アクティブ・コンフォートという方が気になったのです。
DSC00618.jpg

右足が下死点付近にきた時サドルの右側が下がり、つまりは低くなり左足側は上死点付近に到達しようとする時サドル
の左側が上がり、つまりは高くなるわけです。これって一種の可変サドル高じゃね?すごくね?と思ったわけです。
ペダリングの時に一番無駄になりやすい上死点、下死点付近の足の動きをスムーズにすべくサポートしてくれるサドルですよ!奥さん!ある意味Q-RINGSの考え方にも通じるものがありますね。
本来は上死点付近ではサドルは高い方が、下死点では膝が伸びきらないくらい低い方が上下死点を通過するときに
いいはずですが、結局現状のサドル高さというのはその相反する上死点、下死点でのサドルの高さの妥協点なわけです。
まぁ、逆にサドルが左右にまた、上下にも動くことによるパワーロスの懸念もあるのですけどね。

ともあれ、まずは見た目。まぁ、なんというかこれが一番残念な点かも。
サドルの表面を覆う皮(合皮)が超絶安っぽい。ビニールのサドルと同レベルかというくらいに安っぽい。
サドルの形自体は悪くないデザインなんですけどね。
で、ご覧のとおり後ろの幅が狭く、前の方は結構太目です。サドルの先端は細くなきゃという方はもうこの時点でアウト。

DSC00619.jpg

裏側を見るとわかるようにサスペンション機構(しかも結構でかい)がある関係でサドルの前側を太くせざるを得なかったんでしょうね。
で、これまたサドルレールが通常のサドルと違うため、サドルバッグやサドルにライト等を取り付けていた方はこのサドルに取付はむつかしいかもしれません。
でもってもう一つ問題点としてはこのサスペンション機構が邪魔になってシートポストのヤグラと干渉する可能性があります、というか私は干渉して思った位置にサドルを移動できませんでした。2mmくらい通常より後ろになってしまいましたドグマF8のヤグラがちょっと変わっているということもありますが、サドルを結構前や後ろにつけている方はこの点も要注意です。

さて、乗ってみた感想はというとですね。まずは尻が戸惑いました(笑)
座面自体は比較的かためなのでその座面の感触から予想される振動や衝撃と実際の振動や衝撃にギャップがあるためです。このサドルのサスペンションはソフト、ミディアム、ハードと硬さを変えられるんですが、標準だとミディアムがついてきます。私の体重だとソフトでもいいのですが、実際乗ってみてもミディアムでも十分乗り心地はいいです。
私の手持ちのサドルの中で一番乗り心地のいいアリアンテ(通勤車に使ってます)とほぼ同じくらいでしょうか?
路面のざらつきや小さなギャップはアリアンテの方がある程度以上だとMorgawの方がいいかなぁという感じです。
前回のステム交換と合わせて並み居るハイエンドバイクの中でも乗り心地の良いSuperSix Evoと比べてもかなり乗り心地が良いバイクになりました。もちろん路面追従性はEvoには及ばないのですが。
あ、ちなみにEvoにもカーボンステムをと思って試しにTIMEのカーボンステムを付けてみたのですが、まぁ少しだけ乗り心地は良くなるっちゃなるんですが、全く必要性を感じませんでした。アルミで充分乗り心地がいい。やはりこのあたりはヘッドやフォーク、フレーム剛性によってステムの変化の度合いは非常に大きいといえます。

で、話を元に戻すとステムを合わせてサドルのおかげで乗り心地が良くなったためにDOGMA F8も非常に乗りやすい
バイクになりました。まぁ、タイヤ変更のおかげもあるのですが、これはまた別の機会に。
で、肝心のリアル・アクティブ・コンフォートの方ですが正直効果がよくわかりません(汗)
手でサドルを押すだけでも結構グニグニ左右に動くのでミディアムだから硬すぎて左右に動いてないってことはない
です。なんとなくケイデンスがあがるような気もしますが、気のせいレベル、誤差レベルの違いしか分からないですね。
そして尻が痛くならないのもこの左右にグニグニ動く(傾く)おかげだと思います。
実際、150km以上走っても尻は大丈夫です。あと後ろの幅が狭いためかグニグニ動く(傾く)せいなのかわかりません、
恐らく幅が狭いためだと思いますが、尻が落ちそうな不安定感が常につきまとう感じがあります。坐骨幅がもう少し狭い人なら大丈夫だと思います。

でも、腰は駄目でした。腰が痛くならないくらいサドルを前下がりにするとどうしても腕に力が入ってしまってうまくペダリングが出来ない感じです。このサドル安っぽい表皮の割に滑らないんですけどね。
やはり前後にフラットなサドルは私の尻には合わないというのが改めてわかりました。重量は実測198gで乗り心地がいいのが欲しいけどアリアンテは合わないって人、アリオネが合う人あたりにはいいかもしれませんね。

でもって次の沼はAstute(アスチュート)です。これは幸いショップでレンタルサドルがあったのでそれを借りてみました。
Skyline SR Pilargaというやつです。これは通常のモデルより幅の広い穴あきでないタイプ。
最近、評判のAstuteですが、実はたいして期待はしてませんでした。どうせ、また合わないだろうなと。
まぁ、せっかくレンタルがあるんだから、Rominに戻す前に借りてみようと思った程度。
早速つけて乗ってみました。なにこれ、乗り心地がいい!
見た目からするとそこまでクッションが入っている感じはないんです。サドルレールの後端にゴム(エラストマー?)の
緩衝材らしきものがついていますが、その効果もあるのでしょうか?アリアンテ、Morgawよりも少しですが、更に乗り心地
をよくした感じです。クッションの感触もフワッとした感じなのですが、アリアンテに比べても尻が沈み込む感じはありません。なにより、サドルが平らでクッションの感触と相まって誰か人の手で支えられているんじゃないかというくらい私のお尻にピッタリフィット。これだよ、この幅の広さと平さが欲しかったんだよという感じ。ペダリングも邪魔な感じがありません。
雨が多くて170kmくらいの距離を一回乗っただけですが、即お買い上げ。
買ったのはSkylite VT Pilargaです。穴なしでも全然問題なかったんですが、穴あきの方がカッコよかったもんで(笑)。
DSC00837.jpg

まずいいところ。見た目の質感、デザインがいい。今までのサドルの中でも上位に入る質感とデザインです。
しかも個人的に通常モデルよりPilargaの方がより好みなんです。幅広の分重いんだけどね。
本来このサドルは2~3度前上がりにつけるのべきなのですが、ほぼ水平で私の腰も痛くなりません。
サドル先端は細身ですが、クッションがたっぷりなので全く問題ありません。
ただ、このサドルも手ばなしでほめる訳にもいきません。
まず、乗り味というか尻へのフィット感は穴なしのSRの方が上でした。穴あきだと恥骨近辺のサポートがちょっと弱くなる感じ。まぁ、でも200km超だとわかりませんが、200kmくらいまでなら全然問題ない感じ。
次に表皮がちょっと滑りやすい。尻を前後に動かしやすいとも言えますが、ちょっと今までのサドルの中でも滑りやすい感じです。
そしてこれが一番の問題ですが、サドルレールの位置が他の多くのサドルよりも後ろよりなのでサドルを後ろに引いて
セッティングしている方はつけられないかもしれません。通常ほとんどのサドルで私の場合結構前に出すことが多くMorgawも前に出し切れずに困ったのですが、このAstuteのサドルの場合逆に後ろに引ききれません。一番後ろに引いても適正と思われる位置から1~2mm前乗りになってしまいました。テストサドルの時点で気付よって話ですが、実はSkylineは金属レールだったので一番後ろにひけば大丈夫だったのですが、Skyliteはカーボンレールのため金属レールより太くそのためわずかに金属レールより後ろにひききれなかったのです。サドルを後ろよりにセッティングしている方はレンタルで試すか買う前に合うかどうか現物を確認する必要があります。カーボンレールの太いので金属レールよりも少し余裕を持ってセッティングできるかどうかチェックを。まぁ、MorgawにしてもAstuteにしてもこのあたりの詰めは老舗にはおよびませんね。

DSC00817.jpg

そして最後の問題は見た目です。さっきデザインいいって書いたじゃねーか?!という突込みありがとうございます。
まぁ、なんというかサドルレールとサドルトップの間隔が大きいのです。このサドル。
そのためシートポストを下げないと今までのサドルと同じ高さになりません。
基本的にシートポストはある程度出した方がカッコイイですからね。これもちょっと大きな問題です。Sella Italia SLRと比べると約1cm、S-Works Rominと比べても5mmくらいシートポストを下げないと同じ高さにならないのです。
あとこれもレールの形状が特殊なのでサドルバッグやライト等の取り付けるタイプを選びそう。

DSC00815.jpg


さて、という訳で次はようやくタイヤの話かなぁ。
DSC00822.jpg

ちょっ?!おまっ?!なぜにこれが・・・(笑)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ドグマに慣れるため日々奮闘中のeijiと申します。
アスチュートいいですよね。私もサドル沼にはまり、いろいろ
試した結果アスチュートに戻ってしまいました。アスチュートの
上位モデルやピラルガも試したんですが、結局スカイラインが
自分にはベストでした。やわらかくて気持ちいいんですよね。
コメントありがとうございます。
eijiさんもドグマにお乗りなんですね。決してコンフォートとは言えない
乗り心地の自転車ですからね。
アスチュートみたいなサドルは非常に相性がいいですよね。

私ほんとはfabricというメーカーのサドルを試してみようかと思っていたんです。
幅、形状ともに私に合いそうだったもので。

でも、その前にアスチュートに出会えて良かった。ほんと柔らかくて気持ちがいいサドルです。
逆にガンガン行ったるでぇ~という気がそがれてのんびりいこっかなという気にさせる点が
ネックといえばネックかも(笑)




プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。