FC2ブログ
カテゴリー 《 ウェア 》   全2ページ

2014.06.05     カテゴリー :   ウェア

Rapha Pro Team Mitts    グラファイトデザイン METEOR

いやいや、気づけばもう梅雨入りかという天気。
相変わらず放置期間の長い当ブログ(笑)

本来はスぺシャとBontのシューズの比較をって予定でしたが、実は相変わらず結論が出ていない状態です。
で、これからの季節手を出す方も多いと思われるRapha Pro Team Mittsのレビュー。

PTM02-Loc-SS14-02.jpg

今まで散々はずれを引かされ続けたRaphaのグローブ。夏用グローブは耐久性が問題外。冬用は防寒性能が問題外。
春秋用はまだ使えますが、単に使う期間が短いからってだけです。
昨年の冬用グローブから一新されたRaphaのグローブ群。ちったぁ、ましになってんじゃないの?と期待をこめて
比較的安価(でも高いけど)なRapha Pro Team Mittsで様子を見てみましょうって魂胆です。

ずばり結論からいきましょう。駄作です
まぁ、見事に期待を裏切らない駄作ぶりです。
では、何がダメなのか順を追って説明していきましょう。ダメな点は大きくわけて二つあります。

一つ目。まず着脱しづらい。ふつうのグローブは手首のところが伸縮するようになっているかガバッとあいて
ベルクロ等で締め付けるようになっています。ところがこのグローブ伸縮性がほとんどない。
なので嵌めるにも脱ぐにも大変なわけです。
もう大変すぎてトイレに行くのもグローブつけたまま行って手を洗うのよそうかと思うくらい(笑)

ただ、嵌めた時のフィット感はそこそこいいです。ASSOSやRericのグローブをほんのわずか小さくした感じで
手にフィットします。パッドも薄手でこれも悪くない感じです。

二つ目。こっちはどちらかというと致命的。
ハンドルのブラケットの当たる部分に縫い目が来てます。
DSC01766.jpg
わかりますかね?写真の親指のところに縫い目が来ているのが。
まぁ、100kmとかならどうってことないんですが、150kmを超え200kmくらいになると痛みまではいきませんが、明らかに
すれているのが分かります。あぁもうすぐ痛みだすなというのが分かるくらいに。
まともなサイクリンググローブならこのブラケットを握る時に当たる部分に縫い目なんざもってきません。

ここに縫い目を持ってくるなんてほんとに自転車乗ってる人が作ってる?と聞きたいです。
プロ選手と開発したとなってますが、プロは大丈夫なんでしょうかね?
私が素人だからダメなんでしょうか?
耐久性問題外だった一世代前のProTeamMittsはそんな造りではなかったのに。

私の中ではこのグローブはもうちょい乗り用でしか使えません。結局メインはASSOSのグローブです。もう
3シーズン使って大分ぼろっちくなってますが。
今度イントロのグローブでも買ってみたいと思います。


で、話は変わりまして先日ってもうだいぶたってますが、グラファイトデザイン METEORに少しだけ乗ってみました。
process-GDR04a - 02
時間がなくて平坦な道だけですけど。

結論から言うと素晴らしい出来だと思いました。TIME RXRSの乗っていて楽しい味わい深さとcannondale SuperSixEvoの
バランスや乗り心地良さのいいとこどりしたような乗り味でした。

グラファイトデザインのロードバイクといえば「しなり」ですよね。逆にしなるイメージが先行しすぎのような気もしますが。
まぁ、RXRSやEvoもしなり系のロードなので、どんなもんかと楽しみに乗ってみました。
うん。しなると言えばしなります。ただ、BB付近の剛性が明らかにRXRSやEvoよりも高く、進みます。
もちろん劇的にとはいきませんが明らかにEvoより進みます。
感覚的表現になりますが、Evoに比べて知的で筋肉質なしなり方とでもいいましょうか?
このバイクに乗ったあとにEvoに乗るとしなり方がだらしない感じがします。Metorの方がしなりは少ないです。
速度を上げてもEvoより頭打ちになるのがずっと遅く、どんどん伸びていく感じでこのあたりはRXRSに通じるものが
あります。なので乗っていて楽しいです。恐らくその分脚に来るのは早いでしょうが、それでもそんじょそこらのバイクよりは
ずっと脚はもつでしょう。

また、乗り心地、振動吸収性についてもEvoの方が振動が後を引く感じで、Metorの方が振動の減衰がずっと早く
感じます。ですので振動吸収性自体はEvoの方が上で、乗り心地も悪くないんですが、Metorも相当なもので、
振動減衰の早さ考えると非常に魅力的に感じました。
下りや登りを体験していませんが、ハンドリング等も十分に合格点な気がします。
一言でいうとEvoを知的に洗練させた感じで、乗る楽しさも味わえます。こんなにいいとは思いませんでしたというのが
正直な感想です。次買うとしたらスペシャのTarmacかLook695、あるいはSuperSix Evoの後継機かと思っていたん
ですが、思わぬ伏兵です。
各パイプも細めでデザイン的にも好みです。この写真のピンクの車体も魅力的で今一番本気で欲しいバイクです。
唯一気になるのはやはり重量。Evoに比べて200g以上重いわけで、ある意味いいのも当然ともいえます。
どうせ重量増ならEvoともっと毛色の違うバイクが欲しい気もします。

と言っている間にTarmacもモデルチェンジしましたね。明らかに細身になってしかも乗り心地もよくなっているというでは
ありませんか!デザイン的にはというかカラーリングには魅力はありませんが、さらに進みっぷりもよくなって乗り心地も
よくなっているとなると魅力的です。近いうちに乗ってみたいと思います。
ピナレロももモデルチェンジしましたね。うーん、こっちも内容は魅力ですが、お値段とデザインが。
この価格ならコルナゴのC60の方が魅力的ですね。ピナレロは高いうえにモデルチェンジも早いのもネックです。

あっ、そうそう。Canyonがジロでついにグランツールを制しましたね。Canyon乗り(と言ってもフレームだけになっちゃってる
けど)としては嬉しい限り。また、モビスターが使っているヘルメット、CatlikeのMixinoというヘルメットを愛用しているので
これまた嬉しい限り。GiroのAeonからの買い替えで実はヘルメットいくつか買ったんですが、Mixino一番空力がいいように感じるのですよ。
そこそこ軽いし。昨年からのモビスターの活躍の一端にヘルメットも貢献しているんじゃないだろうかと考えるのは
・・・。はい、使用者の(思いっきり)贔屓目です。逆にGiroのAeonを使っているBMCは今後も厳しいかも。
Mixinoに比べると明らかに空気抵抗が大きいので。
またこの話は機会があれば。

2014.01.11     カテゴリー :   ウェア

パールイズミ プレミアムシューズカバーその後

先日紹介した、パールイズミプレミアムシューズカバーですが、その後、氷点下の中を走る機会が二度ほどありました。
結論から言うと、やるじゃん!パールイズミですね。

一度はGarmin Edge800で-1.9度、もう一度は-1.2度が最低でしたが、いずれの際も全く問題ありませんでした。
もちろん、前回も言いましたが、冬用の靴下。今回はASSOSのfuguSocks_s7私個人的にはメリノウールの靴下がおすすめで、その手の靴下着用が前提ですけど。もちろん、化繊のもっといい靴下があるのかもしれませんが、個人的には冬場は足先を含む下半身は汗で濡れるということがなく、そういう場合はメリノウールkが最適と思っています。逆に、頭部を含む上半身は汗をかきやすく化繊のインナーウェアが最適だと思っています。

また、頭部は体温の20%以上の熱を放出するので寒い時の帽子は必須です。ちなみにASSOSのSTINGERCAPを使っています。ここも速乾性重視でRaphaのメリノハットではなく化繊でできたASSOSのものにしています。

参考までにその際のウェアは上半身はRaphaのPro Team Jacketとその上にRapha Gilet、インナーはCraftのActive Extreme Crewneck、下はモンベルのスーパーメリノタイツL.W.とRapha Classic Winter Tights です。

さらに一応念のために数年前に購入したパールのプレミアムウインドブレーカーをポケットに入れていきます。RaphaのClassic Wind Jacket(私が購入した時はまだrapha Stowaway Jacketという商品名でしたが)でもいいんですけど。性能的には防寒性、透湿性、ばたつきの少なさはWindJacketの方が数段性能が上なんですが、パールのプレミアムウインドブレーカーはとにかく、軽くてコンパクトなんですね。75g前後で、畳んでも嵩張らない。まず使うことがないのでここは携帯性重視なんです。使うのもたいてい休憩等止まっている時が多いですし、前回も言ったようにパールの製品はサイズが緩いのでPro Team Jacketの上からでも余裕で羽織れるのです。

RaphaのClassic Softshell Jacketも持っていますが、ある程度暖かくなると暑すぎることが多くて年に何回も着ません。
一応、ベンチレーションのジッパーもついているんですが。。Raphaの冬用ウェアのジッパーって小さいものが多くて冬用グローブだと開け閉めしずらいものが多いんですよね。そのあたり例えばエチュオンドなんかはジッパーにロゴマークの入った大きいジッパーを使っていたりしてよくできています。
因みに今は廃盤になったSoftshell Giletも持っていますが、一度も着たことありません(汗)。畳んでも嵩張るので携帯性が非常に悪いのです。それならWindJacketか薄手のRapha Giletでいいかとなってしまうのです。関東それも東京近郊ではSoftshellと名の付く製品は必要ないように思えます。同様にDeepWinterTightsも必要ないと思われます。
前回、モンベルの製品もサイズが緩いといいましたが、タイツに関しては問題ありません。ですので、それらを使うことで充分冬は乗り切れます。そろそろProTeamJacketも3だか4シーズン目なので、袖や裾の糸がほつれかけていたり、背中を
あれこれひっかけて痛んできているのでそろそろ買い換えたいのですけどね。

とここまで書いて思い出しました。私の持っているSoftShellと名の付いたRapha製品で唯一大活躍している製品があります。とはいえ、現在は廃盤なんですけど。それはRapha Softshell trousersです。
街乗りはもちろんのこと、普段着としても活躍してます。防風でストレッチ性、透湿性もありともかく冬場に寒くないのです。似たような製品に○ニクロの防風パンツとかありますけど、あまりの着心地が悪すぎて試着しただけで買う気が失せます。その点このRaphaの trousersは比較的履き心地がよく暖かく軽い撥水性もありと非常に便利なのです。

と話をもとに戻しますが、パールのプレミアムシューズカバーはいいですよ。防風のシューズカバーは各社から出てますが、中綿が入っているのが特に効いているような気がします。遠赤外線効果がどの程度効いているのかわかりませんが、
今まで使ったシューズカバーの中では最高にいいと思います。

次回は、買い足したMavic Ksyrium SLRとR-sys SLRとの比較インプレでも。と言ってもフロントホイールだけですけど。リアはR-sys SLRとほとんど変わりませんからね。
結論から言うと、よほど登りにこだわるのでなければ、Ksyrium SLR買っとけ!ですね。

2013.12.20     カテゴリー :   ウェア

シューズカバー プレレビュー

前々回の記事でRaphaのシューズカバーが使い物にならない話をしましたが、それ以来シューズカバーを探しています。
一番いいのはシューズカバーの中にホッカイロなんでしょうが、二時間くらいのちょこっと乗るという時に無駄すぎなのと
何よりも問題なのはシューズがBONT Vayporということです。

このシューズは熱成形できるシューズなのでカイロを使うことでシューズが変形してしまうんじゃないかという懸念が
あります。カイロでそこまでの温度にはならないとは思いますが、やはりちょっと躊躇してしまうんですよね。

ですので、シューズカバー単体でできればマイナス2~3度くらいまで対応してくれるとありがたいのです。
昨年はこれを使っていました。これは0度前後までいけたんですが、致命的なのはつま先がなんの補強もなく、ワンシーズン持たずにつま先に穴が空いてしまいました。一番保護して欲しいつま先に穴なんで当然冷たくなります。

で、今年はどうしようかと悩んだんです。Raphaの新しいDeepWinterシューズカバーも興味ありましたが、今までのRaphaのシューズカバーやグローブの出来を考えると高物買いの銭失いとなりかねません。

で、無難な選択なのが、パールのプレミアムシューズカバーです。

昨年までのパールのシューズカバーでは0度では対応できないなどのレビューもありますが、一番無難な選択であるASSOSのfuguBootieはやたらファスナーが壊れるというレビューが多すぎて手を出す気になれず、今年のパールイズミのデザインは一時のASSOSやデマルキっぽいのが気に入ってこれにしてみた訳です。

で、肝心の性能ですが、まだ氷点下では走ったことないのでよくわかりません。0度近く、0.6~0.9度くらいなら走りましたが、全く問題なしでした。このあたりは追加検証が必要ですね。

サイズはLサイズを購入しました。シューズのサイズがEUサイズ42でシューズカバーが26cm~27.5cm対応となっていたので
大丈夫かと思いましたが、ちょっと緩いです。なんとか履けるけど、できればMサイズの方がいいですね。
これ単体で寒さに耐えきれないようであればトゥカバーも追加で装着できると考えればいいのかも。
装着しやすさは、可もなく不可もなく。まぁ、少し大きめサイズなのではめやすいのですが、ジャストサイズだと恐らく
普通な感じになるでしょうね。

走りながら、バックルの調整ができるというのはまぁ、いいですね。決して調整しやすいとは言えませんが、いちいち脱がなくていいのはポイント高いです。まぁ、バックルが緩むことがないVayporだとあまり調整する必要がないのですけど。

DSC01492.jpg

上記の写真を見て下さい。グローブはASSOSの851EarlyWinterグローブです。今はモデルチェンジされてデザインは全く
変わっています。このグローブ正直フィット感は今いちです。フィット感がもっといいグローブは沢山あります。
特に試着したイントロのグローブなんてフィット感良かったですね。デザインが気にいりませんでしたけど。

このグローブのいいところは性能とデザインです。一応6~12度対応となってますが、3度くらいまではいけます。
インナーグローブをつければ0度でも大丈夫なので冬に一番活躍するグローブなのです。それ以上寒くなる時は
同じASSOSのfugu S7グローブをつけていきますが、このグローブだと7~8度でも暑く感じる時が多いため、ほんとに寒い時だけしか出番がありません。

何よりもデザインですね。普段着にもつけても違和感ないデザインで、モデルチェンジによりデザインが変わったのですが、新しいEarlyWinterグローブのデザインがあまりにいやすぎて思わず予備に同じ851グローブを購入してしまったくらいです。一応サマーグローブもASSOSなんですが、ASSOSのデザインが基本的に嫌いな私としては珍しく851EarlyWinterグローブのデザインは気に入ってます。

という訳で?このグローブとデザイン的にピッタリなシューズカバーを選んだわけです。つま先もラバーで強化されていますし。

あ、そうそう、大事なことを一つ
シューズカバーのインプレは
メリノウールソックスの着用が前提です。
私は冬はRaphaのWinterソックスやASSOSのEarlyWinter、fuguソックスなどを愛用しておりますが、これらメリノウール混のソックスと普通の化繊の夏用ソックスとでは耐寒温度が2度~下手すると5度くらい違います。
Raphaのメリノソックス薄手のソックスでも普通の綿や化繊のソックスと比べると1~2度くらい耐寒温度が違います。
これらメリノウール混の靴下を使用するしないでは同じシューズカバーでも全く評価が変わると思われますので、その点は注意してください。冬は結局足元もインナーが重要なのです。
もちろん、化繊でもっと暖かいソックスもあるのかもしれませんが、そこまで検証できてません。

因みに上半身のインナーは基本CraftのActive Extreme Crewneckです。
モンベルのジオラインL.W.もいいのですが、モンベルのインナーは夏用も含め基本緩いのです。
サイズMで袖の長さ等はちょうどいいのですが、胴回りや胸周り、腕周りが緩い。
かと言ってSサイズですと袖が短いのです。これはパールイズミの製品にも言えます。ジャージ等も大概緩いです。
なので、体にピッタリフィットするCraftが一番メインです。
Raphaのメリノウールインナーも持っていますが、暖かさと何よりも汗抜けの良さでここは化繊のインナーに軍配があがります。確かにメリノウールの方が濡れても冷たく感じにくいのですが、やはりいろいろ使った結果、Craftやモンベルのインナーの方が優れていると感じます。
Raphaの信者なら断固としてなのでしょうが、私は愛用していても信者という訳ではないので、駄目なものは駄目です。
正直Raphaは品質も性能もそこまでいいとは思いません。ただ、デザイン的にシンプルでトータルで考えた場合気にいったというだけです。デザイン的には他のブランドのものでもいいねと思うものはありますが、たいていそれ単体なのですよね。数学90点、他の教科30点みたいな。Raphaはその点(デザインの)平均点が高いと思うのです。


話がそれましたね。結局Raphaのメリノベースレイヤーは普段着として愛用しています。普段着としては贅沢ですが、非常にいいですよ。



プロフィール

C 階段

Author:C 階段
ロードバイクと時々写真

最新トラックバック
フリーエリア


検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR