FC2ブログ
カテゴリー 《 ロードバイク 》   全2ページ
このページのリスト
2012.07.14  
  妄想
2012.03.10  
  速報! キターッ!
2012.01.11  
  試乗会
2011.11.23  
  発注! 前のページへ ◄

2012.07.14     カテゴリー :   ロードバイク

妄想

まぁ、今のところ、全く予定はないのですが、もう一台ロードバイクを購入するとしたら
漠然とCannondale SuperSixEvoかなと考えていました。何よりも軽い。しかも数あるロードの
中でも決して剛性過剰ではなく乗り心地も悪くないんですよね。

なのにですよ。剛性アップのためにHi-Mod化するというじゃないですか?
確かにプロにはもの足りないのかもしれないんですが、このままにして欲しかったですよね。

あとは、SpecializedのTarmacSL4ですかね。これはもう剛性のかたまりみたいなバイクなんですが、
ここまで突き抜けるとすごいなと。
今まで乗ったバイクの中でも非常に印象深い進みっぷりが忘れられないんですよ。
剛性は高すぎない方がいいとここのところよく言ってますが、TarmacSL4だけは別物です。

あとは、新しいMadone7も興味はそそられるんですが、現行Madone6.9とRXRS両方乗られている方の
ブログを見ると、Madone6.9はそれだけ乗るとわからないけど実は硬いバイクなんだ気づいたと書かれています。

安定感、加速感等はRXRSの方がいいとその方は言ってますが、新しいMadone7は更に剛性がアップして
いるので私には踏み切れないんじゃないかと思います。TarmacSL4くらい突き抜けた剛性ならいいんですが。
MADONE0001.jpg

あと、サイズにもよりますが、スローピングが結構きついのもちょっと。
ただ、軽さは非常に魅力ではありますね。軽量化以外の改良点も興味深いのは事実です。
それにしても今年のTrekはついてないですね。クラシックでもツールでもともにエースが骨折でせっかくの新型がもう一つアピールしきれてません。

あとそそられるのはBMCのTMR01ですね。写真だけ見るとサドルが高すぎてどうなの?という感じなんですが、
これ、普通に乗る高さにサドルをセッティングすればかなりカッコイイんじゃないかという気がします。
TMR01_White_Ultegra_Compact.jpg


パワーライダー向きということなので、剛性はアップしているとは思いますが、今までガチガチの剛性
のバイクを作っていないBMCなのでそのあたりどうなんでしょう?
見た目に惹かれるものはありますが、RXRSとちょっと被るかなぁ。。
もちろんCanyonの新型も気になりますよ。

ディスクブレーキ化やエンド幅135mm化の話もあり、いずれにしてもしばらく様子見かなという気もします。
写真はこないだと同じ都幾川のほとりと弓立山の頂上から見た景色です。蒸し暑いので水蒸気かな?
ガスってますけど。
RX-100 035

RX-100 021





2012.03.10     カテゴリー :   ロードバイク

速報! キターッ!

っというほどのこっちゃないんですが、待っていたTIMEのフレームが
入荷したとの連絡が。
これから持ち込みのパーツを届けて来週の週末には乗れるかな。。
楽しみすぎる。

IMG_3256-2.jpg

2012.01.11     カテゴリー :   ロードバイク

試乗会

さてさて、以前BMC Impecに試乗してから気になって8時間以上眠れない日々を過ごしております。←おい!
で、近くの店でスペシャライズドとBMCの試乗会があるというので、さっそく行って参りました。

当日は風が強くまた、相変わらず、コンポもホイールもタイヤもマチマチなのでやっぱり余り
あてにしないで下さい。距離は1km弱ですが、信号も3箇所ある平坦のみのコース。

余り台数を乗るとわけわかんなくなりそうなので、乗りたいものを絞ります。
最初はスペシャライズドS-works TarmacSL4。正直、今回の中では最も期待してない一台。
なんせ硬い硬いと評判の一台。とても私の手に負えないだろうと思っていました。

ところが、乗ってみると意外にいいではないですか。というか今回乗った中では
Canyon Ultimate CF SLXに最もキャラクターが近い一台。
乗り味は非常に近いと思います。その中で大きな違いは2点。
一つは、フレームの質感。Canyonも乾いたパリっとした質感なのですが、更に
肉薄で更に乾いてパリッとした硬質な感じはTarmacの方が上でした。
剛性はCanyonと比較して格段に高いという感じはありません。
もっとガチガチな感じをイメージしていたんですけどね。
振動の収束がこれも早いので意外に乗り心地の硬さが気になりません。

そして、これが一番大きな違い。BB周りの剛性は明らかにTarmacの方が上。
そのせいか進みっぷりはCanyonよりもずっと素晴らしいです。こうなんというか
パワーを逃さないとかっていうよりも絞りとられる感じ。踏んだ分だけというより踏んだ以上に
推進力に変わるという感じです。この進みっぷりは意外にLook695SRに似ているなぁと思いました。
すごい一台です。長距離はわかりませんが、意外にも乗って楽しい一台でした。
もしCanyon Ultimate CF SLXを購入したいと思って、どんな乗り味か知りたいと思ったら
TarmacSL3くらいに乗ってみるといいかもしれませんね。いや私は乗ったことないから
TarmacSL3の乗り味は正確にはわかりませんが、Canyonに近いのでは?と想像できます。
SL4だと、Canyonに比べても剛性高すぎますから。


次にS-works Venge。今回BMCについで興味のあった一台。
Tarmacに比べて少ししっとりとしたずっしりした感じがあります。
剛性高いのかとも思いましたが、反応はやはりTarmacの方が若干上に感じます。
肝心のエアロ効果なんですが、当日風速10mを超える向かい風の中でやはり効果が
あるように思いました。ただし、この一台のみカーボンディープホイールだったので、
ホイールの効果なのかフレームの効果なのかはわかりません。
これもいいんですが、個人的にはTarmacの方が好きです。

さて、いよいよ本命BMC Impec.
まず思うのは、やっぱりカッコイイ。このカッコ良さを見るともう他のバイクは目に
入らなくなりますね。質感のレベルが他のバイクに比べ段違いです。
このカッコ良さは今回の中でも断トツで一番でした。
因みにTTバイクのTM01もありました。強風の中で慣れないTTバイクは怖かったので乗りません
でしたが、これもカッコよかったですね。

以前にも彩湖の試乗会の時にも書きましたが、軽快さと重厚さが同居した乗り味です。
それでもって不思議なのはなんというか、脚が勝手に回っていくような感じです。
Tarmacとは全く違いますが、勝手に脚が回って勝手にスピードが上がっていく感じ。
これまたすんげー進みますね。
しかも乗り心地もいい。後述のSLR01に比べるとさすがに見劣りしますが、SLR01の次に
乗り心地はいいです。なのに路面情報は的確にわかります。
ホントに素晴らしいバイク。ちょっとTIMEをやめてこっちにしようか本気で考えちゃいました。
残念なのは重量がちょっと重いことですね。恐らく今回試乗した中では一番重いかもしれません。
これとBB30でなくせめてPF30なら良かったんですけど。
PS S95 208


そして、エバンスがツールでメインで使用したというSLR01。
これもある意味Impecに似てますね。さすがに剛性はImpecには及ばない感じです。というより
今回の中では一番剛性は低いと思いますが、ある意味一番私にはあっているかもと思えました。
このバイクも軽快さの中に少し重厚さを感じますね。なんと表現していいのかわかりませんが、左端を
軽快さ、右端を重厚さとした場合、Impecは幅10cmとするとSLR01は5cmくらいってこんなんじゃ
わかりませんね(笑)
さすがにImpecのように勝手に脚が回る感じはしません。むしろ漕ぎ出しはこっちの方が
重い?という気もします。ですが、ある程度スピードが乗ってくるとするするとスピードが
伸びていく感じです。そして乗り心地もすこぶるいいのでイメージとして筋斗雲に乗っているような
いや、筋斗雲には乗ったことはありませんけど。
どっちが欲しいかとなったらそりゃ、Impecですけど、価格も考えると今回圧倒的にこのバイクが
お買い得だと思いました。Impecのフレーム価格だけで完成車が買えますから。
ヒルクライムメインなら迷わずこれでしょうね。

という訳で今回試乗した中では

1位BMC Impecただし、平坦メインならばです。見た目は断トツ一位。乗り味も抜群。
但し重いので登りは不利。TarmacにはもとよりSLR01にも劣るかもしれません。見た目得点が
大幅に高いので一位という感じですね。
ただ、やっぱりこの仕上げのカッコよさ、乗り味は捨てがたい。SLR01とセットで欲しい。

2位スペシャライズド S-works TarmacSL4。いや性能だけ、特にオールラウンドに高い性能ならば
これを一番にするでしょうね。平坦も登りも強そう。リアルスポーツカー。但し、脚にきそうなのが唯一の欠点ですかね。これをサルーンにしたのが、Look695ですかね。

3位BMC SLR01コストパフォーマンスは一番。登りだけならこれが一番かもしれません。また剛性
番長でもないのでロングもこなせそう、なんだかんだで一番オールラウンドに走れるバイクかもしれません。
ある意味死角がない、バランスが高いレベルにある一台。

4位スペシャライズド S-works Venge。いや、全然これでも不満ありませんよ。
でも、ホイールを普通のに変えてもっと乗ってみたいと思いました。
あの向かい風の中での楽チンさがホイールのによるものなのかフレームによるものなのか
見極めてみたい一台であります。


正直、性能で言えば、Look695、S-Works TarmacSL4、Impec。この三台は数々の素晴らしいフレーム
の中でも頭一つ抜け出ている気がします。もちろん、平坦をただ、軽く漕いだというだけの
印象なので、乗り込むとまた変わるかもしれませんけど。
色んな性能を考えるとLook695、次にTarmacSL4なんでしょうけど、この2台の見た目がもう一つ好きに
なりきれません。といいつつも結構惹かれるものはありますけど。

Impecは見た目と性能は素晴らしいんです。ただ、先にも述べましたが、BB30なのとフレーム自体が他のフレームに比べると重いのが難点ですね。でもやっぱりカッコイイ。赤もいいんですがもしImpecを買うならホワイトが
欲しいかな(画像は赤ですけど)
ph_impec_superrecord_team01.jpg


TIME RXRSがこれらのフレームと比べてどれだけレベルにあるのか気になるところです。
これも、かなり見た目のかっこ良さで選んだところがあったりしますので。
まぁ、もちろんここのところ色々乗ってみて硬いだけがいいフレームじゃないというのがわかって
きたというのがあるんですけど。

それにしてもSidi Ergo3シューズなかなか届きませんね。TIMEはシートポストがISPなので、フレーム
がくるまでに来て欲しいんですよね。サドルの高さが変わっちゃうので。

2011.11.23     カテゴリー :   ロードバイク

発注!

紆余曲折の末、選んだフレームはTime RXRS ulteamにしました。
で、また一悶着あったのが、サイズ選びです。ジオメトリ表を私の体格身長175.5cm、股下82cmだとギリギリSサイズになりそうです。ただ、ほんとにギリギリであと少しでも小さいとXSかなというくらいの境にあります。
気になるヘッドチューブも149mmと長めで、今乗っているCanyonより2mm短いだけです(54サイズ)
ただ、TIMEの場合、特殊なステムを使っているCanyonと違って一般的なステムを使えるのでなんとかなりそうです。いわゆるマイナス17度とか80度とか言われる角度のステムを使えますから。
とは言え、少しでも軽くなるXSサイズも魅力です。ポジション変更の自由度もXSサイズの方が大きいですし。

ということで、Foilの購入を相談した店で改めてサイズの相談をしました。超円高ということもあり金額的には輸入した方が10万以上安くなるのと、Time RXRS ulteamのDi2フレームの場合既にワイヤーを通してある状態での販売とのことで組むのも簡単そうです。個人的に一番懸念していたワイヤー内蔵式フレームってどうすんの?という不安もないので、すごく魅力だったんですが、それでも高価な買い物なので、やはり個人輸入して駄目でしたとかあとから問題が出た場合のことを考えてお店で頼む方向で考えていたのです。

で、一応月にどれくらい乗っているか(1000km~1500kmくらいが多い)、巡航速度はどれくらいか(35km/hがやっとです)みたいなことを聞かれ、体のサイズを色々測ってもらって、トップチューブやら、シートチューブやらの長さや角度を変えられる擬似フレームみたいなのでTIMEのジオメトリを再現してもらい見てもらったところ、Sサイズで行きましょうと言われました。理由としては、確かにヘッドチューブが、ギリギリで調整の余地があまりない形になるけど、剛性的にスペーサーは少ない方がいい(ただしステムの上には最低1cmは入れた方がいいとのこと)、フロントフォーク周りの剛性は重要ですというのが、一つ。
次にこれが一番の理由ですが、XSサイズだとスローピングがきつくなって前三角の剛性が高くなりすぎると思われること。確かにTIMEはガチガチに硬いフレームではないけど、それでもそこまでヤワなフレームではないので、Sサイズくらいの方が剛性的に、いいでしょうとのことでした。
今はツールなどを走る選手の影響で小さめのフレームでシートポストとステムを長めにするのがカッコイイという風潮が見られるけど、あれは、世界的なレベルの脚があるからできることで、フレームを小さめにすることで剛性が高くなる(場合が多い)ため、小さいフレームにすることで反応や踏み込んだ時のかかりがよくすることを狙ってますが、そんじょそこらのホビーレーサーが真似をしてもフレームに負けることが多いだけですとのことでした。もちろん落差をとりたいというのもあるんでしょうけど。
あえてというなら止めませんが、恐らくXSサイズにするとよほど脚がないとフレームに踏み負けて、低速から中速までの伸びが悪くなる恐れがあります。
TIMEの場合全速度域の伸びの良さが魅力なので、その魅力をスポイルすることになりかねませんということでした。逆にLサイズやMサイズの人ならワンサイズ小さくてもOKだと思いますがとのこと。
それと見た目もSサイズの方が、カッコイイですとも言ってました。XSだとスローピングがきつくなるので。
実はこの最期の一言が一番の決め手?となって、Time RXRS ulteamのSサイズを注文しちゃいました。
店に在庫はないので、3~4ヶ月くらい時間がかかっちゃうかもしれないとのです。
まぁ、早く欲しいけど、ちょうど暖かくなる頃に乗れるのでそれはそれで楽しみです。
EP-16.jpg



プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR